秋の夜長に見た映画「死にゆく妻との旅路」

thI5TL3CIV.jpg

「死にゆく妻との旅路」予告編

昨日映画を見ました。
実際にあったことをもとに映画化されたようです。
はじめは、いつもさわやか青年役とか、できる人役をやる印象のある、三浦友和氏が、ダメ男を演じているのにびっくりしました。
死を前にして、父親や母親、夫や妻…という役割の中でのかかわりでは無く、ただの一人の無力な弱い人間として、向き合い、自分の気持ちに正直に生きることを選択したのだ…と、私は感じました。
観る方により、感じ方は違うでしょう。それでいいのだと思います。
生き方にいいも悪いもありません。

もともと私は、治療家ですが、病気や大けがで残り僅かな命と向き合うとき、ただただ無力な自分を感じて、絶望的な気持ちになります。すがってくるご家族の前に、なすすべもなく、ただひたすら寄り添うことしかできません。
恥ずかしいことに、気の利いた言葉すらかけることも出来ず、元気付けることも、こころ落ち着かせることもできません。
死を前に、わたしは本当に無力になります。

もし、死が敗北だとしたら、勝てる人はいるのでしょうか。
私は、よく山に入るのですが、広大な自然の中に身を置くとき、自分はとてもちっぽけな存在だと感じます。
山の中の点ですらないのです。いてもいなくても、どうでもいい存在です。
生と死は表裏一体であることを感じます。
自然の中で、生と死は同時に存在します。
人は、生まれたら、必ず死ぬ運命にあります。
それは、だれ一人避けられません。
良いことをした人も、悪いことをした人も、罪を犯した人も、被害にあった人も、金持ちも、貧乏人も、努力した人も、しなかった人も…誰一人として逃れられません。
もし、死が敗北だとしたら、人は誰一人として、どんなに腕のいい、医者や治療家だって、一時的な勝利でしかありません。

人は必ず死ぬ存在である…私たちは、そのことを意識しないことが多いです。
永遠に生きれるように感じてしまう日々の方が多いです。
私の知り合いで、なんの病気もなく、普通に寝て、朝には亡くなっていた方がいます。
私と同じくらいで、50代でした。
健康には人一倍気を使っていて、運動もしていて、食事も気をつかい、身体も締まっていました。
寝ている間に、ただ心臓が止まっていただけでした。

死は、敗北でも終わりでもない…今までの常識を覆したのが、エリザベス・キューブラー・ロスというお医者さんです。
今の病院の看護の在り方にも大きな影響を与えたと、見聞きしています。

彼女の最後を取材したテレビの内容も衝撃的でした。
私は、どう生きるのかは、命の長さではないと思っています。
あと、1週間だろうが、数十年続くだろうが、死のその瞬間まで生きるのですから。
スポンサーサイト

「生き方コンシェルジュ」について少し…

新しい勉強会の原稿書きに明け暮れている、生き方コンシェルジュくるりんです。
さて今日は、ホメオパシーの大きなセンターで働いていた時、電話での好転反応の対応を覚えてくださっていた方が、お見えになりました。講演会やショップでお会いしたことが何度かあり、話しているうちになんとなく思い出され、懐かしかったですね。

その頃は、私が担当していたクライアントさんは、とても症状の重い方がたくさんいらっしゃいましたね。
ご主人がガンなどで入院してたり、ご来場できなかったりすると、奥様が代わりに来ている方もいらっしゃいましたし、看病するご家族の方がクライアントとしていらっしゃっていた方も多いです。
闘病が長期になると、看護しているご家族の方の身体的、精神的負担も大きく、また共倒れになってしまうことが一番避けたいことかと思います。ご本人の病気自体は、病院の治療にお任せするとして、ご家族にホメオパシーの健康相談を受けていただくことを勧めることも多かったですね。

そんなときによくあったのが、奥様に隠れて煙草を吸ったり、お酒を飲んだりする方がほんとうに多く、献身的に看護をし、仕事をし、家事をし、しかも務めて明るく振舞おうと元気を振り絞っている奥様が、本当に心折れそうになっていました。
奥様の怒り、悲しみ、絶望的な気持ち、くやしさ、…よくわかります。
それと同時に、ご主人の気持ちもわからなくもないのです。
治療を頑張ったって、煙草やお酒を我慢したって、よくなったところで、いったいどんな生活が待っているのでしょうか?
すごく頑張って病気がよくなって、寿命が数年伸びたとしても、なにか希望が夢があるのだろうか…?
そう考えた時に、「もういいじゃん。このままで。もう、好きにさせて」って、そんな心の声が聞こえてくるような気がしていました。

生きること自体に希望が見いだせないタイプの方は、ほぼ100%、思春期の反抗期が無いんです。
「親とは違う、自分なりの価値観」の獲得をしていない方…ともいえるでしょうか。
心理学では「アイデンティティの確立」なんて表現をするんでしょうか?
この、「親とは違う、自分なりの価値観」…平たく言うと、「自分どうなりたいの?」という思いは、生きる原動力や、なにかを成し得るときのモチベーションになり、実は、生きる上ではとても大切なようなのです。

反抗期が無かった方は、「どうしたいか」という気持ちで動くのではなく、「どうすべきか」「どうするのが正解か」という義務感で動く傾向にあります。義務感のみで動くことは、それはなんか、エネルギーの補給がないまま、動き続ける感じらしいのです。
だからいつかぱったりと、動かなくなります。大病をしたり、重篤なうつ病でまったく起き上がれなかったり、原因不明に痛みに襲われたり。
生活習慣病と言われるものも、そうですね。生活習慣を変えるということは、生き方の価値基準を変えるということだと思います。

ホメオパシーでは、病気にアプローチするので症状が改善すれば、とりあえず終了となります。
でも、病気が訴えていることは、「あなたどうしたいの?どうなりたいの?」なのではないかと思います。
特に命に係わる病気や、生活が出来ないほどの症状は、生き方そのものを問われているように感じるのです。
これは本人にしか、できないところなので、私としてはなにも出来ることがなく、とても歯がゆい思いをすることが多いです。

新しく始まった、くるりんの勉強会では、そこに問いかけるものでありたいと考えています。
自分で考えて行動や生き方を変えてみるきっかけや、考えるきっかけになれば…。
勉強会の資料作りも、つい力が入ってしまいます。
ちょっと小難しい内容にもなるかもしれませんし、耳が痛い内容も含まれるかもしれません。
来てくださる方の生き方そのものに関わっていく、それが「生き方コンシェルジュ」です。

9月1日は、子供の自殺者が多いらしい

ネットのニュースで「始業式前後、中高校生の自殺相次ぐ…3人死亡 」という記事を見かけた。

私も子供のころ、毎日死ぬことばかりを考えていた時期がある。
私の場合は学校ではなく、家庭で息の詰まるような状況で、とても苦しかったのだけど。
小学5~6年生の頃から、中学1年くらいだったと思う。
中学2年くらいには、「大人になるまで絶対に死なない」と思ったから、たぶんそのくらいだと思う。
毎日毎日どうやったら死ねるか机に座って考えていた。
ずっと考えているうちに

「くそ、なにも楽しいことがないまま死ぬのはイヤだ!」って強く思った。

大人になって、自分で生活できるようになったら、絶対楽しいことをしてやるって思っていた。
それからは死ぬことを考えず、どうやったら生きられるかを考えるようになった。

その頃のことは、今月から始まる勉強会「身体とこころの成長とプラーナ」で話すことになると思うので、ここでは書かないけど。
53歳の今、

今が一番楽しいって思える。
毎年そう思う。

そう思えるようになるまでは、たくさんの紆余曲折があった…。

今生きるのが辛いって思っている人に伝えたい。
生きれるのであれば、生きることを考えてほしい。
まっとうに生活できるようになれるように、今、やれることをやってほしい。

勉強は結構な武器になると思う。
いろんなことを知っていると、少なくとも弱みに付け込まれ、騙されるようなことが少なくなるように感じる。
誰かに頼って、助けてもらうおうとするより、自分でなんとかできる道を考えたほうがリスクは少ない。
どんな時に、どこに行けば安全に助けてもらえるかを知っているかは、強みになる。
それは、子供だけではなく、DVや困窮などに苦しんでいる大人にも言える。

生きていれば、いいことがある、とは言えない。
そもそも生きることは苦しいことなのだから、どんな人でも生きるのに努力はいる。

でも、自分の幸せを諦めず、人を憎まず、努力を続けていけば、いつか道は開けるように思う。
苦しみは永遠じゃない。
ただし、あなた自身がそこから抜け出そうと思わないと、誰も救えないけど。

私は40歳を過ぎて、尊敬できる人生の師に巡り合い、人生は大きく変わった。
そのような出会いは、人生の宝だと思う。
そこに至るまでも(今も)、たくさんの他人に、一杯一杯助けてもらえた。
それは私が、どんなに大変でも、自暴自棄にならずに、一生懸命に生きていたからだと思う。
そして今は、生きるのは、素晴らしいと、心から思える。

だから今、毎日死にたいと考えていた、あの頃の私に言いたい。
「生き延びてくれて、ありがとう。死なないで頑張ってくれて、ありがとう」

私は、あなたにも、生きることを考えて欲しいと願う。

死ぬまで続く生…生き方を考えるために

こんにちは。生き方コンシェルジュくるりんです。
なんだか今年の夏は、スカッとしません。梅雨が明けてからの方が、雨が多いような…。
おかげで、過ごしやすくはありますが。

こんなお天気のように、なんだかスカッとしない日常を送っている方も多いのでは?
なにがどう…というわけではないんだけど。

あなたは、10年後20年後…自分の姿を考えたことがありますか?
スカッとしないけど、平穏無事な日常がある。
このまま何事もなく、20年後も30年後も平穏無事で、人並みが状況があるのではないか…。
何のl根拠もなく、漠然と思っているのではないですか?
でも、いつも付きまとう将来への不安。
焦りもあるが、だからといって、なにをどう変えるわけでもない。

そもそも日常を変えるとか、生き方を変えるとか、自分を変えていくとか…考えない方のほうが多いのではないでしょうか?
私自身もそうでした。
結婚、子育て、離婚…を通して、極限状態の中で、考えないと生きていけない状態になるまでは…。

くるりんには、最近では積極的により成長をしたいという方もいらっしゃるようになりましたが、私のように、極限状態でなんとか変えないと苦しい状態から抜け出せない、どんどん状況が悪くなる…という状態の方がほとんどです。
なにかを変えていかないと、苦しさは減るどころか増す一方だけど、そんな状態でも、周りを変えることや状況を変えることに視点がいきがちになります。むしろ、自分を変えることに抵抗を示す方のほうが多いと感じます。…わたしも油断するとそうなりますが…。

自分を変えていくというのは、そう簡単にできるものではありません。
状況を変えられるなら変えた方が簡単なように思えます。
仕事を変えてみる。
離婚して、もっと優しい人と結婚する。
子どもの教育にお金と時間をかけ、理想の人に育てる。
お金をため早々に仕事をリタイアする。
病院を変えてみる。
療法を変えてみる。

場合によっては必要なこともあります。
石の上にも三年と昔から言いますが、10年ひと昔という時代の話、それだけがいいわけではありません。
しかし、いくら状況を変えてみても、状態がちっとも改善しない場合があります。

その場合、自分が思っている「普通」が、「常識」が、理想的すぎて、現実に合わない事もあります。
その理想は現実社会では無理なのだ、いくら求めても手に入らないものなのだ…と気が付くことが大切な場合もあります。
また、たしかに現実的に常識的で正しいのだけど、自分の満足感や幸福感ではない…ということもあります。

ずっとその常識で「普通」と思って生きてきたので、その固定観念をどうやって崩していったらいいのだろうか…と日々悩みます。
人から見たら「無理やろ~」と思えることも、本人にはなかなか気がつくことができません。
そこに気が付けるようになるためには、霊的成長・魂の成長、つまり、霊性段階の高まりがないと無理なこともあるのです。
人が赤ちゃんから、大人へと成長するように、霊性的な成長もあります。

自分のこれからの人生を、苦しみの原因を、生きにくさの意味を考えるとき、その仕組みとかシステムをある程度しらないと、難しいいのではないかと、常々思っています。
なんとなくやってみて、なんとなく上手くできた…という方も中にはいるかもしれません。
しかし、私のように不器用な人間は、なんとなくやっても上手くいかないことが多いのです。
だから、私は基礎を学ぶことが大切だと思うし、割と好きなのです。
人生という長い道のりの中で、時折、地図と自分の位置、そして目的地を確認することは、重要だと思っているのです。

システムを理解することは、生きるプロセスを理解すること。
そして、生きる目的を理解することにもなると思います。
昨年は、「サポートするためのプラーナ」ということで、治療家、セラピスト、家族や友人をサポートしたい人のための10回講座を行いました。
今年は、そういった枠組みを超え、なるべくかみ砕いた内容の講座にしていきたいと思っています。

そのための講座を2つ用意いたしました。
1つは、まずは、肉体をもった人としての成長について。
肉体の成長、心の成長を、発達心理学の中でも「ライフサイクル」という視点から学んでいきます。

そこに、プラーナからの視点を入れていきます。
身体の成長と、こころの成長…そこに霊性的な成長の内容も入れていきます。
膨大な範囲で、理解も難しく、しかも霊性的な視点は言葉での説明が難しいうえ、ある程度の段階にいないと理解ができないところでもあります。
全部を伝えきる、全部を理解する…というのは、実は無理である…ということを踏まえて、プラーナを理解しようとすることや、霊性的な成長を目指していくことの大切さを、知ってもらえればいいなと考えています。

死の直前まで続く「生のプロセス」をいかに生きていくか…の参考になるような、そんな内容であれば…と考えています。
そしていつも講座を開催するときは、知らない事を知っていく喜びや、知らない自分の側面に出会うことの驚きと喜びを、味わっていただけたら…と感じています。

しかし、システムを理解する…というのは、基礎勉強でもあるので、学ぶ喜びより、理解することの苦痛の方が大きいかもしれませんが…。
例えるなら昔、まだ地球は平面でできている…海の向こうには終わりがある…と信じられていた時代に、「地球は丸いのだ、だから終わりはないのだ」…ということを理解するようなものです。
「今、このような世界に生きている」と信じていることを、ひっくりかえってしまうところもあると思うので、学ぶこと自体が、大きな不安と苦痛を伴うかもしれません。
私は、現実をそのまま知ることは厳しいことだ、と考えています。信じている理想の中にいるほうが楽と、感じるかもしれません。(いつも映画「マトリックス」を思い出すのですが…)
それでも、厳しい現実を直視して受け入れてしまった方が、結局いまよりも楽になることであり、充実感や幸福感につながると、私は信じています。
しかし全員がそう感じるわけではありません。それが正しいことだとも思いません。
一つの生き方だと考えています。
なので、生き方コンシェルジュ…なのです。

「まずはまわりの状況を変えたい方」向けの勉強会は「コミュニケーションを考えよう」で行いました。小手先の技術がモノをいうこともあるのです。自信につながることもあります。
転職の相談で、より良い条件の会社に転職された方も、出世した方もいます。
離婚の相談もあります。新しい一歩を力強く歩まれています。
婚活相談もあります。
妊活相談もあります。
個人レッスンは完全オーダーメイドです。

そして、今回の勉強会は、基本中の基本、成長のプロセスを学んでいきます。

まずは、プロローグ。
これからの2つの勉強会についての説明と、日程の発表をしていきます。



プロローグ

日程  8月11日(金) 13:00~14:30
     8月30日(水) 10:30~12:00
参加費 3000円
会場  東京都東大和市南街6-11-2 くるりん
※長野県岡谷市クラスは終了いたしました。

これから行う2つの講座の内容について簡単に説明します。
1つは、発達心理学から、ライフサイクルを中心に、プラーナの視点も少し織り交ぜていきたいと思います。
私たちは、なぜ生きるのか、私は、どう生きるのか…
自分には、なにが足りなくて、それをどう育んでいくか…
これからのご自身の生き方について、考える指標になれば…と思っています。

2つ目は、自分の人生を地に足をつけて生きていくために大切な、自己肯定感をいかに高めていくか…
一緒に学んでいければと思っています。

両方とも、長期の連続講座になります。
日程を含め、お話ししていきます。

お申込み⇒くるりん事務局

いかに生きるか(生き方)に正解はない

私たちは、小さい時から、家庭で、学校で、地域で、会社で…
こうしてはいけない、これをした方がいいとというようなことを教わってきました。
そして、いつの間にか、どう生きるかということも、なにか正解があるような感覚で生きています。

なにか困ったとき
「こうした方がいいのか?」
「何が間違っていたのか?」
と、正解や犯人捜しをしている場面によく出くわします。
そして、なかなか答えが出ず、いつまでも悩み続け、苦しい気持ちから抜け出せなず悶々とすることがあります。

実際は、自分が「いかに生きるか(生き方)」によって、答えが違ってくることがほとんどです。
ちゃんとまじめに、家庭や学校や会社で教わった通りに生きているのに、なんか空回りしたり、うまい方法が見つからなかったり…。
それはどうしてなのでしょう?

実は、家庭や学校や会社で教わった方法は、社会でみんなとうまくやっていくための、スムーズに生きるためのルールです。
ルールがある部分は答えが出やすいのですが、恋愛、家庭の問題、困りごとのプライベートでの局面は、ルールが無いことが多いです。またそのルールも、絶対的なものではなく、地域により時代により、変わっていきますし、絶対に守らなければならないというものでもありません。
どのルールをどの程度守るかは、個人個人によってかなり違ってきます。

しかし、小さい時から、ルールをいかに守るかという教育を受けているので、「では、私はどうする?」という問いかけができなくなっています。
また、自分の中で折り合いがつかないという葛藤が起こることに、混乱する方もいます。
「こうしたいけど、でもやりたくない自分」という矛盾した気持ちが、受け入れられず、どちらが正解か…と考え続けたりします。

自分にとって何が大切なのか…を把握しながら生きている方や、考えようとしている方は、なかなかいないでしょう。
何をどうやっても、100%いいことも、100%悪いこともありません。
その中で、どちらかを選ばなければならない事もあります。
なにをどう選んでも、リスクはあります。
だから、なにをどう選んでも、結局なんらかの後悔はあるのではないかと思います。
そしてあとから、「あの時別の選択をしていたら…」と、ぐるぐると考えてしまうのです。

なにをどう選んでもいいのです。
ただ選んだことの結果が、自分にかえってくるだけです。
だから悩むのです。
悩むことは、悪いことではありません。
悩むのが嫌で、早く答えを出したくて、「こうするといい」と言ってくれる人や場所をつい頼ったりしたくなります。
でも、それは、自分の人生を生きることから逃げていることでもあるのではないでしょうか?
もちろん頼りたくなる時は、あります。でもずっと…というわけにはいかないのでは…。
…う~ん、頼り続けるのも、その人の選択ではありますね、確かに。
何かや誰かに頼り続ける…という選択をしても、その結果は自分にかえってくるということは変わりません。
その結果に、頼られた人には責任はないのです。そこはよくよく考えなけれな…。

悩むということは、自分の人生を生きようとしている姿勢でもあります。
 ただ、悩みの中にいることで、悲劇のヒロインになっている方もいますが…
本気で自分の人生を生きようとしている人は、悩みはするけれど、愚痴を人にこぼすことはあまりないでしょう。
愚痴をこぼしている暇があったら、失敗してもいいから行動することを選ぶと思います。
 でも、たまには愚痴もこぼしたくはあります…。たしかにあります。

悩むのは、辛いことです。その辛さは、自分の足で人生を歩こうとする痛みでもあります。
一人で悩んでいても、堂々巡りで、埒が明かないこともあります。
そんなときは、くるりんを思い出してみてください。



生き方コンシェルジュ くるりん

個人レッスン
日常的にあるストレスにより、自分の思い込みに気づく作業からやっていきます。
毎回進み具合により、宿題があります。
 
料金 75分 7,000円
    高校生以上が対象です。
   
    未成年の方は保護者の同意が必要です。
    毎週~隔週1回のペースでお越しください。
 
インナーチャイルドの癒やしは、今ままで自分を苦しめてきた、生き方、考え方の癖に気がつき、行動パターン、思考パターンを変えていく作業です。
地道で辛抱のいる作業です。
長く続けていくことが、自分の人生を充実感をもって生きて行くための早道です。
 
問題はないけれど、さらに生き方をステップアップしたい方、セラピストの方、霊性を向上させたいという方にも有効です。
 
ご家族のことで解決したいことがある場合も、あなた自身の霊性の向上によって解決できることもあります。

お問合せ
くるりん事務局
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー