ハーネマンのネタ、もういっちょ

ハーネマンのことについて、ついでなので、もう少し書きます。
医者となって初めて勤務したのは、精神病院でした。

そこで行われていたのは、とても治療とは言えない、ひどいものでした。
ハーネマンがはじめに行ったのは、どんな患者でもきちんと話を聞く…という、当たり前のようなことです。
でも、幻覚や幻聴があったり、自分は、神様だ、大統領だ、という妄想があったり、それまでは、話を聞くというスタンスの人はいませんでした。

患者を人間として接する、きちんと話を聞く…。
この当たり前のようなことは、最近まで、3分診療という言葉があった通り、日本の病院でもなかなか実施されていませんでした。
ドイツでホメオパシーの療法家、ホメオパスの子供たちが、たくさん医学を学んだ時期があります。
そのスタンスが、そこで医学界に受け継がれ、今のインフォームドコンセントようなことが少しずつ行われていったようです。

病人である前に、人間であること、自分の体や治療について、ちゃんと話をきき納得して、信頼関係のもとで行われること…。
それって、とても大切だと思います。

患者さんの側にも問題はあると思います。
クライアントさんの中には、病院の治療をしたいが、医者が怖い、今の担当の医者が信頼できず、信頼できるようになりたい…という人もいます。たまたまコミュニケーションが苦手な人、自分と馬が合わない人とであったのかもしれません。
どの業界でもそうですが、愛想のいい人も悪い人も、気の合う人も、苦手な人もいます。
医者である前に、療法家である前に、一人の人間であることを、どうしても忘れがちです。

いろいろと、病院や療法のせいにする前に、きちんと自分にあう、担当医を見つけていきたいものです。
スポンサーサイト

過ぎたるは及ばざるが如し

どうも、「薬用」とか「薬効成分」とかいうと、よく効くような気がして、特に薬が必要な状態でもないのに、気軽にしかも、ありがたく使ってしまうような気がします。

でも、よく考えると、作用もあるが副反応もあるのが薬で、必要な時に、適量を適当な期間使ったり、服用するから、薬として効くのであって、多すぎるとかえって、毒になるものが多いのではないかと思います。

実は、気軽に飲んでいる、お茶やコーヒーやチョコレートも、もともとは薬でした。
だから、たくさん飲むものではないんですね。

まさに『過ぎたるは及ばざるが如し』…

昔の人はそのことを良く知っていて、お客さんが来た時にだけ、緑茶をだしていました。
高かっただけではなく、飲みすぎが良くないということを知っていたと、祖父から聞いたことがあります。

さて、ホメオパシーの祖、ドイツの医者ハーネマンがいた中世ヨーロッパでは、今のように医学が発達していなくて、薬の副作用とか副反応がある…という認識はなかった時代です。
「これが良い」となると、浴びるように飲んだり、使ったり…
当時は、病気で亡くなったのか、薬の取りすぎで亡くなったのか、わからないというような時代でした。
そのことにいち早く気が付いていたのは、ハーネマン医師です。

それで当時の治療法をやらず、独自のやり方を探していました。
薬は、できるだけ少量使う、病人の生活態度を改めさせる、そして、ついに、毒物を無毒化する方法を錬金術からヒントを得ました。
この方法は、たくさんの薬を作るのに、たくさんの原料は必要ありません。一株のハーブで十分です。
そんなエコな療法でもあるホメオパシーは、これからの治療法になっていくのかもしれません。

サルギ尾根ハイキング

日曜日の晴れた日に、東京都奥多摩にある、サルギ尾根に行ってきました。

CIMG5152.jpg

今回は、登山を始めたばかりの方もいたので、地図の使い方、楽しみ方の講習も兼ねました。
登山用の地図は見たことがあっても、地形図は初めて…。
しかも、当日初めて広げるもんだ…と思っている方も多いかもしれませんが、行くと決めてからが準備です。
まずは、自宅で地図を広げ、いろんな方のブログを参考にしながら、地形図をながめ、いろいろ行程に思いを巡らせます。

 どんなコースだろう
 どんな景色なんだろう

もうこの辺からワクワクが始まりますね。

今回のコースは、はじめからいきなりの急登から…
心臓はバクバク、息は絶え絶え…
とならないように、ペース配分を考えながら登ります。
和気あいあいと話せるくらい、心拍数が上がらない程度のペースで。
登山地図に書いてある、コースタイムと見比べて、自分のコースタイムを把握していきます。
何度か、登るうちに、自分のペースというのがつかめてくるでしょう。
始めは、ゆっくりゆっくり、山に身体をなじませるように、足の裏の感覚を味わいながら…。

地図に載っている道標の場所で、実際に地図を広げて見ます。

CIMG5153.jpg

そして、地図と周りの景色を確認していきます。
以前いったことのある山、尾根…

CIMG5155.jpg

けっこう感激します。

CIMG5157.jpg


ゆっくり登ったのもあり、お昼もすぎたくらいに、途中の東屋に到着。
結構広々している東屋を貸し切り状態で、昼食。

CIMG5159.jpg

カップラーメンにウィンナーとおもちをトッピング。
薄くスライスされたおもちは、お湯を注ぐときに入れると、ちょうどいい具合に柔らかくなっています。

このコースはイワウチワがきれいに咲くコースでもあるので、また春に行きたいですね。
さて、次回は、道標のない、高水三山のサブルートで実践編を行っていきましょう。
迷わず惣岳山の青渭神社行けるかな~。

インナーチャイルドの癒しの勉強会、今回は『機能不全家族』

最近、テレビや新聞、雑誌などで話題になっている、親子関係。
「毒母」とか「毒父」とか…。
だれも、別に我が子を傷つけようと思って育てているわけではない。
むしろ、子供のためと思って、良いことだと信じていることをしているだけだと思う。
しかし、中には、いけないとわかっていても、小さいい子を怒鳴ったり、殴ったりすることを、どうしても理性で止められない人もいる。
かわいいと思っている我が子が、抱っことせがまれると、人の肌が触れる感触を気持ち悪いと思う親がいる。
子供に甘えられることに、耐えられない人もいるのだ。
何人か子供がいるのに、この子だけかわいいと思えないとか、自分の子を愛しいと思えないとか、そんな気持ちで悩んでいる人もいる。

それは、様々な原因があるけれど、その一つが機能不全家族の継承だ。
(霊格の問題もあるが、それは「サポートするためのプラーナ」の勉強会でのみ説明)

自分が生まれ育った家庭が、機能不全家族と認めることは、なかなかできない。ひどい虐待があった場合でさえ、「自分の親は、それほどひどくはない」と思いこみ、現実を受け入れられない方が多い。

親は、本当は愛情に満ちた人間なのだ、でも、自分がいけないのだ…と、ほとんどの方が思い込んでいる。

客観的な現実を認めるのは、なかなか辛いことだけど、現実を受け入れずして、いかに自分の傷をいやすことができるのであろうか?
自分を客観的に見つめ、満たされていないところ、親から教えてもらえなかったこと、間違えた常識的なこと、時代錯誤の道徳など…自分を生きにくくしている、様々なことの原因を知らなければ、いかにして人生の流れを変えていくことができるのだろうか?

ただし、原因がわかっても、それを「あなたが悪い。なんとかしろ」と親を責めることは、まだたやすい。
その現実を乗り越え、さらにつらい現実を自分の人生の糧とし、自分自身の人生を築き上げていくには、いつまでも責めていてもなにも始まらない。辛さが増すだけだ。それなら、知らない方がまだましな場合だってある。

現実をしり、その傷に気が付き、癒すのは、自分自身でしかない。
そうでなければ、誰かに助けてもらう人生になってしまい、傷が癒えたとして、自分の人生にはならないだろう。

この勉強会は、インナーチャイルドを癒すような、様々な療法やメソッドの中でも、かなり厳しい内容になるので、勉強会で全体像を学び、個人レッスンで、自分のこととして具体的にすすめていかないと、勉強会の内容が、しんどいと思うかもしれない。
次回からは、具体的方法、「分析」という手法に入っていく。

参加している方は、どんどん気持ちの奥がしんどくなってくるだろうが、最後まで頑張って参加してもらいたい。

以下、インナーチャイルドの癒しの勉強会の内容を記載する。




1回目
 心と体と魂の三位一体という考え方・プラーナについて・ストレスが体に及ぼす影響・苦しみの原因をいろんな分野から解説・霊性の段階…霊格について・自分を知ろう

2回目
 どんなときにストレスになるか?・そのときどんな感情になるか?・感情はどこからくるのか・インナーチャイルドと霊性の関係・インナーチャイルドの癒しは何のために行うか・真の大人の条件・自分の観察日記をつける・呼吸法やヨーガを日課にする

3回目
 自分の中の抵抗勢力(ホメオスタシス)・機能不全家族について・子供の発達段階・インナーチャイルドの種類とスイッチ・データ集めをしよう

今後の予定
4回目
 感情についての説明(EQから引用)・バーストラウマ(出産時心的外傷)の及ぼす影響・子育てに理想的な夫婦のあり方(機能している家族)
 
5回目
 インナーチャイルドの癒しと昇華の流れ…安全な分析という方法・インナーチャイルドの求めるものを見つける・それがどこから来たのかを探る・自分のルーツを知る

6回目
 自分で自分を癒すということ・イメージ療法で癒す・この世的価値観から霊性的価値観へのシフト・行動療法で現状維持しているパターンを変える(ホメオスタシスからの脱却)・ポジティブに対する誤解(そのポジティブ思考はネガティブかもしれない)・囚われからの解放…本当の自分の生き方、魂の流れに戻す

勉強会は、順調に進んでます

8月から始まった連続講座。
「インナーチャイルドの癒しのすすめ 初級6回講座」と「サポートするためのプラーナ 10回講座」の2つの講座。
原稿を書き進めながらなので、どうなるかと思ったけど、順調に進んでます。

CIMG4805 (1)

特に「サポートするためのプラーナ 10回講座」は、隔週なので、原稿がなかなか追いつかない。しかも、広大な内容になってしまいました。
でも、前から勉強したかったし、いつか伝えなければ…と思っていた内容だけに、やっていて、とてもおもしろい!
参加されている皆さんは…どうでしょう、ちょっときついと感じたかな?
少し内容に触れます。

※始めは、心理学的な視点から、「機能不全家族の特徴」からスタートです。まず自分の生まれ育った環境に対する理解、自分の特徴や性格と思っていたものが、実は、機能不全家族で育った人の典型的な特徴と一致していることもあります。
私がそうなんですけどね。
依存や共依存についての内容です。

※いろん立場から「苦しみの原因」について。
その昔、人の苦しみとそこから抜け出し、どうしたら幸せなれるのかを悩み追求した、お釈迦様の教えから「苦しみの原因」を。
トランスパーソナル心理学の分野から「現在の日本にある透明な空虚感」について。
霊性的な視点から「霊格別苦しみの原因」についての内容です。

※意外と理解していない感情について。EQ(こころの知能指数)からの内容を。あ、アンガーマネジメントの内容も少し入れようと思って忘れてしまったことに今気が付きました。これは、また考えます。

※「バウンダリー」という、自分と人との距離の持ち方どうしてもセラピストや、人の世話をしようとする人、人から頼られる人は、この距離感がつかめず、人の影響を受けすぎ、振り回されてしまう傾向にあります。

※そして、誰かをサポートするときに欠かせないのが、人との会話です。
共感力やコミュニケーション力についてです。
受講者からは、「共感していると思っていたが、まったく違っていた」というお言葉を数人からいただきました。共感ということを正しく理解している人は少ないと思います。でもこの共感がうまくできないと、自分の中のインナーチャイルドを癒すことができません。
またせっかく、その方のために気持ちを伝えたいと思っていても、思ったように伝わらないと誤解を招き、真逆に受け止められかねません。伝え方は、けっこう大切です。

※客観的見方についてですが、自分では客観的にみているつもりでも、自分の判断が入って聞いていることがほとんどです。
フロムの『愛するということ』の中の「ナルシズムの克服」については、参考になります。

※そして、それらの技術を身に付けるのに大切なこと。
「規律」「集中」「忍耐」「最高の関心」…これらの一つがかけても、身に付け習得することはできません。
まずは、取り組む姿勢を身に付けることが大切です。

※しかし、なかなか身につかないのは、自分の中の無意識の中にある手強い意識が、やらないようにいろいろと仕掛けているからです。(詳しくは受講者のみ)

※自分の中の苦しみの原因を解決するためには、自分自身のルーツを知ることも大切です。
そのためには、基本的な子供の成長段階を理解し、それに対し、親はどのように対応してきたか…を理解することが大切です。
自分や、サポートしたい相手の、インナーチャイルドを理解するために、欠かせない知識です。
また依存症の方には、「エイディプスコンプレックス」について知っていると、いいと思います。

※これは絶対に知っておいてほしいという、キュープラーロスの5段階モデル。
死を宣告されたときばかりでなく、トラウマの克服や、心が成長し痛みを乗り越えるときにも、同じ経過をたどります。

※苦しみを克服するために、必ず身に付けなければならない「自立」。しかし、自立について正しく理解して人はほとんどいないのではないでしょうか?「自立」するときに、ほとんどの人は、「経済的自立」を目指します。
もちろん大切なことではあるけれど、それは「自立」の重要なことではありません。
経済的に自立できない状況の人は「精神的にも自立できないか」というと、そうではないと思うのです。

※インナーチャイルドを癒すために、まず、アダルトチルドレンを克服しなければならない方も多いです。
ジョン・ブラッド・ジョーの「インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法」を参照しました。
他にもいい本がたくさんあります、それは「インナーチャイルドの癒し6回講座」に譲ります。

※魂の成長、霊性の段階について。霊性は階層に分かれていて、成長とともに段階を経ていきます。ホームページにもあるので、興味のある方はこちらへ⇒生き方コンシェルジュ くるりん「霊格について」

※この世的価値観と霊性的価値観について
生き方コンシェルジュ くるりん「プラーナと霊性について」

※神智学から、仕組みについて簡単な説明。
神智学は、医学、心理学、科学を超えたさらに深い智識になります。理解するのに骨が折れます。理解したと思うと、実は違うのかもしれません。でも、現実に私たちのことなので、理解できなくても知っておくことも大切だと思って入れました。
霊的な世界も含むのですが、様々な宗教の枠を超えた真理の智慧になります。本に書いてあることは、すべてではないし、表現できないこともあります。でも基本の基本は、まずは言葉や文字で理解するしかないと思います。その程度の内容です。
それから、幽霊が怖いという方も多かったし、変に興味や恐怖をもっている人も多いので、死後の世界の話と、生きている私たちとの関係も入れてみました。

以上、5回目までの内容です。
次回から、さらに深まり、そして実践的な内容になります。
「病気の原因」についてや、「生きる目的」とか…。
霊性の勉強をしている方のみに伝えていける内容になっていきます。

今回、勉強会で話していて、「死後の生活」についての内容は、生きているうちに学んだ方がいいな…とも思いました。
なので、これは単発で、私もさらに理解を深めて勉強会をやりたいな…と考えています。

今まで私自身、理解が難しく、下手に誤解されても、とか、立場の違いから反感を買うのでは…と躊躇していた内容も入れてみました。やってみると、目から鱗の内容が多く、「やっぱ、ちょっと、頑張って生きなきゃな」「もっと生きている実感をしたいな」と思ったりしました。
受講生の方は、今までの常識が崩れ、天と地がひっくり返ったように思っているのではないでしょうか?
それでも、毎回楽しみに来ていただいています。遠くからでも、大雨にも、風にも負けず、1週間おきに来ていただいています。本当にありがたいです。

私もそうですが、いくつになっても新しいことを学ぶというのは、楽しいのではないでしょうか?

知らなかったことを知る…というのは、苦しい作業でもあり、だからこそ、充実感もあり…。

また一緒に学んでいきましょう。



くるりんへのお問合せ
メール

久保寺での『坐禅会』を終えて

10月1日(土)に久保寺で、坐禅会を開催していただきました。
くるりんから4名、あといつも久保寺の坐好(ざこ)会という坐禅会でご一緒させていただいている方とご友人5名の9名での開催でした。
ほとんどが坐禅は初めてということで、ご住職には、禅のお話、そして座り方からお話ししていただきました。
初めてなので、20分ほどの短い時間でしたが、もう少し座っていたかったというご意見もあり、座るのが気持ちいいと感じていただいたようです。ぜひ、毎月8日の午後7時から行われている坐禅会にご参加いただければと思います。

ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。
そして、いちばんお忙しいであろう土曜日の午後に、坐禅会を快く引き受けていただいた、久保寺住職 須藤翠巌和尚様、わざわざ来ていただいた副住職 須藤一道和尚様ありがとうございました。
今回、残念なことに、写真をとるのをすっかり忘れておりました。
次回は忘れずに撮りたいと思います。

ちなみに、この久保寺のご本尊は釈迦如来なのですが、諏訪湖湖畔七福神のひとつ、毘沙門天様も併せてお祠りしています。
諏訪湖を見下ろす高台にあり、景色も最高なので、ぜひ訪れてみてください。
とても素敵なご兄弟の、ご住職や副住職にも会えるかもしれませんよ。

坐禅会の前には、諏訪大社下社に参拝させていただきました。
CIMG4967.jpg

CIMG4974.jpg

もちろん、万治の石仏も…
CIMG4979.jpg

夜は、下諏訪駅からわりと近い、ハルピンラーメンへ。独特のスープが病みつきになります。
CIMG4988.jpg

宿泊は、長年お世話になっていましたが、来年の3月で閉館になるという山王閣へ。
諏訪湖が一望できる、素敵なお部屋とお肌がすべすべになる温泉を堪能いたしました。

翌日は、諏訪大社本宮と前宮に参拝させていただきました。
CIMG4993.jpg
本宮では、これから結婚式があるようで、白無垢の花嫁さんが…♡
CIMG4991.jpg

前宮はお祭りがあるのだろうか、車、バス、人がたくさんいました。
珍しく神殿の扉が開いていました。なんだかパワーがぴしぴしと感じられ、毛が逆立つくらいのエネルギーを感じました。
いいときに来ました。
御朱印の行列もできていました。

そして、守屋山のハイキング。天気が心配されましたが、奇跡的な晴れ間で、山頂では絶景を堪能いたしました。
車で上がってくる途中では、濃い霧や雨にあったのですが、山の天気はほんとにわかりません。
CIMG5062.jpg

CIMG5052.jpg

CIMG5085.jpg

CIMG5108.jpg
岩の上には、怖くてとてもいけません。手前でポーズ!

そして最後は、温泉でしょう!蛇王鉱泉咲乃湯へGO!
犬の鈴之助がお出迎えしてくれます。きゃわいい~♡
CIMG5125.jpg
すっかり疲れがとれました。心も癒されました。
09 | 2016/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー