今日はお彼岸の入りなのですね。

120080304143040.jpg

今日は、天気も良く、温かかったので、久々に近くの神社やお寺のお参りに行ってみました。
日ごろお世話になっている、神様仏様にお礼と、よろしくお願いしますと、ご挨拶に行きます。
お寺に行くと、なんだかいつもはがらがらの駐車場や駐輪場にたくさんの車や自転車が…。

そうだ、今日はお彼岸の入りでした。お墓参りの方が多く訪れているのでした。
実家から離れていると、こういうことに疎くなってしまいます。
跡を継ぐ方は、財産とともに、こういった細かいことも引き継ぐのですね。
跡取りの方って、目に見えない面倒がたくさんあるのだと思います。

そうはいっても最近では、そういう面倒を子孫にかけさせたくないと、葬儀を行わなかったり、お墓を持たなかったりする方が増えているようです。
しかし、こういう行事でもないと、疎遠になる親兄弟も多いのではないでしょうか?
私も子供に面倒はかけないようにって思っていたんですが、最近は、面倒を残すのも悪くないのかな?って思うこともあります。
天涯孤独であれば、こういう面倒はありません。
はたして面倒なのは、悪いことなのか、どうか?
自分の思いだけでなく、ご家族がそういうことを話し合うことが大切なのかもしれません。

最近では、墓参りに行かないどころか、ご先祖様のお墓がどこにあるかも知らない方も多いように感じます。
参考までにですが、五十肩で痛くて腕が上がらないと言っていた人が、勧められてお墓参りしたら、動くようになったとか、楽になった…という方を何人か知っています。
このブログを読んでいるあなた、これもなにかのご縁です。
もし毎年お墓参りしていないのであれば、これを機会にお墓参りに行ってみてはいかがでしょうか?

さて、日本では、亡くなった方へお坊さんにお経をあげていただきご供養をすることが多いと思います。
お墓のある菩提寺の宗派によっても違いますが、ほとんどは「般若心経」を読むのではないでしょうか?

どうやら般若心経は、万国共通で通じる、亡くなった方へ届く言葉のようなのです。
そして、宗教宗派を問わず、国籍や言語を問わずに、成仏へ導いてくれるお経でもあります。
不思議ですね。
くるりんに来ていただくクライアントさんとともに、知らずにお連れになった障未成仏霊やもろもろのあの世の方々のお世話もさせていただきますが、ほとんどは、般若心経でご納得されます。それだけ力のある言葉なのでしょう。

もちろん生きている人間の魂にも、潜在意識を通ることなく、直接響きます。
写経や、読誦が、良いとされる理由がここにあります。

しかし、力があるということは、薬と同じでやたらとむやみに自分の判断で手を出すのは、いかがかと思います。
かならず、指導してくれる方、お寺の和尚さんなどの、ご指導の下で行うことをお勧めします。
お近くやご縁のあるお寺で、写経会や読誦をする集まり、坐禅会などがありましたら、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

謹賀新年…今年の抱負

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

ことしは周りで、風邪が大流行。
わたしも、流行の波に乗り、年末に発熱。咳もとまらず…。
恒例の帰省はできませんでした。

昨年、子供も我が家を巣立ち、今年は、猫のちびとまったりと1人年越しをしました。
1人の年越し、お正月というと、寂しいとかわびしいとか、ネガティブな側面もありますが…
おせちを作らなくてもいい、大掃除も適当でいい、義理の父母にご挨拶にいかなくていい、夫の上司にお歳暮などの気遣いをしなくていい…等々、
縛られることが少なく、どのように過ごしてもいい自由があるのだということも実感。

好きな時間に起きて、好きに食べて、明るいうちからお酒飲んで…
なんともいえない解放感を味わいました。
それでも体調は本調子ではないので、正月三が日は、昨年のインチャノートなどをまとめておりました。
昨年1年だけでも、乗り越えた壁は多く、そして、その壁の自分史を振り返ってみると、この自由は、様々なインチャの縛りを乗り越えて昇華してきて手に入れた、努力の証だということをしみじみと感じました。

あぁ、頑張ってきたなわたし…。
今年も頑張ろうわたし…。

と、思いを新たにしたお正月でした。
そして、気が付くと、年末年始から、1週間ほど、誰とも顔を合わせていなくて、人と話をしていないことに気が付きました。
小さい時から、親戚が近くにいたので、人に囲まれて育ち、いつもみんなとつるんだり、何かをするのが好きで、逆に1人だと、心もとなく、じっとしていられなかった私が…。
なんとも1人の時を、しみじみと穏やかに、幸せを感じられるようになっている…。
人ってほんとに変われるんだなぁ~。

しかし今年の正月は天気がよかったのに、どこにも出かけられなかった私は、富士山も初日の出も見逃してしまいました。
それで、体調が良くなってきた4日の夕方、急に山頂星空をみたくなてって、高尾山に夕飯をもって行ってきました。
駅からのアクセスもよく、夕方登って、ごはんを食べ、それで終電前に、電車で帰ってこられるのがいいですね。
CIMG5638.jpg

CIMG5639.jpg

星空はわたしのカメラでは撮れませんでした。
月がとてもきれいでした。
夜景がまたきれいです。
さすがに寒くて、山頂には人がいませんでしたので、この景色は独り占めでした。
熱燗と、お汁粉と、ウィンナー…そして締めはマルタイラーメン。
アツアツがおいしかったです。
CIMG5644.jpg

CIMG5646.jpg

さぁ、気持ちを切り替えて、今年のことです。

昨年は「サポートするためのプラーナ」ということで、上級者向けの専門的な難しい内容の勉強会を10回講座で行いました。
新たに勉強することも多く、私自身の理解が深まりました。
そして方向性が見えてきました。

今年は、新たな勉強会をどんどんやっていきます。
始めの一歩の連続講座と、単発講座を考えています。
まだ構想の段階で、春頃の予定です。

例えば単発講座では…
 幸せになりたい人のプラーナ
 愛されるためのプラーナ
 浄化のためのプラーナ
とか…
連続講座では…
知っておくと安心な、初歩の心理学とか、発達心理学なども含め、生きやすくなるためのコミュニケーション術とか、身体からのメッセージの読み解き方とか…

そんなことを考えています。
巷では、
 これを身に付ければ幸せになれる
 これがあれば安心
 悪い状況を取り除く
 苦しみを無くす
 幸せを引き寄せる
 幸運に恵まれる
などの情報がたくさん飛び交っています。
また悪いことを避け、いいことだけあると幸せになれると思っている方も多いでしょう。
でも避けても避けても、逃げても逃げても、辛いこと、嫌なことは、押し寄せてきます。
そうそう逃げ切れるもんではありません。

人の幸せを追求したお釈迦様も言っています。
 
「知らないから苦しいのだ」と。

正しいことを正しく理解ができれば、いま苦しいと感じている状況を、悪いととらえることもなく、そうすると、幸せが見えてくるのだと。
そうなれば、…「人生そんなに悪いもんじゃない」って思えてきます。
現状を変えずに、自分の見方、物事のとらえ方を変える、そういう努力をすることで本当の幸せは見えてきます。

そんな生き方がしたい方へ、くるりんはお手伝いをさせていただきたいと考えております。
「私の処でもやってほしい」と思う方へ、出張講座のご相談も承ります。
くるりん事務局へご連絡ください。
本年もどうぞよろしくお願いします。

クリックしてください⇒くるりん事務局メール

秋川渓谷のせせらぎと秋の味覚持ち寄りデイキャンプ

晴れた暖かな日曜日、クライアントさんの発案で、ディキャンプに行ってきました。
穏やかな天気で、ここ数日の冷え込みで、前日から急に色づいてきたという紅葉を背景に、持ち寄りのアウトドアランチ。

CIMG5246.jpg

河原までの通路に、こんなお茶目なものが…
CIMG5242.jpg

CIMG5243.jpg

小学生と幼稚園生も参加しましたが、ずっと子供たちで遊んでいました。

CIMG5254.jpg

CIMG5252.jpg

受付を済ませ、テーブルやら椅子やら出していたら、もうお腹はペコペコ。
飲みながら、調理の準備に入ります。
炭火は火をおこすのに、時間がかかるので、コンロでできるものから着手。

まずはラザニア、きゅうりの漬物やサラダなどから…。

CIMG5261.jpg

CIMG5282.jpg

燻製の準備

CIMG5257.jpg

出来具合をチェック

CIMG5353.jpg

炭火では、お肉を焼き、いかのホイル焼き、ちゃんちゃん焼き
すでにお腹いっぱいだが、さらに、鶏肉を焼いて…
あと焼きバナナ
私は、熱燗で…ホットワインもあった。
CIMG5316.jpg

お腹いっぱい、楽しくて、胸もいっぱい、思い出もいっぱい…
また、企画したいと思います。

さて、今日は、これから長野県岡谷市に旅立ちます。
仕事の後は、いつもの久保寺での坐禅会。
そして明日は、仕事の後に上諏訪で行われる外飲みに行ってきます。

サルギ尾根ハイキング

日曜日の晴れた日に、東京都奥多摩にある、サルギ尾根に行ってきました。

CIMG5152.jpg

今回は、登山を始めたばかりの方もいたので、地図の使い方、楽しみ方の講習も兼ねました。
登山用の地図は見たことがあっても、地形図は初めて…。
しかも、当日初めて広げるもんだ…と思っている方も多いかもしれませんが、行くと決めてからが準備です。
まずは、自宅で地図を広げ、いろんな方のブログを参考にしながら、地形図をながめ、いろいろ行程に思いを巡らせます。

 どんなコースだろう
 どんな景色なんだろう

もうこの辺からワクワクが始まりますね。

今回のコースは、はじめからいきなりの急登から…
心臓はバクバク、息は絶え絶え…
とならないように、ペース配分を考えながら登ります。
和気あいあいと話せるくらい、心拍数が上がらない程度のペースで。
登山地図に書いてある、コースタイムと見比べて、自分のコースタイムを把握していきます。
何度か、登るうちに、自分のペースというのがつかめてくるでしょう。
始めは、ゆっくりゆっくり、山に身体をなじませるように、足の裏の感覚を味わいながら…。

地図に載っている道標の場所で、実際に地図を広げて見ます。

CIMG5153.jpg

そして、地図と周りの景色を確認していきます。
以前いったことのある山、尾根…

CIMG5155.jpg

けっこう感激します。

CIMG5157.jpg


ゆっくり登ったのもあり、お昼もすぎたくらいに、途中の東屋に到着。
結構広々している東屋を貸し切り状態で、昼食。

CIMG5159.jpg

カップラーメンにウィンナーとおもちをトッピング。
薄くスライスされたおもちは、お湯を注ぐときに入れると、ちょうどいい具合に柔らかくなっています。

このコースはイワウチワがきれいに咲くコースでもあるので、また春に行きたいですね。
さて、次回は、道標のない、高水三山のサブルートで実践編を行っていきましょう。
迷わず惣岳山の青渭神社行けるかな~。

インナーチャイルドの癒しの勉強会、今回は『機能不全家族』

最近、テレビや新聞、雑誌などで話題になっている、親子関係。
「毒母」とか「毒父」とか…。
だれも、別に我が子を傷つけようと思って育てているわけではない。
むしろ、子供のためと思って、良いことだと信じていることをしているだけだと思う。
しかし、中には、いけないとわかっていても、小さいい子を怒鳴ったり、殴ったりすることを、どうしても理性で止められない人もいる。
かわいいと思っている我が子が、抱っことせがまれると、人の肌が触れる感触を気持ち悪いと思う親がいる。
子供に甘えられることに、耐えられない人もいるのだ。
何人か子供がいるのに、この子だけかわいいと思えないとか、自分の子を愛しいと思えないとか、そんな気持ちで悩んでいる人もいる。

それは、様々な原因があるけれど、その一つが機能不全家族の継承だ。
(霊格の問題もあるが、それは「サポートするためのプラーナ」の勉強会でのみ説明)

自分が生まれ育った家庭が、機能不全家族と認めることは、なかなかできない。ひどい虐待があった場合でさえ、「自分の親は、それほどひどくはない」と思いこみ、現実を受け入れられない方が多い。

親は、本当は愛情に満ちた人間なのだ、でも、自分がいけないのだ…と、ほとんどの方が思い込んでいる。

客観的な現実を認めるのは、なかなか辛いことだけど、現実を受け入れずして、いかに自分の傷をいやすことができるのであろうか?
自分を客観的に見つめ、満たされていないところ、親から教えてもらえなかったこと、間違えた常識的なこと、時代錯誤の道徳など…自分を生きにくくしている、様々なことの原因を知らなければ、いかにして人生の流れを変えていくことができるのだろうか?

ただし、原因がわかっても、それを「あなたが悪い。なんとかしろ」と親を責めることは、まだたやすい。
その現実を乗り越え、さらにつらい現実を自分の人生の糧とし、自分自身の人生を築き上げていくには、いつまでも責めていてもなにも始まらない。辛さが増すだけだ。それなら、知らない方がまだましな場合だってある。

現実をしり、その傷に気が付き、癒すのは、自分自身でしかない。
そうでなければ、誰かに助けてもらう人生になってしまい、傷が癒えたとして、自分の人生にはならないだろう。

この勉強会は、インナーチャイルドを癒すような、様々な療法やメソッドの中でも、かなり厳しい内容になるので、勉強会で全体像を学び、個人レッスンで、自分のこととして具体的にすすめていかないと、勉強会の内容が、しんどいと思うかもしれない。
次回からは、具体的方法、「分析」という手法に入っていく。

参加している方は、どんどん気持ちの奥がしんどくなってくるだろうが、最後まで頑張って参加してもらいたい。

以下、インナーチャイルドの癒しの勉強会の内容を記載する。




1回目
 心と体と魂の三位一体という考え方・プラーナについて・ストレスが体に及ぼす影響・苦しみの原因をいろんな分野から解説・霊性の段階…霊格について・自分を知ろう

2回目
 どんなときにストレスになるか?・そのときどんな感情になるか?・感情はどこからくるのか・インナーチャイルドと霊性の関係・インナーチャイルドの癒しは何のために行うか・真の大人の条件・自分の観察日記をつける・呼吸法やヨーガを日課にする

3回目
 自分の中の抵抗勢力(ホメオスタシス)・機能不全家族について・子供の発達段階・インナーチャイルドの種類とスイッチ・データ集めをしよう

今後の予定
4回目
 感情についての説明(EQから引用)・バーストラウマ(出産時心的外傷)の及ぼす影響・子育てに理想的な夫婦のあり方(機能している家族)
 
5回目
 インナーチャイルドの癒しと昇華の流れ…安全な分析という方法・インナーチャイルドの求めるものを見つける・それがどこから来たのかを探る・自分のルーツを知る

6回目
 自分で自分を癒すということ・イメージ療法で癒す・この世的価値観から霊性的価値観へのシフト・行動療法で現状維持しているパターンを変える(ホメオスタシスからの脱却)・ポジティブに対する誤解(そのポジティブ思考はネガティブかもしれない)・囚われからの解放…本当の自分の生き方、魂の流れに戻す
02 | 2017/03 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー