「愛してます」

またまた、続きで今回は、「愛」や「愛してます」と言う言葉についての考察を書いてみます。
よく、街角で「神は私たちを愛してます」と言っているのを聞いたことがあるでしょう。
でも、「仏は私たちを愛してます」というのは、あまり耳にしないように思います。

また、恋人同士でも、欧米の方々は、「愛しているよハニ~♡」と愛をささやきますが、最近はちょっと違うかもしれませんが、「今更口に出していえるかよ」と、日本人には馴染みがない言葉です。

では、愛が無いのかといったらそうではありません。
それに変わる馴染む言葉を探そうと思ったのですが、あまり思いつきません。
日常会話だったり、ちょっとしこと、また、相手にはわからないようにその人のためになることをしているとか…。
みんなが使う、建てつけの悪いドアを直しておく。それについてわざわざ言わないとか…。
朝早く公園や公道の掃除をする、ごみを拾うとか…。
ほめられたいとか、役に立ちたいということではなく、ただ、必要と思うことを行うだけ、そして喜んでいる姿を見て自分の喜びとする…それは、本当の意味での利他的行動です。
また、家族や友人やパートナーが、ただそばにいて入れることだけで、愛を感じられる。
そういうところに、私たち日本人は愛を感じていたのではないでしょうか?

日本人の文化では、愛を与えたり、与えてもらったりすることではなく、そこにあるもの。すでに、あるもの。そこいら中にあるもの、どこにでもあるもの、空気のようにあるもの…というとらえ方をしていたのだと思います。
だからすべてのものに神様が宿るという考えの神道が土着の信仰としてあったのだと思います。
自然そのものが、私たちそのものが、生きているすべてものが、無機物でも存在そのものが、すでに愛なんです。
だから、当然あるものだから、口に出して言ったり、確認したりする必要がなかったのでしょう。
すべてのものを敬い、惧れる心。
すべての人が尊いから、優れている必要はなく、一人抜きんでる必要もなく、だから輪の文化で和の文化なのではないでしょうか?

でも、今の日本には失われているように思われます。
スポンサーサイト

「ありがたい」

前回の続きで、「ありがたい」についての考察を書いてみます。
「ありがとう」は、してくれたこと、やってくれたこと、あったことについて、自分が良かったと感じたときにいうお礼の言葉。
それに対して、「ありがたい」はお礼の意味もありけど、それよりも、現在進行形という感じに思うけどいかがでしょう。それから、「ありがたい」を使うのは、自分が良かったと思うことだけではないように思います。都合の悪い事や面倒なことにも使えます。そこに「ありがたい」の深みを感じます。

ありがたいを漢字で書くと「有難い」もしくは「有り難い」です。
ある方は、
「今生きていることだけでも奇跡だ」
という意味でとらえてました。「有り難い」つまり、有ることの難しさと受け止めている方もいました。
確かに、なにか災害や事故のニュースを見聞きすると、被災者や被害者が特別に不幸な目にあっていると思いがちです。でも、私たちが生きていることの奇跡に目を向けたことがあるでしょうか?
平穏無事でいることの有り難さ。これだけ多くの車が走っていますから、道を歩いていて、ハンドルを切り損ねたり、信号を見間違えて赤信号をスピードを出したまま走る車があってもおかしくありません。それが、今の今までちゃんと生きている。朝、送り出した家族がなにかで帰らぬ人になることもないとも言えません。
嫌な事があったときは何かのせいにしますが、なにもないことに感謝をする方は少ないでしょう。
まさに生きることは有り難い、生きているだけでありがたい。

それから、「有難い」という時は、難が有るとも読めます。
人間は成長したいというのが本能。
赤ちゃんは、生まれて寝返りさえ打てない状態なのに、そのうちにはいはいをし、立ち上がり、やがて歩き出し、走るようになります。誰にも教えてもらっていないのに、なんでもやってもらっていたほうが楽だと思うのに、わざわざ自分で立ち上がり、歩き出し、自分でいろんなことをやろうとします。
それはまさに、本能です。成長したいというのが人間の本能。
ならば、どういう時に人は成長するのでしょうか?
無事…事が無い状態ではどうでしょう。人はぬるま湯につかりきった状態では成長しません。
なにか成し遂げるような人は必ず逆境を乗り越えています。また、大きな病気になってから、障害をもつようになってから、大きく人生が変わる方もいます。大切な人を失って初めて、人の痛みがわかる大人になります。
難は人を成長させます。いろんな技術も発展します。問題があるということは、問題ではなく、発展や成長のために必要なものになります。
そうすると、難が有るというのは、ありがたいことです。

山あり、谷あり。人生楽ありゃ苦もあるけれど、後から来た者に追い越されたりもして、悔しい思い情けない思いもするけど、生きているだけで、ありがたい…。
そう心から思えたら、苦しみが一切なくなるのでしょう。

「ありがとう」「愛してます」

ある方と話していて、ちょっと考えさせられたことがあったので、書いてみます。
なんの話からそうなったのかは覚えてないのですが、その方が、
「ありがとうという言葉は悲しい言葉だよ」
って言いました。
確かに、過去の事についてお礼を言っているんです。していただいたこと、あったこと、良かったこと…etc。
だから、ありがとうをたくさん言っていると、別れに近づいているようで、悲しくなってくるって。

それから、別の方からは、「愛」についてなんですが。
ある仏教系の宗教に入信されている方で、その方は、
「自分の中にある仏性についての教えはあるけど、教義のなかに『愛』という言葉は出て来ないです。どちらかというと強さを言っています。」
とおっしゃっていました。

この2人の方が示唆しているのは、何だろうと考えていました。「ありがとう」も「愛」も仏教とか神道とかには、出てこないんです。古事記もそうかな?まだちゃんと読んでいないけど。
そう言われてみると、「ありがとう」も「愛」とか「愛してます」も日本の文化に馴染みにくい言葉のように思います。

でも、私たちが馴染みのある仏教でも、お寺のお坊さんの話しでも、感謝は大切と言われます。神様も仏様も愛に満ちた存在だと認識しています。私の師匠も感謝は大切な行だとおっしゃるし、愛と自然は同じだとおっしゃっています。そうしたら、どのように表しているのでしょうか?

「ありがとう」よりも「ありがたい」というほうがしっくりくるし、愛してますという言葉よりも、愛を実践つまり、利他の視点からの言動のほうがしっくりくるように思います。
皆さんはいかがでしょうか?

勉強会参加してきました。

日々精進しています。
今月は勉強会2つ参加しました。

一つ目は「ぱどまの会のアーユルベーダ」のヴァージカラーナ講座です。

毎回濃い内容で、消化するのが大変ですが、生活に必要だと実感します。
ワークショップもあり、なかなか頭で理解できないことを、体感することができますので、集中力も持続します。
講師夫妻の夫婦漫才的話し口もなかなか見応えがありますよ。
内容はここでは詳しくお話できませんが、現在人必須の内容です。
今、募集中の講座もありますので、ぜひご参加を。

国内でアーユルベーダのこの分野を学べるのは、ぱどまの会だけです。


さて、2つ目は「自然療法サロン ピューリファイ」の「インナーチャイルド勉強会」です。
同じ講座をやっている私がなぜ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、とても広くて深い潜在意識の分野です。同じ師匠の元で学んでいますが、切り口や、違う角度からの見方も学ばせていただきたいと思い参加いたしました。いろんな分野を勉強されて、複数の資格もお持ちの講師の川瀬先生は、本当に分かりやすい例をあげて、細かい説明もあり、痒いところに手が届く感じです。宿題もがんばってやりたいと思います。

kawase1
kawase2

川瀬先生が入れてくれたハーブティーを飲みながら、和気あいあいとした雰囲気での勉強会です。
インナーチャイルドは、1度の講座で理解することは難しいです。またいろんな角度から学ぶことも大切です。私の勉強会に参加された方も、受講されるといいと思います。
北区なので、お近くの方は次回の募集を楽しみにしてくださいね。

関西地区の方は、奈良での講座があります。
新しく募集はまだないかもしれませんが、ブログをご確認くださいね。

養生院 ふるゆら

コツコツとやり続けることの大切さ

ちょっとご無沙汰になってしまいました。
ある方から聞いたお話ですが…。
私のところにくると、(それは勉強会だったり、個人レッスンだったりするんんですが)、「書く」「書き出す」という宿題を必ず出されます。
特に、毎日続ける、自分の観察日記はずっと続けるように言われます。
(詳しく知りたい方は、勉強会か個人レッスンに参加してくださいね)
でも、なかなか続かないのが現状です。
ノートを買って終わってしまう方もいます。

でも、学生時代に、厳しい受験勉強をした方は、ひたすら書くという単調な作業に慣れているためか、続きやすいように思います。そう考えると受験勉強も実際の生活に役に立つとも言えます。勉強の内容云々より、勉強する習慣がつくのはいいことかもしれません。

話しがそれましたが、そうですね、私のところに来初めて2~3年になるでしょうか、1日も欠かさず観察日記を続けて来た方がいらっしゃいました。その方がおっしゃっていたのですが、
「先生、ただひたすら書き続ける、これが先生のよくいうコツコツなんですね。ひたすら書き続けてそれで初めて気づけることがあるんですね。書いた内容とかそういうことではなく、いままで、逃げてきた、見たくなくて無意識に避けていた事に、なぜか腹を据えて向き合えるようになったんです。言葉ではうまく説明できないけど、ストンと腹に落ちた気がします。今まで頭で理解して、すっかりわかっていたつもりになっていたことが、そうではなく、実際に行動できて初めてわかったことになるということが分かりました。先生が前に、理解することでは結局やることが大切なんだよねって言っていた意味がわかりました」
とおっしゃっていました。

そうです。一見なんの意味もないように思うことを、ただ言われるままに、どこに進んでいるかもわからないままどんな結果がでるのかわからないまま、コツコツとやり続けること…それが一番魂を成長させます。
ご家庭の主婦の家事なんかもそうですよね。
なにをコツコツやるかは、また人によっても違います。
また、コツコツやっているつもりが、ま逆の結果になっていることもままあります。
なので、魂を成長させるためには師につくことが大切になってきます。

魂を成長させて初めて、自分の中のインナーチャイルドを癒すことができます。
なぜなら、幼い心を癒せるのは、大人の心にしかできません。魂を成長させないと、幼い心のまま幼い心に向き合うようなもので、その心を理解し賛同することはできるけど、癒すところまでは難しいです。
自分の中のインナーチャイルドは、自分の中のことなので、人任せにすることもできません。
ひたすら自分で向き合うしかありません。

実は、コツコツやり続けるというのは、シンプルだけど地味で目立った結果も見えないので、なかなか続くものではありません。自分のアレンジを入れて、ちょっとでも楽にとか、オリジナリティを入れたり、変化をつけたくなります。そこをひたすら我慢して、同じ繰り返しを毎日毎日何年も何年も続けていく…
それにはかなりの忍耐が要ります。
そこをしっかりとそばで見守っていてくれる、脇道にそれないようにじっと見守っていてくれる、でも、自分でやるように手出し口出しはしない、その人が真に自立できるように導いてくれる…そんな師が必要になってきます。

「冷暖自知」を知り、魂の成長まで導ける師を見つけることは自分にとって一生の宝となります。

なかなかそのような師に巡り合うことは難しいかもしれませんが、まずは、生活の中で地道に誰に知られるともなくできるコツコツをしてみましょう。

たとえば、
・トイレを掃除する
・茶碗をあらう
・玄関を掃除する
・靴を脱いだ時にきれいにそろえる
・日記を書き続ける
・運動をする
・早寝早起きをする
などいろいろあります。やっていないことをひとつ取り入れて、やり続けてみましょう。
必ずひとつずつです。
何事も欲張ってはいけません。

混迷の時代を生き抜くキーワード…霊性・プラーナ・価値観のシフト

新しい年が明けました。あなたは、どんな気持ちでスタートしましたか?
昔は10年ひと昔と言っていましたが、変化のスピードが増し、2~3年で世の中が変わり予測不能な世の中となりました。昭和世代の私としては、世の中の流れについていけてないように思います。

何が正しくて、なにが良くないのか?
何が楽しいのか?
何か素敵なのか?
何がすばらしいのか?
どんな仕事が、どんな会社がいいのか?

自分が何が心地いいのかも感じる暇がない位、流行は変わり、業種やお店や会社の繁栄衰退も激しく、ただ流されるように生きていくのが精一杯…。
貧しくて、いろんなことが今と比べると不便だったけど、お金を稼ぎ、物が豊かになれば幸せになると信じて、ただ一生懸命に生きていた昭和を懐かしんでいる風潮はなにを表しているのでしょうか?

なんでも安く買える、思ったものが手に入る…昔から見たら、魔法のような世の中で、閉そく感や息苦しさ、生きにくさを感じている方が多い事は、自殺率や少子化にあらわれているでしょう。
将来の夢は?と問われて、最終的にどんな人になりたいかを聞かれて、即答できる人はどのくらいいるでしょう?

あなたはいったいなんのために生きているのでしょう?
あなたはいったいなんのために生まれてきたのでしょう?

その答えは、貧しかった昭和の時代よりもはるか昔、生きること自体が大変だった世の中にあった教え、智恵の中にあります。
霊性を高める(霊性の向上)こと、プラーナを整えること、自分を苦しめている価値観から幸せ循環の価値観にシフトすること、つまりは、魂本来の流れに沿って生きること、それが、満足感や充実感を感じて今を幸せに思って生きることができる道です。

どんなに文明が発達し、便利になり、複雑に細分化されても、結局人間の悩みの根本は変わりません。
「四苦八苦」と言うのは、まさにそれを表しています。
そして、4×9+8×9=108 となり、人間には108の煩悩があり、それを取り除くのが除夜の鐘だと聞いたことがあります。

古来からある、人が幸せを得るための叡智の一端を「くるりん」でふれてみませんか?


勉強会のお知らせ in諏訪
個人レッスンのご案内
12 | 2013/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー