日の出山ハイキング

昨日はほんと~に気持ちのいい天候の中、御嶽神社→日の出山→つるつる温泉に行ってきました。

日の出山ハイキング

暑からず、寒からず、思ったよりも混雑もしていなくて、小学生の参加もありましたが、のびのびと走っていました。
みんな初めて山頂でゆっくりと昼食を食べたのですが、うまく扱えず、いろいろ失敗もしながら、腹を抱えて笑う場面もあり、本当に楽しかったです。
入れたてのコーヒーもおいしかったです。
こんな楽しみを許していただいて、山の神様に感謝です。
山頂に神社があるような聖域での火の使用は、本当はご法度ですので。

まずは、山を楽しいと思ってほしいな…。

そんな中でも人それぞれ、向き合う課題も見えてきたしました。
日常から離れると自分の問題が見えてきます。
とても大切なことです。


さてさて、思ったよりも長~い下りを頑張った後は…
つるつる温泉の向かい側にあるおみやげ物屋さんで、ソフトクリームです。

いつもお店の名前を確認するの忘れてしまうんだけど、場所的にここです。
ひので 森りん館

新作の「みるちぃソフト」もあり、さっぱり目の「ゆずソフト」もあり、いろいろ迷います。
おみやげのふりかけも気になります。
そばふりかけを試食させていただきましたが、とてもおいしかったです。
いろいろお話も聞かせていただき、ありがとうございました。
また、他の種類を食べにいきますので、よろしくお願いします。

そしてお待ちかねのつるつる温泉。
ゆっくりつかって、お肌つるつるになったら、ビール、そして日本酒沢の井!

もう本当に堪能して帰路につきました。
道中お守りいただいた神様仏様、ありがとうございました。
また、山に入ることを許していただきまして、ありがとうございました。

参加された方からも、帰宅後感想のメールをいただきまして、楽しいな、幸せだな、と思える時間を過ごしていただいたようです。
そして、また登りたいな…と思っていただけたことが、私にとって最大の収穫となりました。
参加していただいた皆様、ありがとうございました。

さて、来月は、三室山のほうにむかいますか…。
夏になったら、ロックガーデンもいいですね。

また、お待ちしております。
スポンサーサイト

レッツ写経のお知らせ

私たちは、家族の中で慣れ親しんだコミュニケーションを使って生活しています。
しかし、社会にでると、まったく違う生き方をしてきた人たちとコミュニケーションをとらなくてはいけません。
今まで慣れ親しんできた表現をすると、もしかしたらあらぬ誤解をされてしまうこともあります。

結婚も、まったく違う家庭で育った2人が同じ空間で生活するのですから、いままで慣れ親しんでいたコミュニケーションでは通用しなくなります。

そこで、大きく分けると2つの選択があります。
1つ目は、相手にもわかる表現を新たに学んでいくこと。
2つ目は、自分の表現をわかってくれる人を探すこと。

1つ目の選択は、様々なタイプの人との交流ができるようになるので、自分の可能性が広がっていきます。生きるのが楽しいと感じられるようになるでしょう。

2つ目の選択は、交友関係が広がっていきません。
自分と違う考えの人を批判的にみたり、苦手な人が多くなったり、素直な気持ちを表現できず社交辞令的な会話ばかり上手になったり…。
一見、社交的に見えても、心を許すことができなかったり。
生きるのは、疲れると感じられるようになっていくでしょう。

多くの人は、自分の言動が相手の言動を決定していることをしらないので、相手の性格が悪いと感じたり、苦手なタイプと思ったり、自分ばかりいつもひどい扱いを受けると感じたりします。
自分が気が付かないうちに、2つ目の選択をしています。

くるりんのインナーチャイルドの癒しの個人レッスンは、1つ目の選択をしていくことです。
つまり言葉によって、自分の言動の癖や物事の受け止め方の癖に気が付いていくことをやっていくわけですが、これがなかなか難しいことがあります。

私との相性であったり、受け止め方が違いすぎてお互いに伝わっていなかったり、価値観が違いすぎてお互いに共感できなかったり…などなとあります。

そんなときは、言葉を使うより、行じることのほうが良い結果につながることもあります。

写経会はその一つと考えています。
内観的なこと、謙虚さを育むこと、感謝の心を養うこと、客観性を育てることも可能だと思います。
しかし、ご本人の取り組み方では、「この世的価値観」で成すこともできますし、インナーチャイルドを大きくする結果になってしまうこともあります。

内観することが苦手で、逃げとして行う場合もあるでしょう。
理想を言えば、自分の取り組むべきことを理解したうえで参加されることです。
個人レッスンは、基本となるものです。

そうは言っても、個人レッスンはなかなか敷居が高いと感じる方もおおいでしょう。
まずは、行じてみる、参加してみる…からで良いと思います。

くるりんの「レッツ写経」は墨と筆を使う、思った以上に本格的なものです。
また、一式差し上げますので、その後自宅でも行うことも可能です。
ちょっと基本を知るだけ違うものですよ。

*****************************************
参加費  初めての方は3,000円

5月のレッツ写経
東大和市クラス
5月 1日(金) 10時~12時 (急ですみません)
5月18日(月) 14時~16時


6月のレッツ写経
東大和市クラス
6月 5日(金) 10時~12時 
6月14日(日) 14時~16時
6月15日(月) 14時~16時


長野岡谷市クラスは、6月8日を予定しています。
ご希望の方はお問い合わせください。

お問い合わせ&お申込み
件名に「レッツ写経」とご記入ください。
メール

今日はこれから

急に仕事で実家のある福島市に行くことになりました。

明日はオフなので、ついでにゆっくりしてこようと思います。
メールの確認は明後日以降になります。
ちなみに、福島駅の比較的近くに、かなり大きいボルダリングジムがあるようです。ちょっと行ってみようと考えてます。

初ボルダリング

実は昨日は私の誕生日だったが、52歳になった。
そして、今日、50の手習いということで、初めてボルダリングなるものをやってみた。

お試しコースで1時間。
詳しくは、こちらのホームページを
ボルダリングジム JET SET
料金等の案内

ほとんど懸垂の動き…、30分もするともう腕がフルフルして、パンパンになってくる。
足は思うように上がってくれないし、なによりも体重移動ができない!
関節の動きがなんか悪いのだ!柔軟性が年とともに失われているぞ!!

ちょうど同じ時間帯に入った、同じく初心者的な20代であろうの男の子は、「いや~難しい!」という声が初め聞かれていたが、ひょんひょんとどんどん難しいコースに挑戦している…。

途中で入ってきた、小学生の女の子たちも身軽に登っていく…。
私が悪戦苦闘したコースをなんともたやすく登っていくではないか…!

は~~、体を動かすことを始めるのに、早いに越したことはないな…。
手はふるふる、高さで恐くて、足腰はがくがく…。
落ちるのも怖いので、なんとか必死に上に行く。

そんな私でも、初めから最後まで、インストラクターの方が付きっきりで丁寧に教えてくれる。
そして、一杯褒めてくれて、さらに難しいコースに挑戦してみる。
おだてられて、なんとか頑張ってみる。

最後に初めの簡単なコースにもどるが、たった1時間やっただけなのに、なんとか一人で登れるようになっている!
体重のかけ方もちょっとうまくなってる!

う~~ん、これはちょっと病みつきになるかも…。
それにしても腕が痛い。
明日はきっと筋肉痛だな。

ちなみに金曜日はレディースデイらしい。
…また行こうかな。

今年はお得なワーク

くるりんでは、「インナーチャイルドの癒しの勉強会6回講座」や「ホメオパシーの勉強会」や「レッツ写経」など、座って勉強する、ワークすることを多くやってきました。
今年から、新たな試みとして、もっと体を使うこともしていきたいと思います。

心と体は一緒、「健全な精神は健康な体に宿る」です。(ん?ちょっと違うかな?まぁ、いいか)
内からと外からのアプローチを同時行えば、ますます効果的…!

心理学の分野でも、最新のうつ病の治療に、食事と運動は欠かせないそうです。
ということは、食事と運動に気をつけると、精神的に健全で居られるってことかな?
たしかにアスリートってポジティブ思考の人が多いですね。

なので、くるりんでも初めてみましょう。

今年は、どちらかということ、「一緒にやりましょうよ」というスタンスで行きたいと思っています。
運動が体にいいと言っても、一人だとなかなか続かないもの。一緒に初めて見ましょう。
私が普段行っていることを一緒にやる…ということなので、教室とは違います。

会場代や印刷代を折半してください…的な感じで、ワンコイン500円でやりましょう。
ただし、年内ですよ。

くるりんってどんなとこ?どんな人がやっているの?という興味本位の方にもお勧め。
素顔の私に出会えます。
普段着感覚でご参加ください。

s_CIMG3639.jpg

今考えているのは、ハタヨーガ、神社仏閣巡り、ウォーキング、山登りハイキング、そのうち座禅会、呼吸法、簡単体操…などなどです。
私も一人だとなかなか続きません。なので、一緒にやりましょう。

ヨーガなどの会場は東大和市が多くなると思います。
山は奥多摩方面か、もっと広がるか…。これから考えます。

詳しい日程は、ブログにてアップしていきます。
あと、メルマガ登録をしていただければ、メールにてお知らせいたします。

メルマガ登録は、ホームページからお願いします。

くるりんホームページ

この世的価値観と霊性的価値観

私を含め多くの人は、

一生懸命に努力しないといい大人になれない
いい高校に入り、いい大学に入り、いい会社に就職して、家庭を持って、人並みの幸せになれる
だから、一生懸命にべんきょうしないと幸せになれない
良い人と結婚して、子供を産まないと一人前ではない
結婚すると幸せになれる
お金を稼ぐと幸せになれる
男なのに仕事もできないようでは、ダメだ
いくら稼いで一人前
お互いが気持ちよく生活できるように気を使うのが当たり前だ

と思っているのではないかと思います。
改めて言う必要もないくらい普通だっているのではないでしょうか?
すでに常識となっているので、それが「価値観である」ということに気が付いていません。

だから自分が幸せを実感できない生き方をしているときに、上記の価値観が自分を縛り苦しめていることに気が付いていません。

頑張れば良くなる、私さえ我慢すればうまくいく…現実はそうならないことが多いです。
うなくいかないことを、親が悪い、夫や妻が悪い、社会が悪い…といくら責めてみても、疲れるだけで、なにも変わりません。

そうすると、「これがいい」「これが正しい」としていた自分の価値観を見直して、その価値観に基づいた行き方を見直してみるしかありません。
「これかいい」「これが正しい」と思っていた行き方に疑問を持つことで、さらにいい行き方、もっと自分らしい生き方が見つかるかもしれません。
そう考えると、うまくいかない方が、もっといい行き方を模索するチャンスがあるということになります。
なにもかもうまくいき、満足してしまったら、進歩がありません。
なにをやってもうまくいかない、頑張っているのに報われない、我慢を重ねた結果、病気になってしまった…
そんな人生の挫折は、これまでの行き方を見直し、これからの人生をどう生きるか…ということを考えるチャンスになります。
そう考えると、どうにもならないこと、どうしようもないくらい行き詰ること、大きな挫折は、人生にとってとても大切なことになってきます。

この世的な価値観からみると、平穏無事であること、無難であることが大切になってくるでしょう。
でも霊性的価値観からみると、大きな挫折、失敗、難があることが、生きる上で大切になってきます。
人生のピンチなときこそ、自分にとってなにが大切であるかを考えますし、謙虚にもなれるます。プライドも捨てなければいけないときもあります。煮え湯を飲む思いをすることもあります。そうして、人としての器が大きくなり、大きく成長していけるでしょう。

昔の人は言っていましたよね、「若い時の苦労は、買ってでもしろ」と…。

久々の山

4月初めに、奈良の三輪山に登りましたが、それ以外では、実に半年ぶりに山に登りました。と言っても、御嶽神社から日の出山からのつるつる温泉という、ハイキングコースです。

しかし、日頃の運動不足、筋肉痛になりました。
寒いからと閉じこもっていてはいけませんね。
またウォーキングなど頑張りたいです。

さて、山を歩くにはとてもいい季節になりました。
緑も新緑で柔らかい色合いだし、桜は咲いているし、そのほかの色とりどりの花が咲いています。
足元ばかり見ていてはもったいない感じです。

KC4H00260001.jpg

KC4H00270001.jpg

そのせいか、平日だというのに、けっこう人がいました。
日の出山山頂では、小学生の団体がたくさんいてお弁当を食べていました。
犬を散歩していた方もけっこういましたね。
整備されていてとても歩きやすいコースです。
ケーブルカーを使わずにゆっくり歩いたのですが、3時間半くらいでつるつる温泉につきました。

初めの御嶽神社の階段が一番きつかったかもしれません。
階段を下りていたら、息を切らしながら登っていたおじいさん2人に声をかけられて、
「あとどのくらいですか」
と聞かれたので、
「あの突き当りを曲がって、もうひと踏ん張りです」
と行ったら
「…あとひと踏ん張り…」
と呟いていました。(笑)

さて、がんばって歩いた後の温泉は格別です。
つるつる温泉

バスの時間を1本遅らせて、売店でビールを買ってのんびりしました。
和室もあるし、自由に読める本もあったので、ビールを飲んだ後は、和室でごろごろ寝ころんで本を読んで過ごしました。

それから温泉の向かい側にあったお土産物屋の「豆乳ソフトクリーム」ののぼり…。これはたベないと。
「甘栗ソフト」が一番人気という文字にひかれて注文。
お店のおじさんと、ずっと話していたけど、なんか癒されました。
ソフトクリームもめっちゃおいしい!

ちょっと気になるお土産もあったけど、バス時間がきたので、食べて早々に退散。
バス停に向かうと、待っていたのは…

KC4H00320001.jpg

機関車のバスでした。
中のつくりも昔の汽車を思い起こさせるような作りです。
祭日も運行するのかな?

さて、くるりんでは、29日に同じコースを行きます。
一緒に行ってみたいと言う方は、ご連絡くださいね。
御嶽神社に参拝して、日の出山で昼食を食べ、つるつる温泉につかり、ソフトクリームを堪能する旅です。

お問い合わせやお申込みの際は、メールの件名に「日の出山ハイキング」とご記入ください。

メール
03 | 2015/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー