新しい勉強会の試みと、映画

9月から、2つの新しい勉強会が始まりました。
「身体とこころの成長とプラーナ」という成長の仕組みについての勉強会と、「パステルゾーンで生きていくために」という生き方の癖を変えていく、実践的な勉強会です。
新しい取り組みで進めていこうと思っています。

なかなかとっつきにくい、発達心理学という堅い内容を、出来るだけわかりやす、身に付けていただくために、「身体とこころの成長とプラーナ」では、毎回、映画や漫画、小説などを教材に取り入れていきます。
10月15日と、17日の教材は、「ベイビー・トーク」。


ジョン・トラボルタが主演で、赤ちゃんの声をブルース・ウィルス(吹き替えでは所ジョージ)という、渋い俳優が出演し、かなり話題になりました。なかなか渋い赤ちゃんの声と、ハードボイルドな上から目線…でも、けっこうリアルなのではないかと思っています。
だれでもあった赤ちゃんの頃。その頃に思いをはせながら、観て欲しいと思います。
参加者でまだ観ていない方は、講座の後(12時~)に、全編の上映会を行います。勉強会では一部しか流せないので。

そして、午後の勉強会「パステルゾーンで生きていくために」(13時半開始)では、参加者の方に参加していただく、参加型にしてきたいと考えています。勉強会の内容をその都度、出来るだけ自分のこととして身に付けていただけるようにしていけたらと…。
自分になかなか自信が持てずに、いろんなことから逃げてしまうことは、楽な人生になるわけでは無いようです。
辛いことをやらないことが、楽に生きられると考えたり、楽しいことだけやっていたら、楽しい人生だと、考えがちですが、どうもそうならないのが、難しいところ。
辛いこと、面倒臭いことから、逃げてばかりいると、結局、不平不満しかでてきません。なにをやっても、気に入らない、退屈…。
まるで地獄や餓鬼地獄を生きているように思います。
そうなると、どうも逃げてばかりいるのは、実はとてもつらい生き方を選んでいるとも言えそうです。
退屈さを紛らわすため、辛さを避けたいため、仕事を変えてみたり、旅行に行ったり、ゲームやテレビで退屈しのぎをしたり…
逆に仕事にのめりこんでみたり、遊びにのめりこんでみたり…
しかしそんなことをしてみても、楽しいと感じるのは、はじめのうちだけでしょう。場合によっては、全く楽しいとも感じられないかもしれません。
もしかしたら、一見しんどいようにみえる「家事」や「仕事」や「学校の勉強」を真剣に一生懸命にやってみることも、不安を減らし、楽しさにつながるということになるのかもしれませんね。

昨日何気なくみた映画は、そんなことを考えさせてくれました。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

それと、結構好きな映画。若者がひょんなことから、木こりになる話です。
出演しているのは、染谷将太, 長澤まさみ, 伊藤英明, 優香, 西田尚美と、層々たるメンバーです。

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~

「仕事なんて、ただお金を稼ぐためだから、なにやっても同じさ」
「仕事が私の価値を高めてくれる」
とか、仕事に対する考えは人それぞれだと思います。
秋の夜長、たまには映画を観て「仕事」について、今一度考え直してみるのもいいと思います。



10月15日(日) 
10月17日(火)
 
「身体とこころの成長とプラーナ」
  10:00~12:00 
  参加費 3000円
 「パステルゾーンで生きていくために」
  13:30~15:30
  参加費 3000円

お問合せ&お申込み
くるりん 事務局メール
スポンサーサイト

いよいよ、長野県岡谷市から始まります

新しい勉強会に向けて、プロローグが終了しました。
合計3回、ほぼ同じ内容で行いました。
はやり、理論的な内容は、眠くなるみたいです。

しかし、基礎的な内容は、新しい理論をある程度知らなければならない…。
なので、聞いていても読んでも退屈だし、ある程度理解するまでは、もう何を言っているかわからない…忍耐も必要になってきます。
それは、スポーツでも楽器でも、同じだと思います。
基礎はほんと、マジつまらない!

参加者の方のご意見も聞いて、なるべく、テキストに書いていないことをやっていきたいと思います。
体感型学習になればいいな…と。
9日(土)の勉強会もまだ2人くらい大丈夫です。
ご希望の方は至急ご連絡をお願いします。

お申込み
くるりん事務局



 9月9日(土) 諏訪湖ハイツ
 「身体とこころの成長とプラーナ」
  10:00~12:00 
    参加費 3000円
 「パステルゾーンで生きていくために」
  13:30~15:30
    参加費 3000円

9月の予定

あっという間に9月になってしまいました!
今日は、朝からすっかり秋のような空気です。

早速今月の予定です。

9月2日(土) DVD上映会
「サポートするためのプラーナ」 7回目
9:30~12:30
参加費 2500円

9月8日(金)~9日(土) 長野県岡谷市出張
 9月8日(金) 久保寺坐禅会参加 19:00~
 9月9日(土)
 「身体とこころの成長とプラーナ」
  10:00~12:00 
  参加費 3000円
 「パステルゾーンで生きていくために」
  13:30~15:30
  参加費 3000円

9月17日(日) 東大和市日曜クラス
 「身体とこころの成長とプラーナ」
  10:00~12:00 
  参加費 3000円
 「パステルゾーンで生きていくために」
  13:30~15:30
  参加費 3000円

9月19日(火) 東大和市火曜クラス
 「身体とこころの成長とプラーナ」
  10:00~12:00 
  参加費 3000円
 「パステルゾーンで生きていくために」
  13:30~15:30
  参加費 3000円

お問合せ&お申込み
くるりん 事務局メール

明日の「プロローグ」に参加できない方のためのダイジェスト版

世の中が進歩をしてきて、人は幸せになるどころか、選択肢も増え、いろんな情報が入り乱れ、何をどう信じていいのかわからない、暗中模索の世の中になってきたように感じます。
そのせいか、自然療法、心理療法、スピリチュアルな分野も含め、たくさんの治療法、セラピー、療法があり、いろんな悩みを抱えた方が、救いを求めて訪れています。そして、どの分野でもそれなりの結果があるので、受ける方が増えているのでしょう。しかし、いいところまで行っているのに、なんかどうも一つ物足りなさを感じます。身体重視、こころ重視、スピリチュアル重視…のどこかに偏っているように見えるのです。医療ひとつとっても、こころのストレスが病気を生む、病気の仕組みなどには、すごくいいのですが、霊性的な分野が抜けていたります。スピリチュアル重視のところでは、身体の病気の原因を霊的なところに求めたり、カルマとかを用いたりしますが、身体の仕組みや成り立ちを細かく見るところが抜けていたりします。

人間は、心を持った頭脳を携えた身体のことを言うのではないように思います。いかに生きるか、どう生きるかという、その人らしい流れのような目に見えず、感じることのできないものの中に存在していると思うのです。
魂…というと、わりと馴染みやすい言葉ですが、魂だとちょっとイメージが違うのです。1人に1つ…みたいなイメージになると思うんですよね。それはちょっと違います。なので、ここでは「霊性」という言葉に慣れて欲しいと思います。
ちなみに、「霊界」いいう意味ではないですよ。
この世の身体と、魂の状態、その人らしさそのもの、それらを全て含んで、霊性と言います。

よくお見掛けするのですが、健康に生活したい、健康になりたいと、規則正しい生活を心がけ、食べ物・飲み物に気を付け、適度な運動と、ストレスの発散、また精神的にもポジティブに考えるように努力しているのだけど、虚弱体質がよくならないとか、疲れがなかなか抜けない…という方は結構いらっしゃいます。なぜならそこには、霊性からみた視点が抜けているからなのです。

「霊性」という言葉は、キリスト教の教えの中にもあるのですが、ここでいう霊性とは、全く違うものです。その人がもっている性質・性向(性質の傾向・気立て)のようなもので、善し悪しで判断できることではなく、誰もがもっているものです。また、神様がいるか、いないかに関係なく、誰にでもあるものです。なので、どちらかというと「日本的霊性」という言葉を使うといいのかもしれませんが、ちょっと長いので単に「霊性」と呼びます。

肉体と精神と霊性とは、簡単にいうと次元の違うところで成り立っています。
霊性は、プラーナと呼ばれる生命エネルギーでのみ感じることが出来ます。
プラーナは、ヨーガで使われる言葉です。ぜひ慣れていただきたい言葉です。

プラーナはすべての生き物に存在しています。プラーナが存在しなければ命は存在しません。プラーナが健全であれば心身ともに健全でいられますが、プラーナが乱れると、不健全な状態になります。ひどくなると病気になってしまいます。
体や精神面にいいことにプラスして、プラーナの流れが健全になるようなことも取り入れないと、健康にはなれないでしょう。

また、人生の流れでも同じようなことがいえます。物事がうまくいかない、なんだか悪いことばかり起こる…というときは、頭で考えて、計算して、どんなに頑張ってもうまくいかないものではないでしょうか。プラーナの流れを考えなければ、満足のいく状況にはならないこともけっこうあります。
健康な生活や幸福な生き方をしたい…、今の苦しみから抜け出したいと思うなら、プラーナについて知ることが大切です。

さて、プラーナを乱し心身そして霊性を不健全にする一番の原因となるものはなんでしょうか?
簡単に言ってしまえば、「あらゆる病気の原因になるトップ」ともいえるもの…
それが、インナーチャイルドです。

くるりんでのインナーチャイルドは、幼少期のトラウマだけにとどまりません。なので、癒しも簡単に出来るものばかりではなく、とても時間も手間暇もかかるものが多いです。
その癒しの中で、イメージで過去のトラウマを癒すということも重点的にやっていきますが、その時に一番大切なことは、気が付くことと、インナーチャイルドへの共感とも言えます。しかし、そこで自己肯定感の欠如、自己卑下がとても大きな壁になり、前に進まなくなります。その壁を突破するための2つの勉強会を用意しました。

身体とこころと霊性の成長とは

この勉強会は、ただ知識として聴いていただく内容ではありません。自分の生まれ育った状況と照らし合わせていただくことで、参加していただいた皆さんが過去を旅することにもなります。また子育ての参考にもなるでしょう。最終的には、死後の成長についても話していきます。生まれ変わりについての学びにもなるでしょう。そこまで学んでいくと、生きるということは、どういうことなのか…ということが見えてくるかもしれません。
なぜ、わたしは生まれてきたのか…?なぜ、人は生きるのか?そうしてこんなにも苦しいのか?
そういった答えようのない問いへの、答えが見つかるかもしれません。
そしてこれからどう生きていけばいいのか…。そんな、過去から現在・未来へと続く旅になるでしょう。

期間は特に決めていません。進み具合も参加者によると思います。少しずつ深まっていく内容にしていきたいと考えております。
私も皆さんと一緒に旅をします。受精卵1つから始まる、広大な旅になります。

パステルゾーンで生きていくために

自己肯定感を高めるための勉強会です。出来ればワークを多くしていきたいのですが。
自分が育った過程で、また生きる過程で、自己肯定感を獲得できなかったのなら、今自分の力で獲得していきましょう。
人は、自分に自信を持てないと、物事の尺度を自分以外のものに求めます。例えば、「世間ではどう」とか「私の家ではこうだ」とか「会社では」とか「学校では」とか「ご近所が」とか「夫がこうだから」とか「子供がこうだから」とか…。そして、正しいか正しくないか、誰が間違っているか、白黒はっきりさせたがります。だれが悪いのか、自分が悪いのか、相手が悪いのか、どちらかになりがちです。しかし世の中、そんなにはっきり割り切れるものは少ないです。立場によって、状況によって変わります。そのことをよく「グレー」とか「グレーゾーン」という表現をしますが、ちょっとダークなイメージですよね。それで私は「パステルゾーン」と名付けたいと思います。パステルゾーンで生きることができればとても気持ちも軽やかに、楽しく生きられると思うのです。でも先ほど書いたように、人は理由があって白黒はっきりつけたいのですよね。そうすると、それをあいまいにしておくのは、とてもつらいことではあると思います。はっきりしない、根無し草になったように感じると思います。
パステルゾーンで生きるための最低かつ必須条件は、忍耐力と自己肯定感です。その2つを養っていけるような勉強会にしたいと考えています。



くるりんへのお問合せ
くるりん事務局

インナーチャイルドを癒すために

今日は久々のお天気…でも薄曇りって感じで、おひさまの姿は見えませんが…慌てて洗濯機を回している、生き方コンシェルジュくるりんです。

くるりんのインナーチャイルドの癒しでは、「分析」という手法を使います。
そして、イメージの中で、癒していく「イメージ療法」と、実際の言動を意識して変えていく、「行動療法」の2本立てで、内面と外面の両方からアプローチしていき、定着させていきます。

イメージ療法まで取り組んでいる方は、うすうす気が付いていると思いますが、どうもうまくインナーチャイルドが納得してくれない、癒しがうまくいかない…と感じている方も多いと思います。
そして、「そんなイメージで癒すなんて無理なんだ…」って、諦めて他の手段、手法を模索する方も多いです。
それはそれで、どんなアプローチでも、上手くいけばいいので、癒すということが目的であれば、いいと思います。

ただ私が思うには、このインナーチャイルドの癒しの手法には、癒しにとどまらない、いろんな意味が隠されていると思うのです。
だからこそ、そう簡単にはいかない。しかし生きる上で、欠かせない基本中の基本のメソッドが隠れていると思えてなりません。
なぜなら、インナーチャイルドの癒しがスムーズにいかなかったおかげで、いろんな苦手が克服できたのですから。
この癒しの手法は一足飛びには、いきません。自分に足りないアイテムを1つ1つ苦労して身に付けていかなければならないのです。

しかし自分になんのアイテムがあって、なんのアイテムが足りないのか?どれほどの人がわかっているのでしょうか?
筋トレなんかを考えてみるとわかりやすいでしょうか?
ただ漠然と筋肉を付ければいいやって、運動をしても効果もありませんし、長続きもしません。
健康維持のためなのか、なにかのスポーツをやっていて、強くなりたいからなのか、転倒防止なのか…
それによって、つける筋肉が違うと思います。
インストラクターはそのことを知っているので、なんのために、ときき、その人の弱いところを見つけ強化していくようなプログラムをくむでしょう。

インナーチャイルドの癒しも近いところがあります。
自分の生育状況の中で、どの年代でなんのアイテムを身に付けそこなったのか…。
そこを補っていくのに似ています。

どの親も、全ての面で完璧に子供に必要なものを与えられる親はいません。
発達の過程をみてみると、「普通に生活してたら無理じゃん」って思えます。母親だけで、5人は必要かもしれません。
またその人自身のもって生まれた気質もあり、得意なこと不得意なこともあります。
だから、親から完璧に与えられたとしても、全てを身に付けることは不可能なのです。
でもどうも、そうなると、親の立場の人は「自分の育てかたが悪いのか」とか、子供立場だと「こんなに親がダメなやつだったのか」と自分や親を過剰に責める気持ちになってきたり、みじめな気持ちになってきて、辛くなるようなんです。

それって、そもそも、「完璧であるはず」「完璧でないといけない」ってことじゃないですか?
そして、完璧な母親・父親にならなきゃいけない…って思っちゃうのですよね。
なんだか、生きるのって、しんどくて、「やってられるか~!」ってちゃぶ台ひっくり返しそうです。
筋肉とか身体だと、「この辺弱いですね」と言われても平気なのに、家庭だと完璧で当たり前って思ってしまう…。う~ん。

インチャイルドを癒すためのイメージ療法のポイントは、共感とコミニケションです。共感するために、その子の状態を知っていないとできません。自分だったらこう感じるだろう…は通用しないんです。
「え?自分なのに????」って思いますか?
でも幼少期のことを少し振り替えってみてください。
親がこれがいいと思って、やってくれたことや言ってくれたこで、傷ついたり、「わかってないんだ」と悲しく感じたり…してませんでしたか?親が慰めるためにかけた言葉が、的外れだと感じたことは無かったですか?
インナーチャイルドを癒すときに、それと同じことしていませんか?

自分自身であっても、大人と子供では、見ているし視点も違いますし、感じかたも違います。
そもそも身長が違います。こころの発達によって、同じ出来事でも受け止め方が違います。
発達段階による感情の理解とか無くしては、実は、本当の意味での共感はできません。
ある程度、相手の立場や状況を理解していないと、共感って難しいのではないかなぁって、思います。
私も、「こういう気持ちかな~」って思ってイメージ療法をやっても、なんか納得感もなく、具合まで悪くなってきて…
でもその年代の、発達の段階を読んでたら、「あれ?こういうこと?」と、大人の目線では全く気が付けなかった子供の気持ちがあるんだと、わかり、再度やってみたら、スッと楽になったころも多かったです。
特に赤ちゃんの頃のことは、想像しても想像しきれません。いろんな可能性でなんともチャレンジして、数年かかりました。

だから、発達の段階って理解することは、とても大事だと思うんです。
お子さんがいる方は、母親教室なんかで、ある程度学んだかもしれませんが、まだまだ学ぶことはたくさんありますよ。
来月から始まる、講座では、プラーナの視点を含め、その年代でそのようなインチャが生まれやすいか…というのも、いろんな例をだしながら、話をしたいと思っています。



身体とこころの成長とプラーナ

連続講座になりますが、個別での参加でも大丈夫ですので、都合のいい時にご参加ください。
お申込みは、毎回お願いします。
年内の日程とテーマについて記載します。

第1回目 身体とこころと霊性の成長とは

 長野県岡谷市クラス 9月9日(土) 10:00~12:00
 東京都東大和市クラス 9月17日(日) 10:00~12:00
 東京都東大和市クラス 9月19日(火) 10:00~12:00

第2回目 胎児期の身体とこころの成長とプラーナ
 
 長野県岡谷市クラス 10月10日(火) 10:00~12:00
 東京都東大和市クラス 10月15日(日) 10:00~12:00
 東京都東大和市クラス 10月17日(火) 10:00~12:00

第3回目 周産期と乳幼児期の身体とこころの成長とプラーナ
 
 長野県岡谷市クラス 11月9日(火) 10:00~12:00
 東京都東大和市クラス 11月19日(日) 10:00~12:00
 東京都東大和市クラス 11月21日(火) 10:00~12:00

第4回目 幼児期の身体とこころの成長とプラーナ
 
 長野県岡谷市クラス 12月9日(土) 10:00~12:00
 東京都東大和市クラス 12月10日(日) 10:00~12:00
 東京都東大和市クラス 12月19日(火) 10:00~12:00

参加費 各回 3000円

お申込み
くるりん事務局メール

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー