「14歳からの哲学」から、さらにさらに続き

でも、その答えも、同じように素朴なものなんだ。いいかい、世の中には自分の嫌いな人、イヤな人がいる。でも、そういう人を嫌いだ、イヤだと思うその気持ちは、まさしくイヤなものじゃないか。自分にとってイヤなものじゃないか。自分にとってイヤなことはしないのが、自分を愛すると言うことだ。自分を愛する人は、自分を愛するからこそ、他人を嫌うということをしないんだ。そうじゃないか?

嫌いな人、イヤな人は、あぁ、そういう人なんだな、丸ごと認めて受け入れてあげるんだね。むろん大変なことだよ。でも、それが自分のためなんだ。それができなければ、君が自分を本当に愛することはできない。自分を愛していない人生を生きるというのは、とても苦しいものだ。だって、嫌いな人からは離れればいいけど、誰が自分から離れることができるだろう。嫌いな自分と四六時中一緒にいるなんてことが、苦しくないわけがないじゃないか。

自分とは世界なのだと、「他人」の章で気が付いた。だから、自分を愛するということが、そのまま、世界を愛するということなんだ。だから、もしも君が世のため人のために何かをしたいと願うなら、一番最初にしなければならないことは何か、もうわかるはずだ。

≪以上です≫




生き方コンシェルジュ くるりんからの提案
魂の求める生き方
   結果を求めるだけの生き方は、もうしない

    プロフィール

日時 2月19日(日) 10時~11時半
場所 東京都東大和市南街6-11-2 くるりん
参加費 2000円



お申込み&お問合せ
くるりん事務局まで


スポンサーサイト

大人にも読んで欲しい「14歳からの哲学」

生きるのに、考えることが大切なことが書いてあります。
鵜呑みにするのではなく、自分ならどう思うか、どうするか…、考えて生きることが大切なのではないでしょうか?
一部抜粋してみます。



15 友情と愛情

友達関係のことで悩んいる人が多いみたいだ。
友達が少ない、友達がいない、いじめられている。逆に、友達の多さをリストに並べて自慢する人もいるらしいけど、そんなに重大な関心事がある友達って、いったいなんだろう。友達がいるかいないかということが、なぜそれほど大問題であるように思われるのだろう。

友達がいないことで悩んでいる君は、なぜそれが悩みなのかを考えたことがあるかしら。休み時間や行事の時など、友達がいないと淋しいし、つまらない。なるほど、たぶんそれはつまらないことだけども、ちょっとここで想像してみてごらん。それは、つまらない友達といるよりも、つまらないことかしら。つまらない友達といることの方が、一人でいることよりもつまらないことかしら。

そうではなくて、面白い友達がいることがいいんだね。冗談が上手で、遊びを知ってて、つまり君がほしいのは、面白い遊び友達というわけだ。でも、もしその遊び友達が、遊ぶのは一緒にできるけれども、君が最も興味のあること、知りたいこと、語り合ってみたいことには、興味がない人だったら、どうだろう。

   (中略)

自分が友達に本当に求めているのは何かとうことについて、一度ゆっくりと考えてみるといい。ただ一緒にワイワイやって面白いだけの友達というのは、やっぱりそれだけのことであることが多い。本当に面白いのは、決してつまらなくないのは、大事なことを語り合える友達だ。大事なことを語り合うのだから、信頼できる友達だ。お互いにその大事なことこそが大事なことなんだと、わかっているとわかっているから、信頼しあうことができるんだね。こういう友情というのは、本当にいいものだ。大事なことによってつながっているのだから、壊れるというkとがないんだ。

よく「友情が壊れた」っていう人がいるだろ。でも、壊れるような友情は、本当の友情じゃなかったんだ。本当に大事なことでなく、何らかの損得でつながっていただけなんだ。あの人と友達になると、こんな風に得で、こんあふうに損だとか、そんな計算を友達だと間違えていただけなんだ。

   (中略)

本当の友情、本当の友達こそがほしいのだけど、いない、と悩んでいる人が多いみたいだ。でも、いなければいないでいい、見つかるまでは一人でいいと、なぜ思えないのだろう。

一人でいることに耐えられない、自分の孤独に耐えられないということだね。でも、自分の孤独に耐えられない人が、その孤独に耐えられないために求めるような友達は、やっぱり本当の友達、本当の友情じゃないんだ。本当の友情というのは、自分の孤独に耐えられるもの同士の間でなければ、生まれるものでは決してないんだ。なぜだと思う?

≫ 続く



生き方コンシェルジュ くるりんからの提案
魂の求める生き方
   結果を求めるだけの生き方は、もうしない

    プロフィール

日時 2月19日(日) 10時~11時半
場所 東京都東大和市南街6-11-2 くるりん
参加費 2000円



お申込み&お問合せ
くるりん事務局まで



浅間神社&小御獄神社



今日は、雲一つない素晴らしい青空です。
毎年恒例の、師匠と兄弟子たちや同門の皆さんと共に、浅間神社に初詣にまいりました。
今年は富士山五合目にある小御獄神社もお参り出来ました。
珍しく見晴らしが良かったので、山頂も麓もはっきりと、みえました。
さて、今年も始まります!

良い香りがすると思ったら…


近所の寺院仏閣への初詣途中
フッと花の良い香りに振り向いてみたら…

FC2トラックバックテーマ 第2060回 「来年の抱負は?」


FC2トラックバックテーマ 第2060回 「来年の抱負は?」



images (3)

年末年始、久々にまとまった時間がとれたので、去年1年間の師匠とのレッスンノートをまとめてみる。
ここ数ヶ月行き詰っていたけど、その答えが全部ノートに書いてあった。

頑張っていたと思っていたけど、肝心なことをやっていなかった。
そりゃぁ、出来てなくて当たり前だ!
ダメダメでも仕方がないや。
身体も心もしんどくなるよ。

ここんとこずっと、結果ばかりを気にして、自分を責めたり、人を責めたりしていた。

反抗期の子供

それやって どうなるの?
どうして そうなるの?
なんでそういうことするの?
どうしてそういうこと言うの?
どうするつもり?
いったい何がやりたいの?

67_15300252.jpg

結果なんてどうだっていいから
出来なくてもいいから
間違っちゃったっていいから

とにかく1個ずつやっていこう。
当たり前のことをやっていこう。
01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
インナーチャイルドの癒しのレッスンをしています。自分の考え方の癖に気がつき、目線を高くすると、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いてはいません。世間体とか周りの人たりはみんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きていいのです。その後に本来の自分の本当の姿が見えてきます。そうすると自分自身の足で自分自身の人生を歩き出すことができます。
その人特有の考え方の癖もインナーチャイルドなんです。
まだ作成途中ではありますが、ホームページを作ってみました。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー