今月の『レッツ写経』

今日はずいぶんと暖かいですが、風が強いですね。
今月の写経会は東大和クラスのみになります。
長野諏訪クラスでは、写経会の日程で、諏訪大社参拝ツアーを企画しています。
詳しくは後日ブログにてアップいたしますので、お待ちください。

毎月連載で、佐藤敏明先生の法話をご紹介させていただいておりますが、今月のお話はとても深いので、来月とに分けてお話させていただこうと思います。その一部をご紹介させていただきます。

************************************************************
たとえば、野球の試合に勝って意気揚々と勝って、帰ってきた男の子。
このときは天国。
元気よく「ただいま~」と家に入ると、「こんなに遅くまで、なにをやっていた!」と親に怒鳴られる。
せっかくいい気分で帰ってきたのに、少しくらい遅くなったからってなんだ!と腹を立てる。途端に地獄に落ちる。
しかしそのあと、親の心配する気持ちに気がつき、反省して人間となる。
おなかがすいて、戸棚にあったパンにぱくつき餓鬼となる。
そこへ妹がやってきて「お母さん、お兄ちゃんがパンを食べた」といいつけ、「余計なこというな」となり、修羅となる。
満腹になって、いい気分になり、勉強も風呂も歯磨きも忘れ、ぐうぐうとコントロールを失い畜生となる。
このように四六時中、本心をどこかに置き忘れ、深刻に六道を駆け巡っているのが、私たちの日常。

そこで人間本来仏であるという自覚にたって、本来の姿に立ち返るべく努力することが肝要である。
***********************************************************

詳しくは、写経会にて…
日程は下記のようになります。


東京東大和クラス

3月6日(金) 10:30~12:30
3月8日(日) 14:00~16:00

参加費 初めての方 3,000円 小中学生 500円


※必ずお申込みください。
※件名に「写経会」とご記入ください。

お申込み&お問い合わせフォームとアクセス
スポンサーサイト

くるりんでの写経会『レッツ写経』

昨日、今月の東大和クラスでの写経会がありました。
初めて参加された方は、配布物や、道具を見て、思ったより本格的でびっくりされてました。
ペンなどで、もっと気楽にできるものだと思っていらっしゃたようです。
でも、日本での現在写経は、他国にも誇れる日本の文化と言っても過言ではありません。
だから、「墨を磨る、筆で書写する」にこだわるのです。
その辺のこだわりについては、『レッツ写経』に初めて参加される方がいらっしゃる場合、必ずさせていただいております。

さて、今回写経会に関してのことを、ブログにアップしていただいた方がいらっしゃいますので、リンクさせていただきます。
とても素敵な文を書かれる方です。不文立の教えとされる「霊性」についてもとても情緒的に書かれていて、心打たれます。ぜひ、ほかの記事も読んでいただきたいです。

INTANINTAN 霊性をなぞるかの如く

明日、8日(日)の14時からも東大和クラスで写経会『レッツ写経』が行われます。参加ご希望の方は本日中にメールでお申し込みをお願いします。

お問い合わせ&お申込み
kururin.420@gmail.com

12月と1月のレッツ写経

本格的に寒くなってきました。いよいよ師走です。

今月の写経会「レッツ写経」のお知らせです。

東大和クラス
12月5日(金) 10:30~12:30 
※12月の日曜日の写経会はありません。

1月2日(金) 新春書き初め写経会
 午前の部 10:30~12:30
 午後の部 13:30~15:30

1月11日(日) 14:00~16:00

岡谷クラス
※12月の岡谷クラスはありません。
1月22日(木) 11:30~13:30

参加費 初回   3000円
     小中学生 500円

持ち物は必要ありません。すべて準備いたします。
必ず事前にお申込みください。

お問い合わせ&お申込み
⇒kururin.420@gmail.com

今月の写経会

さすがに11月になり、寒いと感じる日が多くなってきました。

さて、今月の写経会のお知らせです。

長野県岡谷会場の写経会は、行われません。年内は終了しましたので、来年またお楽しみに。

東京東大和会場

 11月7日(金) 10:30~12:30 
 11月9日(日) 14:00~16:00
 
 参加費 初めての方 3000円  小中学生 500円
 持ち物 無し…道具はすべて用意いたします。


実際に写経をする時間は、30分~1時間です。少しずつ書きあげていきます。
短い時間のようですが、意外と集中を持続させるのは難しいです。
筆は腕を浮かせているので、心の乱れが即座に現れます。慣れるまではかなり集中しないと難しいものです。
特に写経会はほかの参加者をどうしても意識してしまいますので、あちこちに心が動かされる自分との戦いでもあります。
「あれ?私ってほかの人より遅いかも」
「隣の人が墨をする音が気になるな」
「うまく書けない。ほかの人に見られたくないな」
「ほかの人は、どのくらい進んだのだろう」
などなどです。
ほかの人を気にせず、ひたすら、文字としてある仏と向かいあう、それはまた、自分の内面とひたすら向かいあう行為でもあります。人の評価や人からどう思われるか、どう見られているかを気にすることばかりしてきた現在人には、思った以上に難しいものです。
写経をしている間は話ができませんが、終わった後のお茶会ではつい口数が多くなってしまったり、まったくの無口になってしまいます。
常に平常心であることは結構難しいですし、その訓練を私たちはする機会がありません。
写経会は簡単なようで、意外と大変なんです。
それゆえに、始めて最後まで書きあげたときの達成感は格別の喜びがあります。

ぜひ一度ご参加ください。

お問い合わせ&お申込み
メール

10月の『レッツ写経』

すっかりおなじみとなりました、くるりんでの写経会『レッツ写経』。
 関連記事
  写経会『レッツ写経』


今月の日程です。

東京都東大和クラス
 場所 東京都東大和市南街6-11-2
 
 10月3日(金) 10時半~12時半
 10月12日(日) 14時~16時

長野県岡谷クラス
 場所 イルフプラザ

 10月23日(木) 11時半~13時半
 年内の長野県岡谷クラスのでの写経会は、10月が最後になります。11月 12月は行われません。

参加費 初回 3000円
持ち物 特にございません。


必ず事前にご予約ください。

お問い合わせ&お申込み
メール
 
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー