出産は勇者の大冒険

いろんな本では出産の状況を大人の目線、外側から書いているけどちょっと胎児の気持ちになってみようと思う。

私には胎児の記憶はない。赤ちゃんの時の記憶もない。

だから、想像しながら書いてみよう。


赤ちゃんがおなかにいるときの状況を想像してみてほしい。

40度くらいのぬるま湯の中で、自分に必要なものはすべて周りにある。

水を通して聞くようなくぐもった声が聞こえる。

いつも同じ低い声が聞こえると安心したような感じがする。

胎児はお母さんの気持ちをきっと自分の気持ちのように感じるだと思う。


でも、いつまでもそこに入れないことはわかっている。

その時を自分で選ばなくてはいけない。

準備をし、自分でそこを出なければならない。

どんな世界に行くのかわからない。

でも、自分が望んできたことは知っている。


そして、その時が来た。

今まで穏やかだった場所が波打ちある方向に向かって体を押し出す。

でも、そこには出口はあるのか?

頭よりもせまい空間。

そこに向かう。

そのままの姿勢では危ないから、回転して向きを変えなければならない。

それは、自分でやらなくちゃいけない。だれも助けてはくれない。

どんどん波は押し寄せる。


向かう方向、位置を間違えると頭を打ち付けたり、どこかが引っかかって時間がかかって苦しくなる。


そして、意を決してその穴に向かう。

ぐいぐいと押し出される。

苦しい。息ができない。

いつまで続くかもわからない、出口があるかもわからないトンネルをひたすら進み続ける。

そして、今まで感じたことのないコウコウと明るい広い空間。

(気温は28度くらい)

寒い。何かを鼻から押し込まれ、初めて腹の底から声を出す。


おぎゃ~!


「おめでとうございます」って声が聞こえる。



どの人もそんな経験をしている。

生きるか死ぬか…。

まさに、出産は胎児にとって、勇者の大冒険だ。

人は生まれたからには、こんな冒険を誰でも経験している。

難産だったなら、なおさらものすごい冒険だったろう。

人は誰でも昔、勇者だった。

だから、大丈夫だって思う。

スポンサーサイト

子供の具合が悪い時

この季節、喘息とか、うつとかの方には辛い時期かと思います。

また小さいお子さんも、熱が出た、鼻水が出た、咳が出た…とお母さんにとっては、ハラハラドキドキの季節。


でもね、ちょっとした熱、ちょっとした鼻水、ちょっとした咳は、自分の力でやらせてあげてください。

自分で免疫を獲得する大切な訓練です。

なるべくそっと、見守ってやってください。


1時間ごとに熱を測っていたり、食欲はあるかと食べる間ずっと見られていたり…。

お子さんは気が気ではないと思います。

リラックスできないと思います。

そして、自分にたいへんなことが起きているのではないかと、不安になります。

お母さんがそんなに心配しているってことは、自分にはこの熱を、この咳を、この鼻水を乗り越える力がないに違いないって、自信を無くしてしまいます。


そんなことを何度もくる返しているうちに、子供はどんどん自分の力ではなにも改善できないと信じてしまいます。

将来は、自分では何事もできない、言われるままにやる、マニュアルがないと動けない、そんな大人になって行ったりしそうです。


でも、親なら心配になるのは当たり前です。

とくに一人目のお子さんだと、お母さんだって初めての経験。

私もそうでした。家庭の医学をひっぱりだしては余計不安になってしまい、どんどん大きな病院に連れていっては、お医者さんに「このくらい大丈夫ですよ」って言われてましたもん。

なので、病院に連れていったほうがいいのか、様子をみててもいいのかの、なにか目安があると安心ですね。

私がいいなぁって思った本を紹介させていただきますね。


子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻」 1万年堂出版


イラストもかわいいし、わかりやすい(*^o^*)。

あぁ、この本がうちの子が赤ちゃんのときにあればよかったなぁ。




見守る、そして、学ぶ

子供を育てるってホント大変な仕事だ。

なんたって、自分自身、完璧な大人じゃない。

まだまだ未熟で、子供よりも子供っぽのに。


いろんな本が出ていて、ある本では子供は褒めて育てましょうといい、ある本ではきちんとしつけましょうといい、またある本では、あるときは褒め、あるときはしかるってことが大切だっていう。

うんうん、言いたいことはわかる、その通りだって思う。

でも、いざ、自分の子供が目の前にいて、なんかやらかしたとき、じゃぁ、ここで、どういう態度を示せばいいんだ…とかどう言えばいいんだってのに、なんか使えない。

子供は本の通りの反応はしてくれないし、自分はすでに冷静ではなくなっているし…。


理想通りにできたと思っていても、自分の価値基準の中でやっているから、本が言わんとしていていたことと、なんかずれて来ちゃう。

だいたい、こう考えたら、こうすればいいですよ…なんて、言われてできるくらいだったら苦労はしない。


いろんなお母さんのお話を聞いていても、状況も環境も1人1人違うし、アドバイスも違ってくる。

マニュアルってわけにはいかないなぁって思う。

自分がやってもらったことが無いことは、すぐにはできない。

逆に、自分が常にされていたパターンが条件反射のようにでてくるから、それを変えるのは難しい。


そんなこんなで、私も不器用ながらも、母親業をやっているんだけどね。

最近、思うこと…


前にも書いたように、人は、成長するのが本能のようなもの。

伸びるに任せるってこともあるんじゃないかって思う。

それは、放任するのとも、やりたいようにやらせるのとも違う。


見守り邪魔しない…。

大人の狭い価値観にはめるのではなく、子供がどんな価値観をもっているのかまず観察してみる。

興味を持ってみる。

そして、一度自分の価値観を取っ払って、どう思うか考えてみる。

ここがポイントだけど、自分の判断で、あぶないとか、いけないとか、そういうことをまずは脇に置いてみる。

そして、子供の考えが正しいとすると、自分はそれをやってみるとか自分自身に置き換えて考えてみる。

そうすると、意外と楽しいことだったりするかもしれない。

なんてったって親と子供は世代が全く違う。その若い価値観を一度受け入れてみる。


そんなことを常にしていったら、親自身の価値観の広がりが出てくんじゃないでしょうか。

そして、自分の中の意外な発見、例えば、こんなことが好きだったんだとか嫌いだったとか、そんな、自分自身の発見があるかもしれない。

自分一人ではできなかった価値観の広がりで、自分自身が成長し、世界が広がり、もっと楽しい生き方を発見できるたりする。

なにより、こだわりが少なくなり、自分が楽になっていったような…。


もちろん、ほんとに悪いこと、危険なことはダメなことはダメって伝える。


それでも、子供の「どうしてダメなの」に答えられないことって、けっこう多かったりする。

子供の「そうしてダメなの」に一生懸命考えることで、親は子供に大人にしてもらうのかなぁ。


ということは、結局、子育って、「どうすればいい」という結果を求める仕事ではなく、四苦八苦、試行錯誤すること自体が仕事なんじゃないかって思う。

だから、こんなときどうするとか、どういうとかの結果は十人十色。

それよりも、どう考えどう感じたかの過程が大切なんだなぁって思う。

そして、子供から学べることはたくさんあるぞグッド!って思う。

どう子供と向き合うか

インナーチャイルドを学んでいると、お子さんがいる方は悩みます。

それまでの子供への接し方、正しいと思っていた、子供のために良いと思っていた子育てが違っていたかも知れない…。そんな悩みにぶつかります。

場合によっては、もう取り返し勝つかない…なんて思って絶望的な気持ちになるかもしれません。

そして、自分の子供にトラウマにならないように、インナーチャイルドを作らないように、どう接したらいいか、

そして、理想の親になろうとします。

でもね、そこにも実は自分のインナーチャイルドが隠れていたりします。


そもそも、インナーチャイルドを作らない子育て、トラウマがない子育てなんてあるでしょうか。

なんか、子供を病気にかからせないで、なるべく無菌状態で育てる…というのと似ている気もします。

そこに、親の価値観、すりこみ、思いこみ、こだわりets.…が隠れています。


『大切な子には旅をさせろ』というのはどういう意味でしょうか。

お金を出し、どこかに行かせることだけが、ここでいう『旅』でしょうか。

今まで親の保護下にあった子供が、親が手や口をはさまず、自分の力でなにかを判断する…

それだけで、子供にとっては冒険ではないでしょうか。

いままでだったら、友人とのトラブルでも、お母さんが自分のことのように考え解決の糸口を見つけてきた。

それを自分でやれと言われたら…

失敗するかもしれない、二度と取り返しがつかないかもしれない、皆に嫌われていじめられてしまうかもしれない…自分でその結果に責任をとらなければならないという重みに、足がすくむかもしれません。


そばでみている親も気が気ではないですよね。

あ~、もう、こうすればもっといいのに、なんでそうかんがえちゃうの…

いろいろ経験しているだけに、もう心臓がいくつあっても足りない思いをしなければいけませんよね。


まぁ、私も、ほんの2~3年前までは、心配するのが親の務め、間違ったことをさせないように、注意事項を与えたり規則を与えるのが親の仕事…なんて思ってましたからね。

もちろん、周りからはしっかりした親とかきちんとした人とか見られてましたよね。

普通にある価値観…ということでしょうか。


ある程度はやる必要もあります。

みすみす命の危険にさらすこともないですから。

また、放置や放任するのと、手や口を出さず見守ることも違います。

結果を求めず、失敗してもいいから、自分の考えでやらせてみる。

そして、失敗ととらず、どう修正したらいいか、またがんがえて行動する。


そこで得た納得のいく結果は子供にとって、何事にも代えがたいのではないでしょうか。

まぁ、言い悪いではなく、何事もバランスが大切ですよね。


病原菌にたいする抵抗力もそうですよね。

赤ちゃんのときから、ちょっとずつ触れることにより、腸内細菌も充実し、抵抗力も少しずつついて行くんですよね。

初めは鼻水だらしたり、下痢したり、熱をだしたり、発疹を出したりと、ちょっとした菌にも反応して大変ですが、少しずつ強くなると思います。


そうして、一人で生きて行く力、…自立の力が少しずつついてくるんではないしょうか。

3時間授乳からやっと、子供の面倒を見ることにも慣れてきて苦にならなくなった時期から、今度は子供を手放す試練が待っている…。ほんと、親って大変。ヽ(;´Д`)ノ


さぁ、お母さんもある時期がきたら子離れできるよう、そしてお父さんとまたラブラブデートができるよう、女を磨きましょうか。

子供のことばっかりみてちゃだめですよ。たまにはお父さんのことも、かまってあげましょうね。('-^*)/

癒しのヒント…自分の価値観を書きだそう

人間は年とともに、成長していくものだと思います。

年を重ねるごとに深みが出てくるものでしょう。

世界が広がると目線が変わり、物の見方が変わる。


だから、自分にはこれが大切と、これが正しい…と思っている価値観が年齢とともに変化する…

というのが、自然な流れだと思います。


以前と価値観が変わった…というのは、自分の成長の目安にもなります。

でも、自分はこれこれの価値観をもっていると、明確に自覚している人は意外と少ないようです。


なので、まず、自分はどういう価値観を持っているのか、ということを自覚してみましょうか。

まず、自分にとって大切なもの、正しいもの、生きがい、価値あるものはなにか、というのを書いてみましょう。

人によってはお金、家族、子供、親、会社、趣味…。

もしかしたら、自分より裕福な人から奪うことが自分の幸福と考えているかもしれません。

もう、こんな世の中は破滅したほうがいいとかんがえるかもしれません。

いま、食べることが何より大切、とか、生き延びるのがなにより優先ということになることもあるでしょう。


誰に言うのでもないので、ここは自分に正直にね。('-^*)/


それから、自分にとって、価値あるもの、大切だと思うものを、すべて挙げてみましょう。


これは、とりあえず置いていきます。

そして、半年に1回とか1年に1回とか、同じような作業をして、前のものと比べてみます。


変わってますか?

変わってないですか?

人によっては、親とまったく同じ価値観、いやいやおじいちゃんもそうだった…

ということに気が付くかもしれません。


秋の夜長三日月…、独り静かに今の自分と向き合ってみる…というのも、なかなか乙なもんかもしれませんよ。

私の場合は…っと

前回の、続き…

http://ameblo.jp/sigara/entry-10650899134.html


私が、自分の価値観を見つめようと本格的に思ったのは、3年前。


自分の幸せってなんだはてなマーク

何のためにいきているんだはてなマーク

自分は何を大切と思って生きているんだろう…はてなマーク


しかし、なんと初めはまったくの真っ白状態…ドクロ

ショックでしたね~。

流されて生きているだけなのか?


で、いろいろ本を読み漁り、私に会うなって思ったのがこれ。


信楽(sigara)えむのルンルンブログ-定時に帰る仕事術 (ヴィレッジブックス) [文庫]

別に自分で有能だって思っているわけじゃありませんわよ。べーっだ!

「定時に帰る…」って下りにもう目が行って、目次とまえがきで内容をチェック。


もう、これね、言われつくされていることだけどね、実際やってみるってことが大切なのよね。

(これはあくまでも、その時の私にあっていたもの。自分に合うものを見つけてね。)


そして1週間、仕事も上の空で自分を見つめたなぁ。

あれ?1ヶ月かもしれない。

もう昔のことだから忘れちゃった~~~。


で、その時の、3年前の私の価値観。


『会社の仕事をがんばって、世間や、家族や周りの人に、優秀だって認められることが自分の幸せ』

だから、給料が高くなるのが目標じゃなくて、会社の評価として、給料がいいことが私にとって大切なこと。

評価は人から高く評価されて、やっと価値がある。

自分が頑張ったというのは関係ない。結果を出してこそ、自分の価値が上がる。

個人の感情は二の次、大切なのは今の状況をうまくやること。

やりたいやりたくないは関係ない。

どうせやるなら楽しいと思ってやる。

個人の余暇とか楽しみとかデートとか友達付き合いとか…そんなプライベートは仕事で時間と余力が余ったらやることで、あったほうがいいけど、2番目3番目にくる。

仕事こそが生きがい。我が人生。

それで、家族サービスができなくても、そのお金で生活しているのだから、我慢してもらうより仕方がない。

恋愛?時間があったらすればいいんじゃない。

もちろん、仕事が残っているのに、残業しないでデートなんて言語道断。


というものでした。

もちろん、20代は企業戦士でしたよ。

余暇は仕事関係の本を読むか寝るか、関係あるイベントに行くか。


個人が持っている価値観は良い悪いではありません。

もちろん、年齢とともに体力気力ともに落ちるもの。

ずっと同じってわけにはいきません。


少しずつ変わっていくのが成長ってもんだって思います。

その時によって幸せの条件が変わるってことも、自然なことだと思います。


さぁ、皆さんはどんなもんでしょうか。

では、グッドジョブグッド!

今日のイライラ日記

今日、私がイライラしたことは…


雨が降って、洗濯ができない。

たくさん溜まっているのに…イラッ( ̄∩ ̄#


切符を買う時に、何度も100円玉が戻ってくる。

…イラッ( ̄∩ ̄#


バスに乗ろうとしたら、2分前に行ったばかり。

電車にしようとしたら、発車するのが見えた。

…イラッ( ̄∩ ̄#


こんな感じです。

で、イラ度により、点数を付けるとよりわかりやすいです。

5段階評価にして、イラ1 イラ2 などと付けてみたりします。


まぁ、最近あまりイライラすることも少ないので、今日の内容ではイラ1位でしょうかね。

ちょっと、気持ちを切り替えると治まる程度です。


あっ、なんの話かと言うと、下の日記の「感情の乱れ日記」のことです。


インナーチャイルドの癒しのヒント


読んでない方はできれば、初めから読んでいただくとうれしいです。(´0ノ`*)

体から癒す

前回までは、人生の法則ってありそうだなぁっていう話と、インナーチャイルドの見つけるための分析の仕方の一部を紹介させていただきました。

ここまでは一気に書きあげたかったので、一杯真面目に書いてみましたが、ここからは、きままに書いていきますので、ちょっと、とりとめないかも…。


さて、今回は…っと。


心と体は一緒ということで、体面からのアプローチにて…。

インナーチャイルドは、心を固くし体をこわばらせます。

リラーックス、ゆるゆる~~というのが苦手。

まずは、体からゆるめましょうか。


特に首や肩、背中がぱんぱんにこっているわ…という方。

自分のこだわりが心をこわばらせ、体をこわばらせているかもしれません。


スキンシップって大切なので、ハグって大切ですし、相手を思いやりあうようなセックスも大切。

それから、本当に信頼できる方の施術を受けることもいいと思うんです。

特に人に対して緊張しやすい方は、マッサージなどの施術で、かえって緊張してリラックスどころではなくなることも多いので、人がどうこうより、自分が本当に合うと思う方を探してくださいね。


暖かい気持ちで、優しく包んでもらう、体をいたわってもらう、大切に扱ってもらう…

という体験は傷ついた心を癒してくれるのではないしょうか。

インナーチャイルドの癒しのヒント

小さい時のトラウマ、バーストラウマ、前世のトラウマ…。

なにも、そこに直接アクセスしなくてもいいです。

思い出せない、覚えていないにはそれなりの訳があると思います。


まだ、癒す時期ではない、まだ、乗り越えられるまでの力が付いていない…ってこともあります。


今の自分は過去の積み重ねの連続としてある…と考えると、今の自分から、過去のトラウマやこだわりの素を分析することができるということです。

また、繰り返していることはすでに、自分の身について普通になっているので、なかなか自分で気が付くことができないもんです。

日々の人との関わりから、気づくきっかけがつかめます。

自分で気が付いていける、自分で割り出せる…ということは、自分の力で、癒せる、成長していけるということでしょう。

それに、人から与えられたものよりも、自分で苦労して手に入れたものは、もっと大切にできるんじゃないかと思います。そうして手に入れた幸せはそう簡単には手放さないでしょう。


でも、一人で最初から最後までできるかっていうと、それは難しいかと思います。

余計な手を出さずに見守り指導してくれる方の元で進めていくのが望ましいでしょう。

相性とかもあるでしょう。

まわりの評判や評価にまとわされずに、自分の価値観や感性に合う方、信頼できる方を探してくださいね。


さて私が、初めに皆さんにやっていただいていることは、自分がどのようなときにどのようにどのような負の感情を持ちやすいか…ということを認識してもらうことから始めます。

そこにインナーチャイルドがいるからです。


負の感情は大きく、「怒り」「悲しみ」「恐怖」の3つに分けられます。

すべての負の感情はこの3つに必ず当てはまります。

たとえば、大丈夫かと不安になったときは「恐怖」

これはこうしたほうがいいのになぜやらないんだと、批判があるときは「怒り」

緊張をしたときは「恐怖」

などとなります。


負の感情が出てきたときを「感情の乱れ」といいますが、感情の乱れには必ずインナーチャイルドが潜んでいます。

まずは、自分が乱れていることに気が付くことを認識し、それがどんなときにでるのかを見つけて行きます。


では、まず、専用のノートを用意しましょう。

「感情の乱れ日記」とでもしますか?

渋すぎ~~~~シラーって思う方は、なんでもいいですので、考えてみてくださいね。


そして、イラッと来た時、悲しいと感じたとき、不安や緊張=つまり恐怖を感じたときに、その時の状況と自分の心の動きを書きます。

それを、日々「ん?」っと思ったときに、ちょこちょこ書いていきます。

書きためます。


それが、20個とか30個できればそれより多く50個と、集まってくると、なんか自分のクセが見えてくると思います。

それをグループ分けしてみてください。

けっこう似たようなところで、いらついたり、悲しくなったり、不安になったりってしているのがわかると思います。


これをするだけで、次はなにもいわなくても自分でなにかに気が付き、見つける方も多いです。


さぁ、公開できるのはここまでです。

それからは、個別のレッスンになっていきます。

全部のやり方を先に教えてしまうと、結論を急ぎすぎて、空回りすることのほうが多いので、その方のペースでお伝えてしています。


癒しのやり方はいろんなやり方がいろんな本に載っているので、とりあえずそれにトライしていただいてもいいと思います。


この書き出すというやり方は、一見簡単すぎて、「なんでこんなアホなことやんなといけないの?」とはじめは反感を持たれる方も多いですし、日々の生活の中でやることなので、面倒でなかなか始められない方が多いことも事実です。

しかし、ほんとうにパワフルです。

頭で理解しても本当にダメで、とにかくやってみないとそのパワーには気が付けないと思います。


この前お笑い芸人のイモトさんのモンブラン登頂をテレビ番組でみました。

ものすごく苦労し、限界を超えて登り、そこでみた山頂の景色。

でも、山頂の景色はヘリコプターでは5分で行けてほぼところから景色を見ることができます。


書き出しの方法は徒歩で一歩一歩進む方法なので、時間も手間もかかります。


さぁ、どちらの景色を見たいですか?(o^-')b





インナーチャイルドとは?

さて、インナーチャイルドの癒し方の前に、インナーチャイルドとはなにか…

ということをっざっくりと書いてみようかと思います。


もっと詳しく知りたい方は、下記の本を読んでみてくださいね。

「インナーチャイルドが叫んでいる」由井寅子著

「インナーチャイルド 本当のあなたを取り戻す方法」ジョン・ブラット・ジョー著

  etc. その他いろんな本がでています。


その人本来の魂は、「完全なる自己」「純粋なる愛」という素晴らしい存在です。


でも、後天的にいろんな影響を受けます。

 ・おなかにいるときの両親の状況や心理状態の影響。いわゆる、胎教と言われるものです。

 ・母親や父親の価値観の影響。

 ・地域や教育などの影響。(地域によって、常識が違うって割とあるよね。)

 ・ご先祖の方々の価値観やトラウマ等の影響。(やけに心配性の一家とか)

 ・その他もろもろもろ…


その後天的な影響がものすごく強いと、自分自身を見失ってまるで無いように思ってしまいます。

大人になるとか、成長するというのは、いかにこの自分自身を見つけ、大きくし、後天的な影響を少なくしていくか…になります。

でも、それは、親の言うことを聞かずに自分勝手に生きる…ということとはまったく違います。

本当の意味での自立を目標とします。なので、自分の力で生きる力を付けるとか、そのために自分の判断でいろいろやってみる(=いわゆる苦労してみる)ということになります。

そのために、足かせとなっているものを自分ではずして行く作業ともいえるかもしれません。


そうしてインナーチャイルドが癒されてくると、本当に親の苦労がわかって心から感謝ができる、自分を傷つけてきた親だけど愛することができる、そして本当の親孝行ができる、ということになるのではないでしょうか。

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」ということばがぴったりかなって思います。


そして、いろんな足かせが少なくなり、どんどん自由に生きて行くことができる。

思ったことを形にできる力、創造する力が付いてくると思うんです。

そして、いろんなことに対して臆病になったり、気おくれしたり、緊張したりしなくなってくるので、生きることが楽になってきます。


そうすると、考え方も前向きになり、人も物事もどんどんいいことが引き寄せられてきて、いわゆる、運が良くなってくるようです。

自分が変わるとまわりが変わってくる…

なんか、考えただけで、楽しくなってきませんか?



09 | 2010/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー