感情の麻痺

どう考えても、辛い状況なのに、とくに何も感じない、または、前向きに取り組んでいるということはよくあります。私はとても得意でした。
「こう考えると辛くないよね」
ということを考えるのが得意だったので、厳しい状況での仕事も楽しく業績を上げていました。
仕事が趣味…と言ってもいいくらいです。
自分では、人一倍ポジティブ思考だと思っていました。

でも、体というのは不思議なもので、本当に楽しいのなら体調も良いはずなのに、なんか疲れやすい、疲れが取れないんですよね。
頭痛や腰痛もあり、よく熱を出し、起き上がることもできずに、会社を休むこともしばしばでした。

もし、本当に楽しんで仕事をしていたらそんなことはなかったでしょう。
自分に感じているストレスを感じないようにしていたのですね。

「嫌だ」とか「恐い」とか「不安」とか「悲しい」とか、ネガティブな気持ちを感じると辛くて耐えられないから、もう感じないように、感情を遮断してしまったんですね。
感情の麻痺です。
普通なら傷つくようなことを言われても、「悲しい」とか「怒り」とかも感じないので、クレーム対応も得意でしたよ。

辛い状況を良く考えて乗り越える…一見ポジティブにみえます。
これが納得していることなら問題ないと思います。
もしほんとうにそう思っているのであれば、体調の不調はないでしょう。
体は正直です。
体は自分の状態をちゃんと訴えてきます。

感情を麻痺させて私がやっていたこと…
それは、「嫌なことからの逃避」です。
認めてはじめて、乗り越えることができます。
ところがそれを避けてしまうのです。
いつまでたっても、問題は解決されずに、問題のままです。

嫌なことから逃げ続けていた結果、結局家族や友人や恋人や…一番大切な人を傷つけてしまいます。
近しければ近しいほど、辛さをわかってほしいという気持ちが抑えられないからです。
麻痺させてごまかして逃げてきた感情が多ければ多いほど、怒りで訴える、感情のままに訴える…という形で出てしまいます。
そして、関係を悪化させてしまいます。

それがインナーチャイルド。(略してインチャと読んでいますが…)
本来なら、一番信頼し、一番分かり合える人を、傷つけてしまっていました。
それに気がつかずに、相手のせいにして、恨みを抱えたまま生きてきました。
おかげで、✖2です。

でも、それではこれからの人生が辛すぎます。
誰とも分かり合えることができません。

感情を麻痺させることのツケは年を追うごとにとても大きなものになります。
麻痺した感情を再び動かすことができるのは、自分でしかありません。
自分で止めたんです。動かすことでもできます。
できないのではなく、「できない」と信じている自分がいるだけです。
今まではできなかったけど、これからの人生を変えていくことはできます。

ただ、一人で乗り越えることはなかなか難しいこともあります。

くるりんでは共にできることがあります。

お問い合わせはこちらです。
  フォームメール

スポンサーサイト

金城山峯入り行

金城山
数年前から毎年峯入り行をしておりますが、修行仲間と共に新潟の金城山に行ってきました。
人気のある山ではありません。
登山を長年されている方でも知らない方も割といらっしゃいました。
人を寄せ付けない山は霊験あらたか…
とても澄んだプラーナの中でしか感じられない霊性の高い神様や仏様がいらっしゃいます。
その神様仏様に会いに行くのが峰入り行。
どうしても険しい道になります。

ここ数年で台風の影響で様子は随分と変わってしまい、赤い鉄の橋も無くなっていましたし、道も随分と荒れていて、「これ道?」と思うところもたくさんありました。
立ち上がれないほど急傾斜の登り…トラバース、鎖場の連続…。下りは急傾斜なのに、濡れて滑りやすい道。
整備された登山道を登りなれているので、なかなか恐い。
常に自分との戦い。恐いとか、つらいとか、いやだとか…
ネガティブな気持ちになると疲れは何倍にもなり体力を消耗します。
体力が消耗すれば思わぬ怪我にもつながります。
集中力を失わずにさらにポジティブな気持ちを維持していくのはまさに修行です。
以前だったら、怖くてパニックになって泣いてしまい、足がすくんでしまって、途中で一歩も動けなかったかもしれません。
3年前より2年前、2年前より昨年、昨年より今年と…
自分では全然変わっていないように見えて、むしろ後退しているのではないか…と思うところもありましたが、随分と以前より成長しているんだなぁと、自分で実感できました。
自分だけでなく、修行仲間のそれぞれの成長も実感でき、なんか辛い状況のなかで、感激しながら歩いていました。
正式には這っていましたが…(はうほどの急勾配の連続でした)

今回はいつに無く厳しい山でしたし、途中雨も降り悪条件でしたが、今回は不思議と幸福感に包まれてました。
恐いことが嫌ではない、つらいことは嫌ではない、仲間といる喜びがあり、つらいことさえも楽しい思い出となりました。

そして、神様仏様の世界に入らせていただくのです。
自然と「がんばることを許していただきたい」という思いになりました。
そして、がんばらせていただいたことへの、ありがたい気持ちが湧き起こります。
厳しい道のりだけど、とても幸せな時間です。

神様仏様との出会いを感じることができると、生かされていることを実感します。
私たちは受け入れられ、すでに愛されている存在であることを思い出すことができます。
いろんな人がいて、いろんなことがあり、思い通りにならないことの連続だけど、生きていること、生かされていることの素晴らしさ…
ただ一生懸命生きている、ただ生きているように思えていても、生きていることはそれだけで一生懸命なのだ…
人って素晴らしい、生きているって素晴らしい…。
いろいろあったけど、今まで生きてきて本当によかったと思えます。
たくさん傷ついたし、たくさん傷つけてきたし、でもそれが生きているってことだと思います。

人生は山に似ていると思います。
かっこなんてつけてられません。
へとへとになりながら、ドロドロになりながら、痛い足を引きずって、途中辛くて泣いたり、人に八つ当たりしてみたり、髪も乱れてボロボロです。
でもふと見上げてみると、闇の中に見える滝、星空、無事下山したときの満天の月と星…星…。
この世はなんて美しいのだと思います。
全てが生きています。有機物も無機物もプラーナを通して、全てがつながっているのです。

私たちはこの自然に宇宙にすでに受け入れたれた存在なんです。
できが悪くても、人に迷惑かけていても、ダメダメでも、カッコ悪くても、人から嫌われても、
自然は「いいんだよ~、いいんだよ~」って受け止めてくれます。
神様仏様は善人悪人を問わず、全ての人を平等に愛を与えてくださいます。

だから、今日より明日、明日よりあさって…
少しでも成長していけるように、ただ一生懸命に生きていきたと思います。
そして、ひとりでも多くの方の成長の足がかりになれれば、と心を新たにした峯入りでした。

夢の先にあるもの…本当の自分

あなたは自分の夢を実現したとします。
さてそれでどうしますか?
その状態がずっと死ぬまで続いたら満足ですか?
それでどうなりますか?

たくさんのセレブが慈善事業をしています。
なぜでしょう?

人がうらやむような生活。

なんでも望めば叶えられることが多いスペシャルな待遇。

自分の心地いい状態を保つために独身でいる人。

セミリタイアで悠々自適に暮らす人。

でもなんか心が満たされない…

なぜでしょう?

私たちは意識せずに、肉体に振り回されています。
肉体の欲求からくる好き嫌い、やりたいこと、面倒だと思う気持ち、感情…
それらを自分だと思っています。

でも実は、その奥に本当の自分があります。
それが魂です。
魂からの本当の望みであれば、満足感・充実感・幸福感・満たされた感じを得ることができます。
でも、そうでなければ、なんか物足りたい・満たされない・イマイチ満足できない・心からの幸福感を味わうことができません。
そうすると大体の人は、さらなる刺激を求めて、さらに肉体の欲求を満たそうとしたり、人や物などで満たそうとします。それが、依存症と言われるものでしょう。
その依存症が、喧嘩や口論好き、虐待、人や自分に対して評価が厳しい…という形で現れると、人間関係がうまくいきません。
自分が本当に大好きな人やとても大切な人に対して、深く傷つけてしまいます。
そうなると、自分も傷つきますし、寂しい思いもします。
それがストレスとなり、体の病気にもなっていきます。

本当の自分を見つけるため、本当に自分が望んでいることを探すため、内面への冒険がインナーチャイルドの癒しです。自分の中の奥深くに隠れている自分という宝を探す旅です。

本当の自分を見つけるためには、肉体の欲を無視することはできません。通過点です。
本当の自分への扉、宝のありかへの入口の扉は、肉体の求めることの先にあります。

ファイナルファンタジーやハリーポッターやゲド戦記やネバーエンディングストーリーやナルニア物語や指輪物語や…それらの冒険ファンタジーにも勝るとも劣らない、自分がヒーローとなる旅です。
持ち物は「勇気」とやるぞという「意思」だけです。
武器となるアイテムや信頼できる仲間は旅の途中で探していきます。
インナーチャイルドもちゃんと癒していけば、成長し自分の力強い仲間となります。

さぁあなたは、冒険の準備ができましたか?

夢を実現する力をつける

もっとモテたい!
もっと出世したい!
夫に出世してもらいたい
セレブの仲間入りをしたい
もっと成績が上がったら…
試合に勝ちたい
得意なことで有名になりたい
自分の芸術をもっと認めてもらいたい
幸せな結婚をしたい
彼氏・彼女がほしい
いつまでも若々しくいたい
もっと営業成績を上げたい
会議で緊張せずにどうどうと発表したい

なりたい自分、こうなりたい夢はあっても、それを実現できるひと、夢や理想に向かってすすめる人はなかなかいません。
なぜでしょう?

夢を実現するために必要な
 ☆想像力と創造力
 ☆忍耐力
 ☆モチベーションを保つ力
 ☆協調性と独自性とのバランス
 ☆自立力と自律力
 ☆持続力
 等々
それらのどれかが欠けていたり、また、全て欠けているからです。

学校ではなかなか教えてもらえないことです。
それらを身につけるにはどうしたらいいでしょうか?
昔は、終身雇用制によって、会社で培っていたかもしれません。
お茶くみ、コピー取り…そんなつまらない、なんでもない仕事の中にありました。
今は、実のある仕事ばかりが好まれて、生きるための基礎力をつける機会が減っているように思います。

くるりんでは、インナーチャイルドと向き合う作業そのものが、この生きる基礎力をつけていきます。
一見、意味のない、つまらない作業の中に生きる基礎力をつける鍵があります。
言われたことを、とりあえず言われたままに行う…納得がいかないことかもしれません。
でも、とりあえずやってみる…まさに修行です。

  ・言われたことがそのままできない。
  ・なぜかできない。
  ・納得できないと、できない。

それらは、全てインナーチャイルドです。まずは、そこから見つめていきます。

「こんな地道なことをやっていて、いつになったら良くなるのか?」
「そんな非効率なことのなにが意味があるのか?」
「どうしてこんな、くだらないことをしなくてはいけなのか?」
「そんなことよりもっとやらなくちゃならないことがあるのではないか?」

はじめは誰でも抵抗する気持ちがあるでしょう。そして、焦る気持ちにもなるでしょう。

一見効率がわるいようですが、インナーチャイルドは何十年も抱えてきたもの。
そう簡単に解決するものではありません。
地道に始めたほうが、徐々に加速するので、後々の馬力が違います。
基礎をちゃんとやったかどうか…後になって差がでます。

急がば回れ…ですね。

夢を見る力を取り戻す

前回は魂の目的と魂の求める幸せについて書いてみました。
魂の成長のために、私たちはこの肉体を得てこの世に生まれて来ました。

魂の成長のために、この人生を生きる…確かに理想です。
理想ですが、なかなかどっこい、ままならないのが人間。
肉体には肉体の求めるところがあり、無視するわけにもいきません。

私たちは生きる上で誰でも、ああなりたい、こうなりたい、ああしたい、こうしたい…があります。
夢を持って、それに向かって一生懸命に頑張る姿は、とてもステキです。
また、ひとつの目標に向かって頑張ることで、人として成長していきます。
理想通りにならないこと、ままならないことを受け入れ、乗り越えることで、大人になっていきます。
行動し、その結果傷つくことで、人の痛みを知ることができますし、その傷を乗り越えることで強くなります。
なので、そこにも肉体を持って生まれてきた意味があります。

しかし最近は、夢をみる力が失われてきているのではないかと思います。
 ◎傷ついてきた歴史の連続で、もうこれ以上傷つきたくないと、はじめから諦めてしまう方
 ◎あまりにも親御さんが守り過ぎていて、自分で将来を考える力が育たなかった方
 ◎未来が見えずに、将来に希望が持てずに、絶望してしまっている方

いろいろな理由があると思います。
ただ目の前にある義務を果たしていくだけの日々。
臨終の瞬間が来るまで、ただ時間が過ぎるのを待つだけの日々。
それで、満足ならいいんです。
納得しているならいいんです。

でも、そうでなければ、自分の人生をはじめから放棄してしまっている可能性があります。
前回書いたように、私たちは幸せになるために生まれてきています。
なので、生まれると決心したときには『希望』があったはずです。
『夢』があったはずです。

ここでちょっと考えてほしいことがあります。
 ・あなたが年をとったとき、70代、80代、90代になったとき、どのようになっていたいですか?
 ・臨終の間際に、どんな状況になっていたいですか?

ワクワクする気持ちで思い描けますか?
 ◎もし、なにも思い描くことができなければ…
 ◎もし、どんよりする気持ちでしか思い描けなければ…
くるりんでわたしと一緒に『夢をみる力』をとりもどしませんか?

くるりんへのお問い合わせやご質問は
下記のメールもしくは、コメントで…

  ⇒ フォームメール

何のために生まれてきたの?⇒『魂の目的』と『魂の求める幸せ』

私たちは、幸せになるためにこの世に生まれてきます。
でも、生まれて幸せだと感じている方は一体どのくらいいらっしゃるのでしょうか?
それはどうしてでしょうか?

子供のころ幸せと感じたのはどんなときでしょうか?
 美味しいものを食べたとき。
 寒い日にストーブの前を陣取ったとき。
 布団のぬくぬく感。
 頑張って自転車に乗れたとき。
 九九が最後まで言えたとき。
 お父さんとお母さんと手を繋いだとき。
 おんぶされてうつらうつらしていたとき。
 友達と駆け回っていたとき。
 お絵かきや、積み木や、好きなとこに没頭していたとき。
 
等等…そんなことで幸福感を感じていたのではないでしょうか?
でも私たちは、大人になるに連れ、そんなことでは満足しなくなっていきました。
 もっと稼がないと豊かな暮らしができない。家族にさせてあげれない。
 もっと出世しないといけない。
 もっと魅力的にならないといけない。
 もっと洋服が欲しい。
 もっと美味しいものが食べたい。毎日でも食べたい。
 もっといろんなところを旅行したい。
 もっと立派な家が欲しい。 
 もっといい学校に子供を入れなければ。
 もっと優秀で、もっと素直な子になって欲しい。
 もっと快適な枕や布団で寝たい。
 もっと癒されたい。
 もっと綺麗になりたい。もっとかっこよくなりたい。
 もっとみんなに愛されたい。誰一人からも嫌われたくない。

等等…とどまるところをしりません。
なぜ、そうなってしまうのでしょうか?

それは、学校では絶対に教えてもらえない事の中に、その秘密が隠されています。
すでにご存知の方も多いと思いますが、私たちは、目的を持ってこの世に生まれてきます。
魂の目的のために、必要な肉体を持って生まれてくるのです。
その目的はなにか…?
 世界平和のため?
 人に尽くすため?
 なにか大きなことを成し遂げるため?
 
そんな大それたとこではないですよ。
私たちが肉体を得て人間に生まれたことに対する魂の目的は、自分自身の魂が成長するためです。
前世よりも今世、今世よりも来世…
と、苦手なことを克服して、少しでも成長するために、肉体がなければできない修行のために、両親の遺伝子を得て、この世に生まれてきます。
そう言った意味では、どんな親でも、両親は私がこの世に生まれるための協力者です。

魂は、成長するために生まれてきますので、成長することが喜びであり、幸せなんです。
人が成長するときってどんなときでしょうか?
例えば、スポーツが強くなるためには、まず、体を鍛えなければなりませんよね。
体を鍛えるために、筋力トレーニングをしたり、柔軟体操をしたりしますよ。
試合をして勝つのは楽しいかもしれませんが、そのためには、しんどいトレーニングは欠かせません。
その一瞬のために、ものすごい時間をしんどいトレーニンに費やします。
でも、そのしんどさがあるからこそ、より大きい達成感や、充実感、幸福感を味わえるのです。
同じ試合に勝つでも、努力なくたまたま勝ってしまったら、その時はうれしいかもしれないけど、ただそれだけです。ものすごい達成感も満足感も幸福感は味わうことができません。

人が成長するときもそうです。ゆるゆると、ぬるぬると、なにもない平穏な生活の中でも幸福感は味わえます。
でも、ものすごい苦労をした後や、逆境の中での、ゆるゆるとした時間、なにもない平穏な生活は、なにものにも代え難い、ものすごい幸福感を味わえるでしょう。また苦労や逆境を乗り越えたことへの達成感、自分への揺るぎない自信…。そういったものも手に入れることができます。

魂はそう言ったことが喜びであり、幸せなんです。

しかし、私たちは、生まれた瞬間から、肉体に支配されています。
肉体の求めることは限りがありません。
得られたとしても、慣れてしまうし、飽きてしまいます。
得られても、幸福感や満足感が持続しません。
さらに、もっともっとと求めてしまいます。

「いい成績をとると、いい大学に行けて、いい会社に就職して、安定した幸せな家庭が築ける。豊かな幸せな人生を過ごせる」
「かっこいいと、魅力的だと、モテる。人気者になれる」
等等の肉体重視の価値観のなかでは、なかなか本当の幸せを感じることはできません。
私たちは求め続け、そして苦しみます。
魂の望むような成長に進めればいいのですが、私たちは肉体に支配されています。
肉体の望むところを無視するわけには行きません。
そこのバランスが難しいところです。

さて、あなたの肉体の望むことはなんでしょうか?
それは、あなたを幸せにしますか?

子供の問題はお父さんお母さんのインナーチャイルド

私のところにいらっしゃる方は小さなお子様や思春期のお子様がいらっしゃるお母様が多いです。
当然のことながら、お子様のことでいろいろ悩まれています。

  幼稚園の娘がいうことを聞かない。
  切れやすく、おもちゃの取り合いで相手を噛み付いたりする、
  爪がなくなるまで噛む、髪の毛をむしる、頭を壁に打ち付ける等、自虐行為がある。
  喘息やアトピーがある。
  朝、何度起こしても起きない。遅刻するのではと心配。
  勉強とか宿題をやらない。
  友達と遊べないとか、悪い友達とばかり遊んで心配。
  朝ごはんを食べて行かない。勉強に集中できないのではないか。
  思春期の子供がろくに口を聞いてくれない。何を考えているかわからない。
  小学生の万引き。
  いつまでもおねしょがなおらない。
  不登校や行き渋りの問題。
  学校でいじめられているようだ、いじめているようだ。
  などなど…。

そんな相談から始まることが多いです。
インナーチャイルドの個人レッスンの場合は、お子様の問題を解決するというよりも、そういう状況で苦しんでいるご両親の悩みを解決していきます。
ご相談にいらっしゃるのは、母親のほうが圧倒的に多いのですが、いろいろ話を聞いていると違和感を感じます。
それは不思議なほど、父親の姿が見えてこないことです。
「あれ?母子家庭だったかな?」と思うくらいです。

  「主人はなにもいいませんので」
  「なにもやってくれないんです」
そのことをお話すると、そういうお母様は多いです。
でも、そうなったのにはそうなった歴史があります。

  「ご主人はその件について、どのようにおっしゃってますか?」
と聞くと、大抵はご主人も何らかの意見を言っています。
それに対して奥様は
  「こういうんですよ、ひどいでしょう。家族に対して冷たいんです。」
とおっしゃる方が多いです。
ご自身の意見を無視されたご主人が、
  「勝手にしろ!」
となってしまっても仕方がないかもしれません。

お子様のことで悩みがある場合、普通立場の違いもあり父親と母親のご意見が違うことのほうが多いです。
少なくとも会社でそれなりに仕事をしているお父様のご意見は、「ごもっともだ」と思いますし、お話を聞いていると奥様がそれを聞き入れないのはもったいないことだな…と思うことは多いです。

さて、インナーチャイルドの個人レッスンを行って初めに起こる変化は、『夫婦の関係が改善する』ということです。夫婦の関係が良くなってくると、お子様は安定してきて自然と問題が解決していきます。

このようにお子様の問題や病気には、ご両親の関係性が大きく関係していることが多いです。
お子様が30代40代だとしても、そのご相談をお母様がいらっしゃるような場合もそうです。必ず、ご両親の夫婦関係が絡んできます。

では、シングルマザーやシングルファーザーの場合はどうか…。
また違う形でではありますが、「健全な男女の関係性が家庭の中にない」という意味では、夫婦のコミュニケーションがあまりないご家庭と、同じような問題を持っています。

今は価値観や生き方が多様化してきて、いろんな形態のご家族がいらっしゃいます。
子供にとって理想の家族の形というのはないと思っています。
どのような形態であっても、必ず、メリットとデメリットがあります。
だから正解はないです。
大切なのは、どのような形であっても、「ただ一生懸命に生きる」…ということかもしれません。家庭の数だけ家庭の形があっていいと思います。
そういうことなので私は、『四苦八苦』することが親の仕事であり、子供の仕事であり、夫婦の仕事であり、家庭ではないのではないかと思います。
しかしそこに、父親の母親のインナーチャイルドが絡んできて、お互いとても苦しいことになってしまいます。
ちゃんと家族と向き合うために、まずはご両親のインナーチャイルドを癒していくことが、とても大切です。

もっとも、新たな家族を持つ前に、自分のインナーチャイルドと向き合えれば大変さは半減するんですが…。
09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
インナーチャイルドの癒しのレッスンをしています。自分の考え方の癖に気がつき、目線を高くすると、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いてはいません。世間体とか周りの人たりはみんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きていいのです。その後に本来の自分の本当の姿が見えてきます。そうすると自分自身の足で自分自身の人生を歩き出すことができます。
その人特有の考え方の癖もインナーチャイルドなんです。
まだ作成途中ではありますが、ホームページを作ってみました。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー