ホスピス学校の講演を聴きに行ってきました

山梨県の甲府で行われた、ホスピス学校に行ってきました。
今日の講師は、内藤いづみ校長と、シスターの鈴木秀子先生です。
内藤先生は、「ホスピスのホスはホスピタリティのホス」ということを何度がおっしゃっていました。

ホスピタリティ?…
ネットで調べてみました。

『ホスピタリティとは「喜びの共有」という言葉に集約されますが、そこには「相手を幸福にするために自己の最善を尽くしきる」という考え方が根底になければなりません。』

日本語的にいうと、おもてなし…でしょうか?
私たちが持っている『死』というイメージと、ずいぶんと違うように感じます。
ホスピスという言葉のイメージは、死ぬ場所とか、ちょっと暗く冷たいイメージがあるのではないでしょうか?
でもおもてなしと考えると、暖かく、優しく、柔らかな明るさのイメージになりますね。

鈴木先生が、一番初めに出版した本は、「死にゆく者からの言葉」という本だそうです。



日本人は、「死」という言葉を忌み嫌うもので、不吉と考えるから、この題名は難しいとはじめ出版社から言われたそうです。
しかし、大切な内容でもあるので、賭けようということで、出版されることになった経緯があるそうです。
確かに、死についてはなすことは、タブーと思うことは多いのではないでしょうか?
「縁起でもない」と。
しかし、新聞でも紹介されて、話題にもなり、今では、テレビでも依頼があるそうです。

死は、この世に生を受けた以上、必ず訪れるものです。
それは誰一人として、免れることができません。
なのに、普段真剣に考えることもなく、まるで死なないように生活している人が多いと思います。
不思議なことに、「死」ということを身近に感じ、我が身のこととして体験して初めて、「今いかに生きるか」を真剣に考え、イキイキとした生を生きられるようになる感じがします。
本当に自分にとってなにが大切か…死を意識して初めて、本気で考えるという人も多いでしょう。

永遠に生きるような錯覚の中で生きていると、つい、目の前のことに振り回されて1日1日を終えてしまいます。
そこには、「生」の実感がないのではないでしょうか?
そして、「つまらない」「たいくつ」というような気持ちになってしまうかもしれません。

さて、鈴木先生は、「苦しんでいる人に寄り添う気持ちが、魂を満たしてくれる」とおっしゃていました。
そのためには、3つの絆が大切だと言っています。

1つ目は、自分自身との絆
2つ目は、他の人との絆
3つ目は、人を超える大きな力との絆

この3つの絆は、「愛と癒しのコミュニオン」という本でも書いてあって、鈴木先生の変わらぬ軸のように感じました。



この中でも、1つ目の自分自身との絆の大切さが印象的でした。
ユングの心理学でもあるように、わたしたちの魂は、奥深いところでつながっています。
なにか失敗したときに誰かが、自分を責めるというような自己否定の気持ちを持っていると、全人類のこころの温度が冷えるそうです。
例えると、小さなとげが指先にあるだけで、全身になにか不快感があるように、一人の気持ちが全人類のこころの温度に影響をあたえるそうです。
逆に、誰かが、たとえ失敗したとしても、自分を認めるような気持ちでいると、全人類の心の温度が上がるそうです。
誰かの自分への思いやりのある気持ちは、人々を暖かくするということです。
たしかに、優しい人といっしょにいると、なんとなく心が暖かくなる感じがします。
自分自身と喧嘩をしているような人は、他の人ともトラブルを起こしていることが多いっておっしゃってましたが、確かにその通りだなって思います。

なので、「あなたが変わると、知らないうちに周りが変わります。まずは、自分自身と仲良しになり、当たり前のことを認めてあげる。人はいいことがあるから、幸せになるのではなく、幸せだなって思うから、幸せなことが起こる」のです。

このことは、死にゆく人だけでなく、介護する人、治療家、カウンセラー、学校の先生、会社の管理職の方…そういった立場の方にとって、とても大切なのではないか…と感じました。

鈴木先生は、ご自身も臨死体験をしており、その体験からとても『死』を身近なものとして語っていただきました。『大丈夫、死ぬのは、辛い体験ではありません。身体の辛さはあっても、魂が満たされるような心地よい体験です。死は怖くはないのです。』…そんなメッセージをいただいたように思います。

内藤先生は、ホスピス医としての体験からのお話しでした。
ホスピス医の患者に対する最後の仕事は「死亡診断書」を書くことだけど、死亡診断書は、「試練にみちたこの世の卒業証書」だとおっしゃっていました。
「生を全うする」ということを何度もおっしゃっていました。
そのために、「仲良し時間」をいかに作れるか。人との仲良し時間、好きなことへの仲良し時間、愛着のある場所への仲良し時間…

その人にとっての幸せな場所、状況…やりたいことは、最後まで諦めずに、ちゃんと全うしなければいけなんだ。

そう死がすべての人に必ずくるのと同じように、内藤先生の話は、死ぬ瞬間まで、私たちは、生きるのだ…ということを思い出させてくれます。

『死ぬ瞬間まで、自分を生きることを諦めてはダメ、自分の生を全うしようよ。』…、内藤先生からは、そんなメッセージをいただいたように感じました。

最後の対談で印象に残ったのは、人生で抑圧したものを吐き出して、陰も陽も受け入れて、その人らしさをだし、バランスをとって完成されるのではないかという話です。
身体の痛みであれば、痛み止めも使える。でも、抑圧した気持ちは、痛み止めでも抑えられない。
その人が、抑圧していた、ネガティブな気持ちを言いだしたときに、家族が受けとめられないと、医者は麻酔を使うしかない。
そうなると、頭も朦朧とするので、抑圧した気持ちの吐き出しができなくなる。
家族が受け止められると、穏やかに逝ける…という話でした。

そうなると、死にゆく方のご家族の方は、「自分との絆」を深くして、自分に対する思いやりの気持ちを常にもっていないと、なかなか受け止めることは難しいなって思いました。

くるりんでは、ご病気の方本人はもちろんですが、ご家族の方を支えていくことのほうが多いので、とても参考になるお話しでした。
また、死にゆく方ばかりではなく、普通に生活をしてその中で、悩み迷っている方に対しても、同じだな…と感じました。

 
スポンサーサイト

よりよく生きるために、「死」を考える。

最近、葬儀に参列しました。
私がその方と関わったのは、10か月くらいですでに入院中でした。
彼女は生前、ご家族の方と自分の最後をどうしたいのか、そして亡くなった後の過ごし方や、葬式はどうしたいのか…
しっかりと、話し合われていました。
彼女を失った悲しみより、出会ったことを感謝し、たくさん元気づけられたり励まされたりしたことを、彼女からいただいたものを活かしていきて生きたい…
参列したみんなが前向きになれるような葬儀でした。
彼女が生きた人生を飾るにふさわしい最後だったと思います。

死生観という言葉があります。コトバンクでは「生きることと死ぬことについて、判断や行為の基盤となる考え方。生と死に対する見方。 」と書いています。
死や死後の世界については、主に宗教で取り扱っていると思います。
なので、普段あまり「死」というものを意識しないで生きている方がほとんではないでしょうか?
死を意識せず、まるでずっと生き続けるのが当然のような感覚で生きていると、どうしても刹那的にになり、後回しをしやすくなり、目の前の雑多な出来事に振舞わされてしまうような生き方をしやすくなります。
人は「死」を意識して初めて本気で前向きに生きることができるのではないでしょうか?
有限である命を意識し、時間を大切にして生きるようになると、逆に長期的なものの見方ができるように感じます。

自分の最後を考えるのは、なにも余命を宣告された方だけのものではありません。
または、お年寄りだけが考えるというものでもありません。
このあと何十年続こうが、あと数か月であろうが、残された命ということには、変わりはありません。
私たちは、この世に生を受けた以上は、だれでも死ぬものです。
それが、何十年も先なのか、明日なのか…それは、誰にもわからないのです。
どこかで一度、考えることが大切なのではないでしょうか?

さて、考えるのにいい内容の講演があります。

在宅ホスピス医の内藤いづみ先生が行っているホスピス学校で、私の大好きな著者である、シスターの鈴木秀子先生が講師としてお話しをするようです。
テーマは「死は人生で最も大切なことを教えてくれる」です。

※残念ながら、満席となっているようです。興味を持って参加したいと思われたかた…申し訳ありません。



最近読み始めた鈴木秀子先生の「愛と癒しのコミュニオン」の中で、誰でももっている欲求について書かれています。

『人は誰でも、「唯一の根源的欲求」からあらゆる行動をする、と言われている。
唯一の根源的欲求とは、「自分の存在が他者から理解され、認められ、受け入れられ、できれば高く評価され、大切にされたい。
と同時に自分自身もまた、自分がよい人間だと思えるような、他の人に役立つ存在でありたいと言う希求(強く願い求めること)」だ。
この人間のもっとも根源的な欲求が満たされるに従って人は、人間としての成長を遂げるし、自己実現に向かう。』

なるほど…と思います。人の苦しみが、ここから発生していることは多いのではないでしょうか?
この本については、また改めて書きたいと思います。

 

モーニングセミナー『神様に愛される生き方』講演終了。

長野県の諏訪湖のほとりにて、諏訪倫理法人会にお招きいただきまして、お話しをさせていただきました。

5218.jpg

理念を持った経営者たちの大きな団体でもあり、わたしのような1人できままにやっているものがお話しさせていただくことがあるのだろうか?とてもとても力不足ではないか…
しかも、気ままに自分のペースでやってきた勉強会とは違い、外部からの依頼での講演は初めてのことです。
かなりビビりながら、準備をいたしました。
会場に行くと、まだ起きたてでぼーっとしている私と違い、朝早くからはきはき、きびきびとして、そしてお一人お一人丁寧にあいさつに来ていただき、名刺すらも持ち合わせていない私は、恐縮しきりでした。

内容としては、10年ばかり勉強させていただいている古神道の師匠からご指導いただいていることをもとに、今の私なりに、神様に愛される生き方というのはどういうことか…を1時間ほどお話しさせていただきました。
私の生い立ちや以前の生き方を例にして、この世的価値観と、霊性的価値観について、少し説明もいたしました。
わかりにくい内容なので、伝わりにくいところもあったかもしれません。
それでも、
少しでも、ご参加いただいた皆様が、より良い人生へとつながれば…
今抱えている苦しみや、課題に対して、抜け出すヒントにでもなれば…
そんなことを思いながら、お伝えした次第です。

今回の講演のネタのために、自分の幼少期や生い立ちなどを改めて振り返る良い機会にもなり、私自身の内面(インチャ)の癒しにも結び付きました。

当日は雨で、早朝にも関わらす、多くの方がご参加してくださいました。
みなさん熱心にメモを取りながら、お話しを聞いくださっている姿が印象的でした。
時間配分ができず、最後は、駆け足になってしまいましたが、もうちょっと簡潔にまとめていれば、もう少し聞きやすかったのではないか、準備不足で申し訳なく思いました。

5217.jpg

終了後は、ファミレスでの朝食会で皆さんと直接いろんなお話しができ、いい時間を持つことができ、うれしかったです。
皆さん、経営者でありながら、自らが率先して動き、そして会社の利益だけではなく、ご家族を大切にし、従業員とそのご家族の幸せまでも考えて、経営されている姿勢が垣間見られ、素晴らしい在り方だな…と感じました。
会長様からは、ご丁寧に手書きのお礼状までいただきました。
良い機会をいただきまして、本当にありがとうございます。
ご縁に感謝です。

諏訪倫理法人会では、いろんな方をお呼びして、モーニングセミナーを行っているとのことです。

諏訪倫理法人会


私の読書法…その3

私は、幼少期の頃から本は友達でした。
ある人との出会いで、その後の人生が変わることがあるように、本との出会いが、人生観を変えてくれました。

最近では、ネットの発達により、いろんな人が自分の人生や人生観をブログやSNSなどで語っています。
そのことが自分の生き方を考えるきっかけになること、勇気をもらうこともあると思います。

なので、移転が決まったということではなく、決める過程や苦労を、リアルに一緒に感じられるような内容をブログで書こうと思ったのです。
なぜなら、移転しようと思ってから、いろんな今まで出なかったようなインチャとも向き合うようになりましたし、自分の出来ること、出来ないことがさらにわかるようになってきたり…
また家探しは、今後仕事をどうしていくのか、したいのか、どう生きていきたいのか…そいう言ったことに直接結びついているのだな…と思ったからです。

本当に納得のできる住まいをみつけることは、本当に骨が折れることです。
しかし、そこをめんどくさいと思うだけではなく、その面倒なことを将来の自分のために、ちゃんとやってあげることは、自分を大切にすることなのだ…ということに気が付いたのです。

考えてみると、私はなにかを選択するときに、今までこんなに丁寧に、考えたことは無かったと思います。
ある程度は調べますが、ある程度調べたら、あとは直観で「これ」みたいに決めていました。
しかし、その直感をさらに検証する…という作業をしてきませんでした。

それでも、今までのやり方でも、自分の責任できめた実感があるので、後悔はしていませんし、それなりに、良かったと思っています。でも、さらに検証する…ということをしていたら、もっと大切に思えたかもしれないなとも感じました。
うまく言えないけど、もっと深みのある人生になっていたような気がするのです。
う~ん、若い時は、勢いで行って、失敗して、乗り越えて…で、それでよかったのだけど、これからはそうではない、やり方もできるようになりたい…という感じの方がしっくりくるかな?
これからはもっと深みのある味わいある人生にしていきたいというか…

ということで、私にとって本というのは、架空ではあるかもしれないけど、人の人生を聞いているような、そんな感じなのです。
そして、それを手本にやってみて、学んだことはたくさんあったし、自分の固定観念を変える手掛かりにもなったのです。
わたしの日々の生き方が、もしかしたら誰かのいい刺激になるかもしれない。
半面教師になるかもしれない。(それも学びです)
いろいろ考えるきっかけになるかもしれない。

なので、新居探しを通して感じたことも書いていきたいと思います。

  

私の読書法…その2

小学生のころの私は、とても大人しく、いるかいないかわからないくらいでした。
クラスでもあまり印象の残らないタイプです。
転校も多く、どちらかというと仲間外れになるので、好きな人でグループをつくるときは、最後にあぶれ、先生が「ここに入れて」みたいな感じになります。
妙にまじめで、責任感の強い私は、同級生から敬遠されることが多かったです。
朗らかな人気のある子がうらやましかったです。

そんな感じだったので、本は最高の友でした。
一緒に冒険したり、泣いたり、悲しんだり、怒ったり…いろんな経験をしました。
そして、いろんなことを教わりました。
本はどこでも一緒です。
そして、その場所が、海やジャングルや様々な国、時代になります。
苦境に陥ったときに、わたしは本に出てきた登場人物になります。
「彼だったら、彼女だったら、どうするだろう?」
好きな主人公をまねしているうちに、その経験が自分のものとなっていきます。

私にとって本は、その場限りの知識ではありません。
現実の生活に活かすことのできる知恵の宝庫なのです。
自分ひとりが経験できることは限られています。
でも、本を通して、様々なことが経験できます。
いろんな人生を生きることができます。

続く


  
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー