さらに今日の新聞から

今日の読売新聞の「思潮」のページから
「誰かを悪者に仕立て上げ、徹底的にバッシングする現象が、近年繰り返されている。今月の論壇は、そんな日本社会の不寛容を考える論考が目をひいた」
とあった。

少し前なら考えられないような便利な社会になり、SFで出てくるような便利でセキュリティーのしっかりしたものがどんどん出てきて、どんなに安心して暮らせるのだろう…と思うのだけど…。

ネットや、ワイドショーなどで繰り広げられる、いろんな方の意見は、とても厳しいなと思うことも多い。
特に匿名で広く発言できるネットでは、バッシングとか叩くという暴力的な表現が合うほど、正義の名のもとに、容赦なく書き込まれる様は、とてもつらくて読んでいられなくなる。

言う方も、言われる方も、それを傍観している方も、なんか息苦しさを感じる。息苦しく生きているその表れとして、徹底的にバッシングしてしまうのだろう。

人に後ろ指をさされないようにといっても、今はそれがとても大変な世の中だと感じる。

正義ってなんだろう?って考えてしまう。
正義を訴えている人は、自分は絶対に後ろ指刺されない行いだけをしているのだろうか?
そうなのだろう。
では正義の人は、自分は幸せに楽しく、のびのびと自分らしさを生きている…と答えられるのだろうか?
そうなのだろう。正義こそ私だって思う。
では、その人の身近な家族は、正義の人とともに、幸せに楽しく、のびのびと自分らしさを生きているのだろうか?
そこに、穏やかさや、リラックスや、のんびり…という癒し的な要素はあるのだろうか?
そうなのだろう。でも私には、想像ができない。

どんどん便利になる世の中は、果たして、人間を幸せにしていけるのだろうか?


「生きる価値観を変えてみる」
あたなの人生にとって大切なのは、何ですか?

日時 4月9日(日) 10時~11時半
場所 諏訪湖ハイツ304
    長野県岡谷市長地権現町4丁目11
参加費 2000円

勉強会のお申込み&お問合せ
くるりん事務局


スポンサーサイト

腰痛と認知行動療法

昨日の読売新聞に「腰痛に負けない」という記事が載っていた。
腰痛に悩む人は、全国に2800万人もいるそうだ。
さらに驚くことに、そのうちの約85%が、「非特異的腰痛」と呼ばれる、つまりは、原因不明の腰痛に悩んでいるという。

かく言う私も、以前は腰痛と股関節通、膝関節痛で悩んでいた。
悩んでいるというより、辛いが、あまり気にせずにそんなもんだとほっといていた。
ぎっくり腰も3度ほどやっている。

興味を持って読み進めていくと、以下の記述が…
― 非特異的腰痛の患者の特徴はありますか。
「この腰痛の一部に心理的ストレスが関係していることが近年、わかってきました」
「否定的な言葉で責められたグループと、肯定的な言葉で褒められたグループに分け、同じ負担を腰椎にかけた場合の腰痛の発生率を調べた研究が米国にあります。その結果、責められたグループに腰痛の発生率が高いことがわかりました。腰痛は心理的な面が大きく影響しているのです」
― 非特異的腰痛の患者への治療法はありますか。
「考え方や行動を変えることで、ストレスを軽減する認知行動療法がその一つです。1の痛みにこだわる人に対し、『1を0にする』のではなく、『1くらい大丈夫』と考えるクセをつけてもらうのが狙いです。」

と書いてあるではないか!
確かに、認知行動療法とまではいかないが、くるりんでのインナーチャイルドの癒しはそれに近いもの。
インナーチャイルドの癒しと昇華に取り組み、考え方のクセを変える取り組みをしてから、いつの間にか、腰痛も、股関節通も、膝関節痛もなくなっていた。
そして、すっかり忘れて今では、山に荷物を抱え、山頂でお鍋をやったりして楽しんでる。
そう、10年前くらいは、ひどい貧血もあったし、とても10㎏の荷物を抱えて山なんか登れなかった。

考え方のクセを変える取り組みをしてから、年々消化力もあがり、身体も頑丈になってきたようだ。



くるりんの個人レッスン

日常的にあるストレスにより、自分の思い込みに気づく作業からやっていきます。
毎回進み具合により、宿題があります。
 
料金 75分 7,000円
    高校生以上が対象です。(未成年の方は保護者の同意が必要です。)
 
毎週~隔週1回のペースでお越しください。
 
インナーチャイルドの癒やしは、今ままで自分を苦しめてきた、生き方、考え方の癖に気がつき、行動パターン、思考パターンを変えていく作業です。
地道で辛抱のいる作業です。
長く続けていくことが、自分の人生を充実感をもって生きて行くための早道です。
 
問題はないけれど、さらに生き方をステップアップしたい方、セラピストの方、霊性を向上させたいという方にも有効です。
 
ご家族のことで解決したいことがある場合も、あなた自身の霊性の向上によって解決できることもあります。

お問合せ⇒くるりん事務局

「諦める」ということ

頑張ってなんでも手に入れようとしてきた、往生際の悪い昭和の人間からみると、最近の若者の傾向は、はじめから諦めているような感じがします。
「悟りの世代」とも言われ、出世すること、極端な話、仕事をすること自体も「欲だ」と考え、働かない事、何もしないことを美徳とみるような傾向にあるのかな…とも感じられます。

お金さえあればの~んびりしたい
何もせずにいられるのなら、特に美味しいものを食べたいと思わない
出来る範囲で働いて、出来る範囲で遊ぶ…無理無茶はしない

一見スマートな生き方にも思えます。
わたしからみると、なんか物足りなさを感じますが、本人が満足なのだからそれでよいのでしょう。
夢を見ることや、頑張ってなにかを得ようとすることを、はじめから諦めている風にも見えます。

最近では、結婚はおろか、恋愛にも興味がない若者も多いと聞きます。
では仕事は…といえば、特になにかやりたいことがあるわけでもない。
遊びはといえば、そこそこいろいろやるけど、すごく打ち込むほどでもない。

それが満足であればいいのです。
なのに、「退屈」をすごく嫌がる傾向もあり、なんか無性にイライラしていたりします。
実際に、親の世代をみていると、頑張った先が幸せかというと、いろいろ犠牲を払って頑張ってもこれくらいかとか、
今の親の世代であれば、まだ頑張って年を取った先に、年金で割と楽に暮らせるとかあるけど、若者の世代はそれも当てにできない。ならば今頑張るより、楽して楽しいことを今やったほうが得じゃないか…って考えるのも仕方がないと思います。
そういう時代なのだから、仕方がないと言えば仕方がない…。

さてこの「諦める」ですが、意味を調べてみると…

  もう希望や見込みがないと思ってやめる。断念する。(goo辞書)

他も見て見ましたが、大体が断念する…というような意味でした。
しかし、この「諦める」は、熟語になるとちょっと意味合いが変わってきます。
例えば「諦観(ていかん)」

 本質をはっきりと見きわめること。(goo辞書)

「てい」で辞書を引くと

 1 明らかにする。「諦視」
 2 締めくくり。まとめ。「要諦」
 3 あきらめる。「諦観・諦念」
 〈タイ〉仏教で、悟り。真理。「三諦・真諦 (しんたい) ・俗諦・妙諦」

となります。「諦」は仏教用語で使われる言葉でもあります。
それを書いてある良いサイトがありました。
 「諦める」一郷 正道(いちごう まさみち)(教授・仏教学)


そう考えると、同じ「諦める」でも、いろんな諦め方があるようですね。
私は、どうせ諦めるなら、やってダメだったと納得して諦める生き方をしてみたいもんだ…と思います。
まぁ、いままでは、ちょっと考えて、ダメそうだと感じたら、はじめから諦めてしまうような生き方をしてきたので…。
あれ?今の若者と変わんないじゃん!
あははは…ま、そんなもんでしょう。道理がわかれば、生き方が変わることってありますからね。



くるりんの個人レッスン

日常的にあるストレスにより、自分の思い込みに気づく作業からやっていきます。
毎回進み具合により、宿題があります。
 
料金 75分 7,000円
    高校生以上が対象です。(未成年の方は保護者の同意が必要です。)
 
毎週~隔週1回のペースでお越しください。
 
インナーチャイルドの癒やしは、今ままで自分を苦しめてきた、生き方、考え方の癖に気がつき、行動パターン、思考パターンを変えていく作業です。
地道で辛抱のいる作業です。
長く続けていくことが、自分の人生を充実感をもって生きて行くための早道です。
 
問題はないけれど、さらに生き方をステップアップしたい方、セラピストの方、霊性を向上させたいという方にも有効です。
 
ご家族のことで解決したいことがある場合も、あなた自身の霊性の向上によって解決できることもあります。

お問合せ⇒くるりん事務局

今日はお彼岸の入りなのですね。

120080304143040.jpg

今日は、天気も良く、温かかったので、久々に近くの神社やお寺のお参りに行ってみました。
日ごろお世話になっている、神様仏様にお礼と、よろしくお願いしますと、ご挨拶に行きます。
お寺に行くと、なんだかいつもはがらがらの駐車場や駐輪場にたくさんの車や自転車が…。

そうだ、今日はお彼岸の入りでした。お墓参りの方が多く訪れているのでした。
実家から離れていると、こういうことに疎くなってしまいます。
跡を継ぐ方は、財産とともに、こういった細かいことも引き継ぐのですね。
跡取りの方って、目に見えない面倒がたくさんあるのだと思います。

そうはいっても最近では、そういう面倒を子孫にかけさせたくないと、葬儀を行わなかったり、お墓を持たなかったりする方が増えているようです。
しかし、こういう行事でもないと、疎遠になる親兄弟も多いのではないでしょうか?
私も子供に面倒はかけないようにって思っていたんですが、最近は、面倒を残すのも悪くないのかな?って思うこともあります。
天涯孤独であれば、こういう面倒はありません。
はたして面倒なのは、悪いことなのか、どうか?
自分の思いだけでなく、ご家族がそういうことを話し合うことが大切なのかもしれません。

最近では、墓参りに行かないどころか、ご先祖様のお墓がどこにあるかも知らない方も多いように感じます。
参考までにですが、五十肩で痛くて腕が上がらないと言っていた人が、勧められてお墓参りしたら、動くようになったとか、楽になった…という方を何人か知っています。
このブログを読んでいるあなた、これもなにかのご縁です。
もし毎年お墓参りしていないのであれば、これを機会にお墓参りに行ってみてはいかがでしょうか?

さて、日本では、亡くなった方へお坊さんにお経をあげていただきご供養をすることが多いと思います。
お墓のある菩提寺の宗派によっても違いますが、ほとんどは「般若心経」を読むのではないでしょうか?

どうやら般若心経は、万国共通で通じる、亡くなった方へ届く言葉のようなのです。
そして、宗教宗派を問わず、国籍や言語を問わずに、成仏へ導いてくれるお経でもあります。
不思議ですね。
くるりんに来ていただくクライアントさんとともに、知らずにお連れになった障未成仏霊やもろもろのあの世の方々のお世話もさせていただきますが、ほとんどは、般若心経でご納得されます。それだけ力のある言葉なのでしょう。

もちろん生きている人間の魂にも、潜在意識を通ることなく、直接響きます。
写経や、読誦が、良いとされる理由がここにあります。

しかし、力があるということは、薬と同じでやたらとむやみに自分の判断で手を出すのは、いかがかと思います。
かならず、指導してくれる方、お寺の和尚さんなどの、ご指導の下で行うことをお勧めします。
お近くやご縁のあるお寺で、写経会や読誦をする集まり、坐禅会などがありましたら、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

「生きる価値観を変えてみる」 長野県岡谷市でも行います

価値観についての勉強会を終了しました。
好評な内容で、たくさんの方に聞いていただきたい思いで、いつも出張で行っている、長野県岡谷市でも開催をすることにしました。




「生きる価値観を変えてみる」
あたなの人生にとって大切なのは、何ですか?

日時 4月9日(日) 10時~11時半
場所 諏訪湖ハイツ304
    長野県岡谷市長地権現町4丁目11
参加費 2000円




勉強会の中で、私たちが今まで生きていく上で、なじみのある価値観を「この世的価値観」といい、新たにお伝えする魂の求める価値観を「霊性的価値観」と表現しています。
霊性的価値観の説明はなかなか難しいのですが、こころの底から納得のいく生き方をしたい方には欠かせない価値観となるでしょう。

例えば、朝調子が悪い時…お腹が痛いとか、頭が痛いとか…
そんなとき、「この世的価値観」の中では、もしお子様やご家族であったら、
「あら大変、学校お休みにする?」
「大丈夫?会社行ける?」
「病院に行こうか?」という言葉かけになるでしょう。
学校や会社に行けるかどうか、勉強や仕事ができるかどうかが、問題になり、「今日は休んでゆっくりしよう」とか、「病院に行って薬をもらおう」ということになると思います。
そして、なるべく早く、病気を治して、普段の生活に戻そうとするのではないでしょうか?

「霊性的価値観」の中では、少し異なります。
もちろん、身体の調子が悪ければ、病院にいったり、それなりの治療を行うのは同じです。
しかし、それよりも、「どんな意識が原因だろうか?自分を見つめて、意識を改めようか」とか、普段の生活の中で、なにか考えることがないか…と自分の気持ちと向き合うことの方が重要になってきます。
無理、無茶はしていないか、批判的ではないか、生き方そのものを考え直すときか…などなど、その人、その場で異なってきます。

そのように見ていくのは、「霊性的価値観」の中では、身体の不調は、魂からのメッセージだと、とらえているからです。



勉強会のお申込み&お問合せ
くるりん事務局

「生きる価値観を変えてみる」 日曜日にも行います

昨日、勉強会終了しました。
終わった後に、ラフに感想を述べていただきました。

開口一番「難しい…」

内容が難解ということではなく、すっきりとしない感じ。
実際に自分に当てはめてみるのが、難しい。
小さい時からそうやって生きてきたので、今更変えるのは大変。
そんな感じでした。

なんかもやもやとする感じで、なにかを聞きたいけど、何を聞いたらいいのかわからない感じもありました。
もっと具体例が欲しいというご意見も多かったです。

貴重なご意見をいただき、とても参考になりました。

生き方に関することなので、一般論で話せるとこが少ないのが難しいですね。
結局、一人一人のオーダーメイドになっていくのでは、ないでしょうか?
とくに、具体例は、その人がどう生きたいかによって、内容が変わってくるので、個人レッスンで詰めていくしかありません。

結局奥歯にものが挟まったような表現しかできません。
できませんが、モヤモヤするというのは、とてもいいことだと思います。
いままで考えたことも無いようなことですので、ちゃんと理解していれば、モヤモヤするのは当然ともいえます。

それでも、皆さんと話しながら膨らんできた内容もありますので、さらに原稿に手を加え、次回の勉強会に活かしたいと思います。




場所 東京都東大和市南街6-11-2くるりん

日時 3月12日(日) 10:00~11:30
   
参加費 2000円


お問い合わせ&お申込み
くるりん事務局

生きる価値観を変えてみる

2月に行った勉強会『生き方コンシェルジュくるりんからの提案 魂の求める生き方—結果を求めるだけの生き方は、もうしない』は、ちょっと深く入り込んだ内容で、伝えるのが難しいと感じました。
話の流れも強引で、少し勉強した方なら、その間をご自身の経験で埋めることができるけど、ちょっと伝わりにくかったように感じました。

それで、考え直した内容で、再度開催したいと思います。
書き始めた原稿の出だしをそのまま掲載します。




あたなの人生にとって大切なのは、何ですか?

どうも、自分の人生はうまくいっていないと感じる。
もしくは、あまり興味もなく、問題なく過ぎていってくれればいいと思う。
いわゆる充実感ってものがない、幸せだなぁとしみじみを感じたことが無い。
親や学校の先生の言う通り、勉強してルール守って、人に迷惑をかけないで、
ただまじめに生きてきたんだけど、
確かに特に大きな問題は起きないけど、

幸せかと聞かれると…???

幸せだと言い切れる大人は、いったいどれだけいるのだろう?
充実感や満足感を感じて、「生きている」ってことを実感して、毎日を生きている人って、

一体どれだけいるのだろう?

自分の周りを見て見ると、自分以外の人は、なんかうまくいって、生き生きとしているように感じる。
そんな風には、思わないだろうか?




いま、読んでいただいて、もし同じように感じたのなら、生きる基準となってきた、あなたの今までの価値観では、身の丈が合わなくなってきているのかもしれません。
そんなときは、一度立ち止まり、生きる基準となる価値観を見直すことが、大切かと思います。

また、自分や家族の誰かが、病気やケガで苦しんでいたり、仕事がうまくいかず定職に付けなかったり、引きこもりになってしまっていたり…、
そんな人生の行き詰まりを感じたときにも、悩むことを少しやめてみて、一度立ち止まり、生きる基準となる価値観を見直すことが、大切かと思います。

そのためにも、知っておいて欲しいことがあります。




場所 東京都東大和市南街6-11-2くるりん

日時 3月 6日(月) 12:30~14:00
    3月12日(日) 10:00~11:30
    両日とも同じ内容になります。

参加費 2000円


お問い合わせ&お申込み
くるりん事務局
02 | 2017/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー