温故知新な生き方…神道

神道のあり方をみていると、宗教という言葉ではなんかマッチしないように感じるのは、わたしだけでしょうか?
お墓参りもして、神社に手を合わせ、クリスマスや、イースターを祝う…。

そんな国民性は、もともと日本にある神道の在り方にあるのではないかと感じます。
八百万の神様がいて、山にも、木にも、石にも…あらゆるものに神様が宿っていると考えると、他の宗教のお祭りを祝っても、なにも問題がない…
世界にも類をみない国民でしょう。

神道を宗教としてみるのではなく、ちょっと視点を変えてみてみましょう。
自分の人生の生き方をどうするか…?
そう考えた時に、

大富豪を目指すも良し
恋愛に生きるのも良し
心身を鍛練することに一生懸命になるのも良し
仕事で大成功をするのも良し

でもそんなこととは無縁で、ひたすらに自己成長を目指す生き方もあるのではないかと思うのです。

そして神様と親しくなり、神様のような在り方を目指していく、…まさに神へと至る道が、神道ではないかと思います。

しかし、神様を目指すと、とても遠い目標なので、

人と比べることもなく、
現状にがっかりすることもなく、
とはいっても、現状に満足することもなく、
すぐに結果が出るようなことでもないですので、
良い結果を求めるのでもなく、
ただ一生懸命に、今いる瞬間瞬間を、前向きに生きる…

そんな生き方そのものが神道なのではないかと感じるのです。
そしてそんな生き方をしていると、自然と様々な苦しみや不安が減っていくのを感じます。

ここ数年、大きな災害、不安定な国際情勢、どんどん悪化していく経済状況…
今までの常識が通用しないような世の中だからこそ、神道のような生き方が求められているのではないでしょうか。

神道は一見、地味で古臭く、非効率的で非生産的な生き方のようですが、
実は、最も新しい生き方ではないかと、私は思います。

スポンサーサイト

これからくるりんが目指すもの

くるりんは、はじめホメオパシーからはじまりました。
病気になったとき、健康を維持したいとき…
自分の体は、自分で決めていこうよ、
まずは、自分の体と向き合うために、ちょっとずつホメオパシーを生活の中に取り入れて欲しい…

そんな願いから、「ホメオパシー プチ」という名前でスタートしました。
小さなリビングセットから始まったホメオパシープチ。
でも、自分ちの居間で話しているような気軽さで、ざっくばらんに話してほしいという思いから、思いきってこたつにしました。
玄関入って靴を脱いで、いきなりのこたつ!
はじめはびっくりされた方も多かったのですが、今ではすっかりなじんでいます。

開業してやっと軌道に乗ってきた、2010年末のホメオパシーバッシングで大打撃を受け、ホメオパスは、レメディーを扱えなくなり…
どうしたもんか、もう辞めようか…と思ったときの発想の大転換。

そうだ!レメディーを扱えないなら、カウンセリングだけでもいいのではないか?

まだ勉強したてだった、インナーチャイルドの癒しをメインにしていこうと決心。
立ち直りかけたところで、東日本大震災。
自粛ムードは、個人の傷を癒そうというところにまで、影響を及ぼしました。

しかし落ち込んでもいられません。
そんなときだからこそ、伝えたいことがある。
日本中の人に、こんな考え方や生き方があるのだ…ということを知らせたい。
もっと楽になれる生き方があるんだと、伝えたい!

そんな気持ちで、名前を「くるりん」に変更。
地獄だと思っていた現状も、見方をくるりんと変えるだけで、天国にもなるのだ…ということを実感したクライアントさんからの
ご提案でした。
今やりたいことは、ホメオパシーだけではない。
もっと広く、治療に留まらず、生き方や考え方まで範囲を広げていきたい、ということでプラーナテラピーを立ち上げました。

そして今…。
現状を良くするだけは満足できない自分がいます。
自分自身を成長させていく生き方。
回りに振り回されて、翻弄されて、疲れきっていきるのではなく、
もっと積極的に、自分から飛び込んでいく生き方。まさに、自分自身の成長のために…。

どんな病気の人だって、余命いくばくもなくたって、八方塞がりの人生だって、どん底の人生だって、自分をもっと成長させていくような、積極的な生き方があるのだ…。
もちろん、なにもなく、平凡な中で退屈でどうしようもない人も、会社や家庭でがんじがらめの人も、ともて恵まれている人も、どんな人も、もっと自分らしくより良くしていくことができる…。

そんなことを伝えていきたい、一人でも多くの人の成長のちょっとしたお役に立てることができたら。
そんなことに、最善を尽くせるような生き方ができたら…。
最近いつの間にか、そんな方向に向かっている自分に気が付きました。

そうなると、現状を良くしたり、病気を治すにとどまってしまう、「セラピー」とか「テラピー」とか「療法家」とか、
そんな言葉がマッチしなくなってきました。

はじめは重病人ばかり来ていたくるりんも、今では、元気に会社勤めをされている方が多くなり、男性のサラリーマンの方も多くなり、20代の方も増えてきました。
主訴も、重度のアトピー、ぜんそく、アレルギー、がん、うつ病、不眠症、解離性障害などの精神疾患、知的障害のお子さん、深刻な不妊症の方が多かったのですが、今はむしろご病気の方は少なくなりました。
婚活、就活、妊活、ご夫婦のセックスレス、今後のライフスタイルを考える、家族の不和、人間関係のコミュニケーションの問題、不登校、生甲斐を探したいなどなど、心身のご病気というより、生き方についてのご相談が多くなってきました。

今後のくるりんの方向性を考えて、少しフライング気味かもしれませんが、「プラーナテラピー」から「生き方コンシェルジュ」に変更しようと決めました。

というわけで、今後ともどうぞ、「くるりん」をお引き立てのほどよろしくお願いいたします。

くるりんへのご相談、お問い合わせは、下記へご連絡ください。
⇒くるりん事務局メール



※コンシェルジュ…ホテルの宿泊客の、あらゆる要望や案内などに対応する「総合的世話係」。
現在では、多くの業界、企業へ広がりを持たせています。
ホテル業界以外でも、顧客が何でも相談できる窓口を設けて、それに対して、豊富な知識に基づいて、
それぞれに合った、提案をするようなサービスやその職種に対して、「コンシェルジュ」と、称しています。

高所恐怖症がいつの間にか無くなったという話

kyoufusyou_kousyo-e1424660146287.png

数日前のことになります。
インナーチャイルドの個人レッスンにいらした方からと話をしていたときのことです。

「そういえば、私、高所恐怖症じゃなくなったんです」

唐突でした。
なぜなら、その方が高所恐怖症だということを知らなかったんですから。
いままでいろんな話をしてきましたが、高所恐怖症だという話は、一度も出たことはありませんでした。

ただ、前々回くらいに、話の流れでまたまた、高所恐怖症もインナーチャイルドだというこことや、
高所恐怖症は、危険なところで恐がっているのではなく、安全であるにも関わらず、危険だと思いこんで恐がっているというようなこと
などなどを話したことはありました。
それは、「恐れ」の感情について、危険であるという妄想だから、その妄想がなくなれば恐れはなくなるよ…ということの、例えでだした話でした。

その方が、高所恐怖症だとは知らずに話していたのです。

そして、その話をした数日後…
たまたま仕事で高所作業車に初めて乗って作業をする…ということがあったそうです。
先輩方は、恐がるだろうと想像していたことでしょう。
その方は、個人レッスンの時の話を思い出し、危険はない、危険であるという妄想があるだけだ…と、思いだしたそうです。
そうしたら、ぜんぜん恐くなく、高所での作業もこなしたそうです。
以前は、三脚すら恐かったのに、今は高所作業車の上でも平気で作業を行えるそうです。
先輩方もびっくりしていたそうですが、なによりもご自身が一番驚いていました。

そして個人レッスンの最後に、
「経験は大切ですね」
とおっしゃっていました。

確かに、いくら頭で理解しても、実際に高いところに上がってみないことには、結局「高所恐怖症」が、無くなることは無いでしょう。

04 | 2016/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー