優しくないって…冷たいの?

最近同じようなことが続けてあり、「あれ?」って思ったので書いてみます。
たぶん自然に同じように思っている人って多いのではないかな~。

「私って冷たい人間なの。優しくないの」とか、「○○さんって優しいから、…はできないんじゃない?」的なことを言ったら「それって私が冷たいってこと?」と言われたりしたんですが…
なんか違和感が…
「優しい」の反対語って…冷たいだった?しかも私は、優しくないから冷たいって思っていないし…?
冷たいの反対語はあたたかいとかあついだよね。

と思って、ネットで調べてしました。
ググってみると…
「優しい」の反対語⇒厳しい・こわい・恐ろしい・つれない・すげない・むごい・はげしい・きつい
でしたが、どこにも「冷たい」はありませんでした。

では「冷たい」の反対語⇒ぬるい・親切・あたたかい・あつい・温い・情け深い
でした。
そうするとこの場合、「優しい」=親切とかあたたかいとか、情け深いということと同じように受け止めているのでしょう。
そうなると、優しくないということを言われると、親切でない、暖かくない、情け深くないと言われたように感じてしまうのですね。
でも、前後の会話からの流れでは、そのようにはならないし、また、優しくないとどうして思うか具体的に聞くと、確かに、優しくないけど、情け深くなくはないし、その人からは冷たい印象は持たないです。
少なくとも、「優しい」をいい意味でとらえている人が多いんですね。
私も以前はよく考えず言葉のイメージだけで、「優しい=いい人」「優しくない=冷たい人・ひどい人」ととらえていたかも。

まぁ、私の場合は、気が弱いとか、意気地がない、優柔不断、自分がなく周りの意見に流されるひと、インチャが強くていい人…と、真正面から言えないときに、濁すような意味で使うことが多いです。
優しいさは、時には「小さな親切大きなお世話」になりますし、人を真綿で絞めるような場合によっては、相手を加害者にするようなこともあります。いい人だから、文句が言えない、でも傷つくよなぁ…的な。よくある、「あなたのためなのよ」「あなたのためにやったの」とか「あなたのために考えたことなの」とか…。
でも、情け深い人や、あたたかい人は、その人が気が利くようなことをするわけでもなく、安心させてくれるような気が利くようなことをいうわけではないけど、いるだけでほっとする…というイメージですが、どうでしょうか?

だから、人に対して優しいことが言えない、優しくできないって考えて、「私冷たいの」って言っていること自体、冷たくないことを表しているような気がします。もし、「人から優しいって評価が欲しい」って思ってのことであれば確かに「自分のことしか考えない冷たい人」と言えるかもしれませんが、相手といい関係を築きたい、相手の役に立ちたい…という思いで、そう思えないと思うのであれば、それは十分に「情け深い」と思います。でも、その方法がわからいだけではないでしょうか?

逆に、優しいと思われたい…と思って行動すると、自己中心的なところからのこうどうだから、どうしても自分の価値観の中で判断してしまいます。同じ価値観の人意外には、なかなか相手には伝わらないでしょう。しかも自分と全く同じ価値観の人はいないのでほとんど理解されず「迷惑」で終わってしまうかもしれません。

おっと、そんなことを今回はいいたいのではなく…

言葉に対するイメージは実は人それぞれ違います。でもなんとなくわかった気になったり、わかりあえた気になってしまいますが、実は、自分の価値観のフィルターを通して理解しているので、わかった気になっていても、わかっていません。
人との会話の中で、ほとんどが自分の価値観や判断が入り、お互いストレートに伝わっていない…ということに気が付くと相手の言うことにとらわれたり、振り回されたりしないんですけどね。
いろんな方が、この自分の価値観や判断のフィルターで勝手に傷ついていますが、大体の場合、私もそうですが、相手が私を傷つけたって思ってしまいます。でもよくよく冷静に聞いてみると、そうは言っていないよってこと思ったよりも多いですよ。
スポンサーサイト

咳にBell.(ベラドーナ)?

咳はなかなか厄介です。ホメオパス(自然療法ホメオパシーの専門家のこと)でもピッタリのレメディーを見つけるのは難しい作業です。
咳が排出そのもの…ということもあり、レメディーをとればとるほどどんどん咳が出る、という場合もあります。
この場合はレメディーがすでに作用し、自己治癒力が咳を出し、身体の中からなにか出そうと頑張っている状態です。

また、感情面をちゃんと表現していない場合もあります。言いたいことを言っていない、ちゃんと思ったことを伝えていない場合です。もちろん思ったことをなんでも話していいということではありませんが、咳がしつこく出る場合は、伝えたほうがいい感情を伝えていないということになります。潜在意識が、「ちゃんと伝えるように」とメッセージを送っています。

この前来たクライアントさんですが、話したり、笑ったりしたことがきっかけで、こんこんという軽い咳が出るという症状がありました。ほかの身体の症状や状態をお聞きし、いくつかのレメディーが候補に挙げられました。

私がアドバイスした中から、いくつか試されたそうです。
その中で、Bell.(ベラドーナ)で少し咳が楽になったとご報告がありました。

咳のレメディーと言って思い出すのは、Ant-t.(アンチモター)とか、Dros.(ドロセラ)でしょう。少し勉強された方などはそのほか、Ars.(アーセニカム)とか、Bry.(ベライオニア)とか、Hep.(ヘパソーファ)とか、Ip.(イペカック)とか、Phos.(フォスフォラス)などなど思い浮かぶかもしれません。
ところがどっこい、咳のレメディーはそれだけではありません。実は、本に載っているものは、いわばレメディー界のスーパースターたち。たくさんの症状に対応でき、その内容も全部載せたらそれだけで本が1冊出来るくらいなんです。なので、セルフケア用の本に載っている内容はほんの一部です。
そして、セルフケアに入っているすべてのレメディーが咳に対応できます。なので問題はどのような咳かということと、咳以外の身体の症状です。咳だけで選ぼうとするとちょっと大変でしょう。

このクライアントさんは、Bell.(ベラドーナ)をとったあと、咳は楽になったのですが、その日はほんとに些細なことでイライラしていたそうです。ご主人からちょっとした頼まれごとがあったのですが、それに対して「めんくさ」と内心思っていたそうですが、いつも一緒にいるご主人にはそのイライラがばればれだったそうです。普段はそんなことないということですが、レメディーをとってその感情がでたということは、普段も実はその感情があるのですが、あまりに微細なので、本人も気が付いていないんです。(でもね本人が気がついていなくても周りの人は意外と気が付いているものなんですよ)

Bell.は怒りのレメディーの一つで、噛みついたり、叩いたり、引き裂いたりと、怒りの表現は激しいです。顔が真っ赤になって、身体はぶるぶる震えていたります。
まるで、子供が言いたいことをわかってくれないって、泣いて怒ったり、相手が強すぎて怒りを我慢して、親にバンバン八つ当たりするような…そんなやり場のない怒りを、うまく表現できない怒りをぶつけているような感じです。
そのことを伝えると、「なんかわかるような気がします」というご返事をいただきました。

ここからはインナーチャイルドの癒しになっていきますが、小さいころに知らずに抑圧した怒りが、しかもかなり激しい怒りが、クライアントさんの内部にあるということです。普段は一見穏やかでめったに怒ることがないように見えます。でも、内在している怒りがあるので、もしかしたら、周りの方からは固く感じたり、きつく感じたりしていることもあるかもしれません。
…これは、レメディー像からみたその方の隠れた性格になります。まだ今の段階では憶測の域ではありますが。

ちらりと感じた違和感をそのままにせず、何を感じているのか自分の内面を見つめ、自分の中にある感情をその都度伝えていく、…つまり、怒りを小出ししていく…ということをやっていくと、ある日突然大噴火して、納まりがつかなくなるということが防げるでしょう。
ちなみに怒りの表現は、笑いに持っていける形で表現できれば理想ではありますが…ちょっと高度にはなりますけどね。
それと、ホメオパシーのレメディーだけに頼るのではなく、症状が良くなったからそれでOKとするのではなく、そこで現れた感情をきちんと見つめ、昇華されるまで見届けること(インナーチャイルドの癒し)が、より良く生きるためには大切になってきます。

レメディーをとって、「あぁ良かった」で終わるのではなく、そこから導き出された「メッセージ」にちゃんと見つめることで、なにか「気づき」があるでしょう。身体とちゃんと向き合うということは、つまるところ自分自身と、そして自分の生き方と向き合うということになっていきます。

お問い合わせ⇒メール

インナーチャイルドの癒しの勉強会6回講座

昨日は、『インナーチャイルドの癒しの勉強会6回講座』の第5回目でした。次回が最終回。半年は長いようであっと言う間です。
勉強回にて毎回配布する資料の表紙の写真が違うのですが、それぞれにテーマがあります。
1回目は、毎年登る木曽御岳山頂からのご来光の写真
2回目は、木曽御岳の三の池の上でさんさんと輝く太陽
3回目は、家族でくつろぐライチョウたち
4回目は、恋人が寄り添う姿の影
そして、5回目は、一人で山頂を目指す人の後姿
さて、6回目は…それは参加者のみのお楽しみです…

5回目は、いよいよインチャを特定する『分析』のやり方です。癒しだけであれば、4回目までの内容でもいいのですが、それだけでは、苦しみの元、スイッチ自体はそのままあります。でもそれに振り回されずに日常生活を送れますので、本当に楽になります。
ただ、人生の中で、必ず来る大きな試練に出合ったときに、またこのインチャが大暴れするのです。なので、まだ大きな試練がない、穏やかな時期にこのスイッチの元、苦しみの元を見つけ癒しそして、昇華したほうが長い目でみると良かったりします。…大変ですが。
そして、インチャを昇華することにより、それまでの苦しみ、病気が自分の人生の苦しく思い出したくもない出来事ではなく、本当の意味で受け入れられて、生かされてきます。
ただ、本当の意味での癒しそして昇華は、潜在意識、内面のことなので、自分一人で向き合わなければなりません。自分にしかできません。また、そうでないと意味がありません。

自分の気持ちは自分のものです。だれも共有できないのです。…厳しいかもしれませんが、自分をわかってやれるのは、自分しかいないのです。
たとえば、家族で買っていたペットが死んでしまったり、わが子が幼くして亡くなったりしたとき…
家族や夫婦でおなじ経験をしていますが、そこでの気持ちは同じではありません。考えたら違う人間だから当然といえば当然です。でも、同じ経験なので、自分と同じ気持ちだろうと期待してしまいます。そして、思いやるがゆえに同じ思いでないと相手を責めたり、自分を責めたりします。そしていつの間にか気持ちがすれ違って関係が壊れてしまう…よくあるパターンです。
その苦しみは自分のものです。だから自分で受け止め、乗り越えるしかありません。癒してくれるもの、癒してくれる人を求めますが、残酷なようですが、幻影でしかありません。自分意外に求めれば求めるほど、苦しみが増していきます。

しかし、自分の苦しみと真正面から向き合うのはなかなか大変です。辛い作業です。人間的成長、心の成長と強さ、魂の成長が必要になります。今のままの自分では真正面から向き合うのは難しいでしょう。つい身近な信頼している家族や夫婦に思いをぶつけてしまっても仕方がないでしょう。

今回の6回講座はいわば初級にあたります。自分のダークサイドと向き合う方法ですが、実はちゃんと向き合い乗り越え、さらにそこからの学びを生かしてよりよく生きるためには、もっともっと内面を成長させ、見た目の強さではなく、本当の心の強さ、つまり芯の強さを身につけることが必要になります。
そのための中級講座は、10月くらいに予定します。
中級は、ライトサイドを磨くことにより、ダークサイドを取りこんでも負けない魂の輝きを身につけるような内容になっていきます。さらに霊性的な学びが必要になってきます。今までのネガティブシンキングに負けない、ポジティブシンキングを身につけることが大切になってきます。

残念ながら、参加対象となるので、今まで『インナーチャイルドの癒しの勉強会6回講座』に参加経験があることと、くるりんかそれに相当するインチャの癒しの個人レッスンに3回以上受けたことのある方のみとなります。

インチャの勉強会に参加していないけど、今後参加されたい方は来年リニューアルする勉強会に期待していてください。
ということで、次回は最終回。ご参加の皆さんが半年前とどう変わったのか…が楽しみです。

質問やお問い合わせはこちら⇒メールフォーム
07 | 2014/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
インナーチャイルドの癒しのレッスンをしています。自分の考え方の癖に気がつき、目線を高くすると、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いてはいません。世間体とか周りの人たりはみんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きていいのです。その後に本来の自分の本当の姿が見えてきます。そうすると自分自身の足で自分自身の人生を歩き出すことができます。
その人特有の考え方の癖もインナーチャイルドなんです。
まだ作成途中ではありますが、ホームページを作ってみました。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー