「コミュニケーションって、なんだ?」東大和クラス

3回講座の勉強会「コミュニケーションって、なんだ?」の東大和クラスが日曜・火曜ともに終了しました。

質問を投げかけて、参加者のトークで進めていく新たな試みをしてみました。
昔から3人寄れば文殊の知恵と言われているように、複数人で話しているうちに、自分でも意外な考えが出て来たります。
まるで化学反応のように、思いもよらぬ方へ、話が進み、とても興味深い展開になりました。
わたしも、学ぶところが多かったです。
なんとなく思っていたことの確認とかもありました。

同じ質問を投げかけているのに、参加者が違うと本当に違う結論に達します。
5月からは、長野県岡谷クラスも始まりますし、どうなるか楽しみです。
参加希望の方は、まだ大丈夫です。お申込みください。

2回目ですが、話の流れから、日曜クラスは「コールドリーディング」、火曜クラスは「アサーション」を参考に進めていきます。
1回目参加していないけど、興味がある方も受け付けます。

下記の本を参考にしていきます。可能な方はご用意ください。
日曜クラスの教材「一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門~人に好かれる!信頼される!禁断の話術&心理術「ホワイト・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK) 石井 裕之著

火曜クラスの教材「自己カウンセリングとアサーションのすすめ 」平木 典子著

講座がある日までに、読んでいただくと、なおいいと思います。
また、火曜クラスは宿題がでていますので、2回目からの参加ご希望の方は、お問合せください。



コミュニケーションって、なんだ?

~♥ コミュニケーションについて、共に学びませんか? ♥~
人の悩みは結局、人との関わりから起きるようだ。
ということは、人とのコミュニケーションがうまくいくと、
いろんなことを、解決できるということにもなる!

参加費 昼食付き各回7000円(一括2万円 岡谷クラスのみ)
時間 10時半~14時半(お昼時間を含む)

会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 
    岡谷クラス…諏訪湖ハイツ
     長野県岡谷市長地権現町4-11

東大和日曜クラス  2回目5月28日 3回目6月18日
東大和火曜クラス  2回目5月30日 3回目6月20日
岡谷 木曜クラス   1回目 5月18日 2回目6月15日 3回目7月13日


お問合せ&お申込み
くるりん 事務局



スポンサーサイト

コミュニケーションとインナーチャイルドの癒し

コミュ何チラシ

前回のブログで「癒す前に、そもそも癒すためのコミュニケーションスキルを上げたほうがいい!」と書いたけど、それについてまだ書いていませんでした。

いろんな癒しのメソッドがあると思うけど、くるりんでやっているのは、イメージの中で癒していくやり方。
実際の場面をイメージして、その中で傷を負ったインナーチャイルドに接していきます。
人は、誰かに、自分の気持ちを受け入れられて、受け止められた…と感じた時に、癒されます。
いくら気持ちがあっても、インナーチャイルドに伝わらなければ癒しにはなりません。

よくありがちなのは、親のやり方と同じやり方をしてしまうということ…。
考えを無理やり押し付けるタイプの親に育てられた場合は、「こう思うと辛いから、こう思いなさい」と、正しい考えを押し付けてしまう。
なんでもかんでも、「あんたは、こうなんだからできないでしょう」と、決めつけるタイプの親に育てられた場合、「こんな風に辛いんでしょ、わかるわかる」と決めつけてしまう。
忍耐力がない親の場合、「もういい加減にしなさい」としつけようとしてしまう。

そして、インナーチャイルドがおとなしくなってしまったことを、癒されたと勘違いしてしまう場合もあります。
私もそうでした。
しばらく、おとなしかったので、もう癒されたのだと思っていました。
でも師匠のところに通うようになって、よくよく耳を傾けてみると、そうでは無かったのです。
癒されたのではなく、いい子にしていたから、この子は大丈夫と思って、手をかけなかった親と同じことを私は、インナーチャイルドにもしていました。ただ、いじけすねていたのです。
私は、傷ついたままのインナーチャイルドを長い間ほっといていました。

インナーチャイルド、つまり自分の内面とのコミュニケーションがうまくできたら、他の人との会話、コミュニケーションは、格段に良くなっていきます。辛抱強く聞くことがだんだん多くなり、聞いてくれているんだなと思うような会話ができるようになってきます。

コミュニケーションがうまくできるようになると、格段に人生が生き生きとしてきます。
豊かな生き方ができるようになっていくでしょう。




コミュニケーションって、なんだ?

~♥ コミュニケーションについて、共に学びませんか? ♥~
人の悩みは結局、人との関わりから起きるようだ。
ということは、人とのコミュニケーションがうまくいくと、
いろんなことを、解決できるということにもなる!

参加費 昼食付き各回7000円(一括2万円)
時間 10時半~14時半(お昼時間を含む)

会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 
    岡谷クラス…諏訪湖ハイツ
     長野県岡谷市長地権現町4-11

東大和日曜クラス  4月16日 5月28日 6月18日
東大和火曜クラス  4月18日 5月30日 6月20日
岡谷 木曜クラス   5月18日 6月15日 7月13日


お問合せ&お申込み
くるりん 事務局


コミュニケーションってなんだ?

コミュ何チラシ

昨年、久々に「インナーチャイルドの癒しと昇華 6回講座」を行って感じたこと…
癒す前に、そもそも癒すためのコミュニケーションスキルを上げたほうがいい!

7歳まで一人っ子で、やっとできた妹弟が双子で遊びの仲間に加われず、両親共働きで日中は祖父母の元にいたが、ずっと一緒に時代劇やら相撲を見るくらいで遊ぶことはなく…
口を開けば、祖父と祖母はくだらないことで喧嘩をし、その愚痴を両方からずっと聞いていて、家に変えれば、今度は両親が喧嘩して、その愚痴を聞き…
一番楽しい時間は、本を読むこと。
その空想の世界で、私はなんにでもなれ、いろんなところに行った。
本を読んでおとなしくしていれば大人に褒められるし。

そんな幼少期であったから、人との会話は割と苦手だった。

なので、言い訳はいくらでもでてくるが、リアルな人との会話は本当に苦手で、大学の時の一番仲の良いと思っていた友人に
「お前の話、いつも同じでつまらない」
と言われて、テレビやドラマで勉強をした。
卒業後は販売や営業の仕事で、研修やビジネス書で話術を磨いていった。

今、「コミュニケーションって苦手なんです」というとびっくりされることが多い。
しかし、仕事での話は、目的がはっきりしている。
なにを話したらいいか決まっている。
しかも、最後は買ってもらおうという、下心ありきである。

プライベートでは、びっくりするほど何を話したらいいかわからなくなる。
どう反応したらいいか、わからない。
「先生」と名の付く仕事は、ある意味目的があり、勉強会では、話したいことを話すか、質問とか話題を振ってくれるので、得意分野になるだろう。
ブログもそう。

コミュニケーションスキルは、身に付けたい分野であり、また、そもそもよく考えると、コミュニケーションってなんだろうって疑問もでてくる。
事前にアンケートをとってみた。
そしたら、結構いろんな回答が…。
面白いな…と思う。
いろんな回答があるが、どの人も共通しているのは、コミュニケーションがスムーズにできたら、楽だし、生きるのがもっと楽しくなるだろうな…と感じていること。

私自身、2回の離婚、そしてその後再婚していないことをつらつら考えてみると、コミュニケーションがもっとうまくできていたら、もうちょっと違う人生になっていたかもしれないな…とも感じる。
そして、波乱万丈だった人生が、「武勇伝」ということではなく、「豊かな人生」に変えてくれるのではないかと予感している。

今回は、食事も挟んで、フリートークの時間もあり、お互いに学んだことを振り返れる実践も含まれる。
ゲームなんかも取り入れて、体感するようなことも入れていきたいと思う。
それこそ、楽しい時間が過ごせたらいいなと…。


コミュニケーションって、なんだ?

~♥ コミュニケーションについて、共に学びませんか? ♥~
人の悩みは結局、人との関わりから起きるようだ。
ということは、人とのコミュニケーションがうまくいくと、
いろんなことを、解決できるということにもなる!

参加費 昼食付き各回7000円(一括2万円)
時間 10時半~14時半(お昼時間を含む)

会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 
    岡谷クラス…諏訪湖ハイツ
     長野県岡谷市長地権現町4-11

東大和日曜クラス  4月16日 5月28日 6月18日
東大和火曜クラス  4月18日 5月30日 6月20日
岡谷 木曜クラス   5月18日 6月15日 7月13日


お問合せ&お申込み
くるりん 事務局

さらに今日の新聞から

今日の読売新聞の「思潮」のページから
「誰かを悪者に仕立て上げ、徹底的にバッシングする現象が、近年繰り返されている。今月の論壇は、そんな日本社会の不寛容を考える論考が目をひいた」
とあった。

少し前なら考えられないような便利な社会になり、SFで出てくるような便利でセキュリティーのしっかりしたものがどんどん出てきて、どんなに安心して暮らせるのだろう…と思うのだけど…。

ネットや、ワイドショーなどで繰り広げられる、いろんな方の意見は、とても厳しいなと思うことも多い。
特に匿名で広く発言できるネットでは、バッシングとか叩くという暴力的な表現が合うほど、正義の名のもとに、容赦なく書き込まれる様は、とてもつらくて読んでいられなくなる。

言う方も、言われる方も、それを傍観している方も、なんか息苦しさを感じる。息苦しく生きているその表れとして、徹底的にバッシングしてしまうのだろう。

人に後ろ指をさされないようにといっても、今はそれがとても大変な世の中だと感じる。

正義ってなんだろう?って考えてしまう。
正義を訴えている人は、自分は絶対に後ろ指刺されない行いだけをしているのだろうか?
そうなのだろう。
では正義の人は、自分は幸せに楽しく、のびのびと自分らしさを生きている…と答えられるのだろうか?
そうなのだろう。正義こそ私だって思う。
では、その人の身近な家族は、正義の人とともに、幸せに楽しく、のびのびと自分らしさを生きているのだろうか?
そこに、穏やかさや、リラックスや、のんびり…という癒し的な要素はあるのだろうか?
そうなのだろう。でも私には、想像ができない。

どんどん便利になる世の中は、果たして、人間を幸せにしていけるのだろうか?


「生きる価値観を変えてみる」
あたなの人生にとって大切なのは、何ですか?

日時 4月9日(日) 10時~11時半
場所 諏訪湖ハイツ304
    長野県岡谷市長地権現町4丁目11
参加費 2000円

勉強会のお申込み&お問合せ
くるりん事務局


腰痛と認知行動療法

昨日の読売新聞に「腰痛に負けない」という記事が載っていた。
腰痛に悩む人は、全国に2800万人もいるそうだ。
さらに驚くことに、そのうちの約85%が、「非特異的腰痛」と呼ばれる、つまりは、原因不明の腰痛に悩んでいるという。

かく言う私も、以前は腰痛と股関節通、膝関節痛で悩んでいた。
悩んでいるというより、辛いが、あまり気にせずにそんなもんだとほっといていた。
ぎっくり腰も3度ほどやっている。

興味を持って読み進めていくと、以下の記述が…
― 非特異的腰痛の患者の特徴はありますか。
「この腰痛の一部に心理的ストレスが関係していることが近年、わかってきました」
「否定的な言葉で責められたグループと、肯定的な言葉で褒められたグループに分け、同じ負担を腰椎にかけた場合の腰痛の発生率を調べた研究が米国にあります。その結果、責められたグループに腰痛の発生率が高いことがわかりました。腰痛は心理的な面が大きく影響しているのです」
― 非特異的腰痛の患者への治療法はありますか。
「考え方や行動を変えることで、ストレスを軽減する認知行動療法がその一つです。1の痛みにこだわる人に対し、『1を0にする』のではなく、『1くらい大丈夫』と考えるクセをつけてもらうのが狙いです。」

と書いてあるではないか!
確かに、認知行動療法とまではいかないが、くるりんでのインナーチャイルドの癒しはそれに近いもの。
インナーチャイルドの癒しと昇華に取り組み、考え方のクセを変える取り組みをしてから、いつの間にか、腰痛も、股関節通も、膝関節痛もなくなっていた。
そして、すっかり忘れて今では、山に荷物を抱え、山頂でお鍋をやったりして楽しんでる。
そう、10年前くらいは、ひどい貧血もあったし、とても10㎏の荷物を抱えて山なんか登れなかった。

考え方のクセを変える取り組みをしてから、年々消化力もあがり、身体も頑丈になってきたようだ。



くるりんの個人レッスン

日常的にあるストレスにより、自分の思い込みに気づく作業からやっていきます。
毎回進み具合により、宿題があります。
 
料金 75分 7,000円
    高校生以上が対象です。(未成年の方は保護者の同意が必要です。)
 
毎週~隔週1回のペースでお越しください。
 
インナーチャイルドの癒やしは、今ままで自分を苦しめてきた、生き方、考え方の癖に気がつき、行動パターン、思考パターンを変えていく作業です。
地道で辛抱のいる作業です。
長く続けていくことが、自分の人生を充実感をもって生きて行くための早道です。
 
問題はないけれど、さらに生き方をステップアップしたい方、セラピストの方、霊性を向上させたいという方にも有効です。
 
ご家族のことで解決したいことがある場合も、あなた自身の霊性の向上によって解決できることもあります。

お問合せ⇒くるりん事務局
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー