あまり怒りがわかなくなったら…

前回の続きで書いてみたいと思います。
大抵の方は、同じことがあっても、あまり怒りがわかなくなったら、それで、良しとする人が多いように感じます。
でも実は、軽くなってあまり感じられなくなっただけで、解決はしていません。

なので、大きなことが起きたり、睡眠不足だったり、理性のコントロールが効かなくなると、また怒りを感じたりします。
根本的な解決には至っていなかったので、しょうがないです。
幼少期からくすぶり続けていた怒りのエネルギーは、多少減ったかもしれませんが、無くなってはいないのです。
くすぶっている怒りは、プラーナに溶け込んで、知らないうちに私たちの体調や考え方、人生に悪影響を与えています。
ここで手を緩めないのが、くるりん流。
せっかく、自分の奥深くで認識されることもなく、くすぶっていた怒り…
やっと表面に現れ、具現化したのだから、ここから一気に癒していきたいもの。

そんなに怒りを感じられなくなったからって、見つめないまま終わらせてしまっては、勿体ない。
とても良い、高級食材をいただいたのに、ちょっと味見だけして、おいしいところを捨ててしまうようなもの。

怒りが湧いてきた出来事に対して、自分はどう受け止めて、どう感じたのか…
それは、どこからきたのか…
じっくりインナーチャイルドと会話をしていくと、芋蔓式に、同じような出来事が幼少期からあったことを思い出してきます。
そうしたら、その時の気持ちをちゃんと受け取ていきましょう。

そして、どうして、そのことに怒りが湧くのか…
その根本的な原因を探っていきましょう。
インナーチャイルドは、自分自身の一部とはいえ、お子ちゃまな存在です。
大人の頭で、「そんなことは考えないだろう」と思っていると、間違えてしまいます。
自分の中の子供と、ちゃんとコミュニケーションをとることが大切です。

しかし、私たちは、意識せずに小さい時からのやり方で、インナーチャイルドに接してしまいます。
小さい時からのやり方は、身近な大人たちの会話から学んできました。
お父さんとお母さんの会話、お母さんと近所の人との会話、家族の会話…

お父さんやお母さんとのコミュニケーションで傷ついたのに、自分も同じ方法で、インナーチャイルドに話しかけても、答えてはくれないでしょう。

反抗期の子供

親と同じやり方では癒されません。
一度、自分のコミュニケーションについて、考えてみることは大切ではないでしょうか。

私たちは、インナーチャイルドが、傷ついた原因を、自分の中に探し当てた時に、本当の癒しが起きます。
自分の中にある価値観、「そうあるべき」「そうあってはいけない」に気が付けたときに、そのスイッチは無くなるのです。
そして、ちゃんと真剣に自分と向き合わなければ、その価値観に気づくことはできないのです。



コミュニケーションって、なんだ?

~♥ コミュニケーションについて、共に学びませんか? ♥~

人の悩みは結局、人との関わりから起きるようだ。
ということは、人とのコミュニケーションがうまくいくと、
いろんなことを、解決できるということにもなる!

参加費 昼食付き各回7000円(一括2万円 岡谷クラスのみ)
時間 10時半~14時半(お昼時間を含む)

会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 
    岡谷クラス…諏訪湖ハイツ
     長野県岡谷市長地権現町4-11

東大和日曜クラス  2回目5月28日 3回目6月17日
東大和火曜クラス  2回目5月30日 3回目6月20日
岡谷 木曜クラス   1回目 5月18日 2回目6月15日
          3回目7月13日


お問合せ&お申込み
くるりん 事務局
スポンサーサイト

ホメオパシーで身体と向き合う

1280px-Basel_2012-10-06_Batch_Part_3_(20).jpg

ホメオパシーを使いたいとおっしゃる方からの、一番困る質問は…
「風邪ひいて喉いたいんだけど、なにとったらいいの?」
「頭痛いんだけど、レメディーはなに?」
「同級生が転校して、子供がショックを受けているんだけど、イグネシアですよね?」
という感じのことです。
病名や状況だけでは、また、感じていることだけでは、レメディーは選べないのです。

例えば、その方が風邪をひいたとして、
「いつから体調が悪いですが?朝起きた時からですか?昨夜からですか?」
「天気や、気温はどうでしたか?」
「なにか特別なことはなかったですか?」

などの質問をします。
でも、ほとんどの方は、知らない、分からない、気が付いたらかなり具合が悪くなっていた…、とおっしゃいます。
そうするとレメディーは選べないのです。
ホメオパシーでは、症状だけではレメディーは選べないのです。
どのような環境でそれが起きたのか…それが大切になります。

体調が悪くてなんのレメディーを使おうかと、本を開くと思います。
そうすると、大抵の方は、はじめから読んで、自分と特徴が当てはまると…
「あ、これこれ」といって選びます。
でも、他のページを読むと、それも自分の症状に当てはまっているように感じます。
どれもこれも当てはまっているようで、結局なにを使えばいいのかわからなくなってしまいます。

はじめにレメディーを選ぶときは、そこではないのです。
「場所」「悪化」「好転」という3つの項目をみて、それに3個以上当てはまるものをチョイスします。
そして、とってみて、20分ほど経過をみてみて、「あ、いいな」と感じたら、そのレメディーはあたりです。
この3つの項目に当てはまるかどうか…いつも、自分の身体が感じていることに意識を向けないとわかりません。
身体の声を聴かないと、ホメオパシーのレメディーは選べないのです。
なので、ホメオパシーを使うと言うことは、自然と身体と向き合うことにもなります。

選んだレメディーが自分に合っているな…と感じたら、そのレメディーの精神面の特徴を読んでみます。
こんどは、心と向き合う番です。

さて思い当たることがあるでしょうか?
それは自分でも気が付かなかったことですか?
それとも、うすうす感じていたことですか?
自分の内面からの声に耳を傾けます。

このようにホメオパシーは、身体と心に向き合う療法なのです。

「14歳からの哲学」から、さらにさらに続き

でも、その答えも、同じように素朴なものなんだ。いいかい、世の中には自分の嫌いな人、イヤな人がいる。でも、そういう人を嫌いだ、イヤだと思うその気持ちは、まさしくイヤなものじゃないか。自分にとってイヤなものじゃないか。自分にとってイヤなことはしないのが、自分を愛すると言うことだ。自分を愛する人は、自分を愛するからこそ、他人を嫌うということをしないんだ。そうじゃないか?

嫌いな人、イヤな人は、あぁ、そういう人なんだな、丸ごと認めて受け入れてあげるんだね。むろん大変なことだよ。でも、それが自分のためなんだ。それができなければ、君が自分を本当に愛することはできない。自分を愛していない人生を生きるというのは、とても苦しいものだ。だって、嫌いな人からは離れればいいけど、誰が自分から離れることができるだろう。嫌いな自分と四六時中一緒にいるなんてことが、苦しくないわけがないじゃないか。

自分とは世界なのだと、「他人」の章で気が付いた。だから、自分を愛するということが、そのまま、世界を愛するということなんだ。だから、もしも君が世のため人のために何かをしたいと願うなら、一番最初にしなければならないことは何か、もうわかるはずだ。

≪以上です≫




生き方コンシェルジュ くるりんからの提案
魂の求める生き方
   結果を求めるだけの生き方は、もうしない

    プロフィール

日時 2月19日(日) 10時~11時半
場所 東京都東大和市南街6-11-2 くるりん
参加費 2000円



お申込み&お問合せ
くるりん事務局まで


大人にも読んで欲しい「14歳からの哲学」

生きるのに、考えることが大切なことが書いてあります。
鵜呑みにするのではなく、自分ならどう思うか、どうするか…、考えて生きることが大切なのではないでしょうか?
一部抜粋してみます。



15 友情と愛情

友達関係のことで悩んいる人が多いみたいだ。
友達が少ない、友達がいない、いじめられている。逆に、友達の多さをリストに並べて自慢する人もいるらしいけど、そんなに重大な関心事がある友達って、いったいなんだろう。友達がいるかいないかということが、なぜそれほど大問題であるように思われるのだろう。

友達がいないことで悩んでいる君は、なぜそれが悩みなのかを考えたことがあるかしら。休み時間や行事の時など、友達がいないと淋しいし、つまらない。なるほど、たぶんそれはつまらないことだけども、ちょっとここで想像してみてごらん。それは、つまらない友達といるよりも、つまらないことかしら。つまらない友達といることの方が、一人でいることよりもつまらないことかしら。

そうではなくて、面白い友達がいることがいいんだね。冗談が上手で、遊びを知ってて、つまり君がほしいのは、面白い遊び友達というわけだ。でも、もしその遊び友達が、遊ぶのは一緒にできるけれども、君が最も興味のあること、知りたいこと、語り合ってみたいことには、興味がない人だったら、どうだろう。

   (中略)

自分が友達に本当に求めているのは何かとうことについて、一度ゆっくりと考えてみるといい。ただ一緒にワイワイやって面白いだけの友達というのは、やっぱりそれだけのことであることが多い。本当に面白いのは、決してつまらなくないのは、大事なことを語り合える友達だ。大事なことを語り合うのだから、信頼できる友達だ。お互いにその大事なことこそが大事なことなんだと、わかっているとわかっているから、信頼しあうことができるんだね。こういう友情というのは、本当にいいものだ。大事なことによってつながっているのだから、壊れるというkとがないんだ。

よく「友情が壊れた」っていう人がいるだろ。でも、壊れるような友情は、本当の友情じゃなかったんだ。本当に大事なことでなく、何らかの損得でつながっていただけなんだ。あの人と友達になると、こんな風に得で、こんあふうに損だとか、そんな計算を友達だと間違えていただけなんだ。

   (中略)

本当の友情、本当の友達こそがほしいのだけど、いない、と悩んでいる人が多いみたいだ。でも、いなければいないでいい、見つかるまでは一人でいいと、なぜ思えないのだろう。

一人でいることに耐えられない、自分の孤独に耐えられないということだね。でも、自分の孤独に耐えられない人が、その孤独に耐えられないために求めるような友達は、やっぱり本当の友達、本当の友情じゃないんだ。本当の友情というのは、自分の孤独に耐えられるもの同士の間でなければ、生まれるものでは決してないんだ。なぜだと思う?

≫ 続く



生き方コンシェルジュ くるりんからの提案
魂の求める生き方
   結果を求めるだけの生き方は、もうしない

    プロフィール

日時 2月19日(日) 10時~11時半
場所 東京都東大和市南街6-11-2 くるりん
参加費 2000円



お申込み&お問合せ
くるりん事務局まで



浅間神社&小御獄神社



今日は、雲一つない素晴らしい青空です。
毎年恒例の、師匠と兄弟子たちや同門の皆さんと共に、浅間神社に初詣にまいりました。
今年は富士山五合目にある小御獄神社もお参り出来ました。
珍しく見晴らしが良かったので、山頂も麓もはっきりと、みえました。
さて、今年も始まります!
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー