岡谷市クラス「コミュニケーションってなんだ?」次回は…

more...

スポンサーサイト

看取りと送るということの、お話し

ご夫婦でくるりんにいらっしゃっている方で、両親を家で介護し、最近お父さんを家で看取った方がいらっしゃいます。
痴呆症が進み、身体も弱ってきて、施設に入れることを周りから勧められるようになり、いろいろ調べて何が自分たちの家族にとっていいのかを考えたそうです。
ほぼ施設に入れることを決めかけたとき、たまたまあった講座に参加し、家で看取るという選択があることを知ったそうです。
お医者さんでも、ホスピスをやられている現場の方でも、自然な死の瞬間をご存じの方が少なく、そういった勉強をする場が本当に無いそうです。睡眠薬で眠ったままの状態で、様態が急変することもなく、いつの間にか亡くなっていた…ということも多く、在宅で看取るときの、家族に見守られて…ということがなかなかかなわないことの方が多いようです。

そんななか、そのご家族は、人の紹介で、在宅ホスピス医の内藤いづみ先生にお願いすることができ、管や機械につながれることもなく、自然な形で息を引き取る瞬間に立ち会えた…とおしゃっていました。事前にビデオで勉強もしていたので、「そろそろだな」という様子がわかり、そこに家族が居合わせることができたということです。

家で看取ることは、本当に大変だったけど、最後の親との時間はとてもいい時間だったということでした。
親の最後を入院させないということは、思ったより大変で、看護する家族はもちろん、他の兄弟や親戚の理解も必要で、しかも、サポートしてくれる専門医に、出会えるかどうかも重要です。

亡くなった後も今は病院から、火葬場に直送することも多く、その後の残された家族の乗り越え方が違うようです。
本当に大変だったけど、最後の時間を落ち着いた形で看取ることができたということで、後悔はなく、ただ故人との思い出に浸ることができるようです。自分たちが残された生をいかに生きるかということにも、つなげやすいように感じます。
しっかりと目の前の「死」と向き合うことは、自分がどう生き、どう死にたいか…につながり、とても大切なことだな…と思いました。

そんなことを思っていたら、今度は、坐禅会の後、住職からお葬式の話がでました。
坐禅会は、長野県岡谷市の久保寺で、毎月8日に行われています。
CIMG5776.jpg

今回住職は、お通夜があり、そこから帰ってきてのお話でした。
「最近は、なんでそんなに早く済ませてしまいたがるんだろう?家族葬に、直送に、密葬…。
手短に、簡単に済まそうとするけど、その人が生きた最後のお別れのとき。
そんなに早く焼いてしまわなくてもいいに…。」

どちらかというと、早く送ってあげなければ、いけない…というイメージがあるのですが、どうも、効率を考えてのようです。
5日とか1週間とか、ともにいてあげて、お顔をじっくりとみて、故人を偲ぶ。
世話になったと、いろんな人が合いに来る。
最後にお顔だけは見たかったと言われても、焼いてしまったら後の祭りです。

送ることを頼まれた和尚さんも、ただお葬式に行ってお経を読むだけではないそうです。
本来は、生きているうちに、仏門に入りますといういろんな手続きを経て、戒名をいただきものだそうです。
それをお亡くなりになってから行うそうで、しかも戒名を考えるときは、いろんな教えの中から、その方の生前を思い浮かべ、その方に合った字を選ぶので、そんなに簡単ではないそうです。
「少なくとも、自分はそうしています」
とご住職はおっしゃっていました。
なので、急に明日の午後とか言われても、間に合わせますが、とても困るそうです。
しかもちょっと寂しい感じがします。

密葬というも、もともとは、大きな本葬があっての、その前に身近な方で行うのが密葬で、本葬ありき…だそうです。
何十年も生きた証…ということで、たくさんの方に偲んでいただくのが、本来の形なのでは。
そうはいっても、経済的時間的事情があるのは仕方がないこと、せめてそのことを、まずはご住職に相談していただければ、それに合わせてなんとでもできると言うことです。
もう焼いてしまいました…と、事後報告で対応するのが、一番せつないそうです。

そう考えると、お墓があるお寺のご住職と、なんかの折に話をしておくことは重要なのではないかな…と感じました。
そのお寺のご住職は「送る」ということをどう考えて、どういう対応をしているのか…。
死んでからでは遅いです。生きているうちに、この方に送られたいか…を見定めておくことは重要なのでは…。

ということで、「死」ということについて、とても良いお話を続けていただくことができました。
「死」を知り考えることは、残された人生は人それぞれ違いますが、改めて、これからどう生きるか…ということを考えていくことにもなるのではないかと思います。

インナーチャイルドと身体の不調

くるりんの勉強会に来ている方は、散々「身体の不調の原因のほとんどがインナーチャイルド」だと聞かされているので、頭では「そうだよな」と認識している方が多いと思います。
でも、実際に体感するというか、経験として感じている方はどれだけいるだろうか…。

今日レッスンに来た方は、もともとアレルギーがあり、すぐに皮膚がかぶれたり、息苦しくなったりする方です。
アルバイトに行き始めてから、喉に違和感があり、息苦しさが出るようになりました。
先月のレッスンで、詳しい症状を聞いた私から
「一口にアレルギーと言っても、いろんな理由が考えられるが、どうも、今の症状は自分を責めているようだね。もっと自分を許すことをやってみようか」
と言われたことがずっと頭から離れなかったそうです。
それで出来ない自分を責めるクセがあるけれども、落ち込むことをやめ、責めたくなったら「いいんだよ」と、自分の内面に声をかけるように変えてみたとのことです。
そして、今のできない自分を許していくのと同時に、「できない自分はダメだ」というインナーチャイルドの対処も平行して取り組んでみたそうです。(インナーチャイルドの対処は、レッスンに来ている方のみ伝えています)

もちろん病院にも行きました。幸いアレルギーではないということで、「喉の症状は、精神的なものが多い」とお医者さんに言われたようで、一層その2つの取り組みに力を入れたそうです。

そうしたら、数日で喉の違和感などの症状はなくなったそうです。
最近の、インナーチャイルドについてのブログの中で、イヤな感情を「高級食材」と書いてあったがその通りだったと、その方はおっしゃっていました。
「感情を感じたら、一歩引いて自分の内面を見つめてみることは、とても大切なことなんだな…と思いました。」ともおっしゃっていました。

それでもいまでも気を抜くと、責めクセがでてしまうので、もう、出来ない自分を感じても、落ち込むことはせず、引き続き取り組んでいくことを決意されました。

インナーチャイルドとカルマ

カルマと書くと、ちょっと仰々しくなるかもしれないけど、イメージしやすいかと思い使用しました。
なのでこれから書く内容は、本来の意味とはちょっと違うのかもしれません。

身体は寿命があるけれども、魂は何度も生まれかわって成長を続けています(成長を続けているはず…ですが…)。
人にも、得手不得手があり、全てを完璧にできる人がいないように、その魂にも得手不得手があります。
得意分野を伸ばすというのもあるけれども、それには限度があります。
そして、不得意分野はやらなくていいかというと、そういうわけにも行きません。

例えば計算が得意だからといって、計算ばかりやっていても、数学の点数はよくなりません。
文章を理解する力や、漢字を読めて意味を知っていることも必要です。
だから国語も勉強しないと、数学は伸びません。

魂の成長もそれと同じです。
得意なことばかりはやっていられません。
不得意分野に挑戦する時期もあります。

そうすると、それに必要なDNAと環境(両親などの保育環境)を選ぶでしょう。
しかし、もともと不得意なので、ストレスになるし、うまくできません。
とてもつらい幼少期を過ごすでしょう。

そして、もともと過去の生でも不得意でしたから、そこに対するコンプレックスがあり、それで失敗した経験(トラウマ)もあります。
しかし、はじめからうまく身に付けることなどできず、同じ失敗を繰り返し、トラウマを増やししていきます。
そんな状況はなるべく避けたいですよね。
それで得意分野を使い、うまく乗り切ろうとします。得意分野で補おうをその力を使い続けます。
そうすると、不得意分野はちっともできるようにはならず、なまじっかうまくいくと、「これでいいのだ」と余計に頑なになります。

「それはその人のためにならない」となると、病気になったり、大きな挫折があったり…、得意分野で乗り切るというごまかしは、使えないようになります。
元々、偏った能力しか使っていないので、無理がかかるということでもあります。
いろんな能力をバランス良く使えると、無理がなく、負担も分散できていいのです。

身体の不調や、悪い状況が起きることで、今までのやり方を見直したり、やり方を変えていくことで、本来のその人のやるべきことに向き合えるチャンスがきます。

でも大抵の方は、
「自分はこんなに頑張っているのに、なぜこのような不幸に見舞われるのだ」
「いったい私は何をしたというのか」
と、不満に思ったり、運命を呪ったりするでしょう。

インナーチャイルドは魂の不得意分野でもあります。
それを乗りこえることで、さらに大きく前進できるチャンスでもあります。
いろんなことを、楽にこなせるようになるきっかけにもなります。
まさに、「ピンチはチャンス」

しかし、それでも大抵の方は、ピンチをさらなるピンチにしてしまい、乗り越えることをせず、同じような生を繰り返していくのでしょう。
そして、カルマの輪からは抜け出せず、苦しみの中で不平不満を言いながら、あの世へと旅立ちます。
それでも何度も何度もチャンスは来ます。だから大丈夫。
私が自分をあきらめたとしても、運命のほうは私をあきらめないようです。

感情のタイムラグと、ホメオパシー

インナーチャイルドを探し、見つけ、癒していく上で、今、自分がどう感じているのか…という感情を自覚することはとても大切です。
でも実際は、自分が何を感じているのか…ということに、気が付けないでいる方が多いです。

忙しさもあると思います。
それ以上に、負の感情を素直に感じることに抵抗を覚える方のがほうが多いと思います。

大人そんなことでは怒らない。
そんなことで怒るのは、小さい人間のすることだ。
そんなことで、怖がるのは変だ。
すぐ泣くのは、みっともない。
泣いたら負けだ。

など、人として、劣っていると感じてしまうので、自分には無いものとしたい…という場合もあります。

また、小さい時から、怒ったり、泣いたりすると、怒られたり、バカにされていたので、感じないように抑圧するクセが付いている方がいます。

感情を認識してから、抑圧していれば、後からでも思い出すこともできるので、まだよいのですが、意識に上る前に、はじめからない事にするクセが付いてしまっている場合は、なかなか大変です。
認識していないだけに、自分には無いものとしてしまいます。

あまり感情の起伏が無い…という方の中にいたります。
また、感情のタイムラグがある人も多いです。
私も以前そうだったのですが、その時は、笑って楽しく話しているのだけど、家に帰ってから、その時の会話が思い出され、「あ、バカにされた」と、どんどん怒りが沸き上がってくることが多々ありました。
その場で言い返せれば、笑って終わって、後にも残らなかったのに…と、地団駄を踏むことが多かったです。

そのようなタイムラグの大きさは、抑圧の歴史の長さによります。

抑圧した感情は、意識していなくても、確実に自分の中に存在します。
ネガティブなエネルギーとして、プラーナに溶け込み、確実に体調に影響を及ぼします。

例えば、
肩こりのひどい人。
慢性的な腰痛がある人。
ストレートネック。
じんましん。
アトピーや喘息などの慢性的な症状の悪化。
関節痛。
股関節が硬い。
手足のしびれ。
身体が非常に硬い。
疲れやすい。
頭痛。
原因不明の咳。
急に視力が落ちた。
胃腸の問題。
などなど…
 
その時の症状を薬やセラピーで治してしまい、もともとの原因であるインナーチャイルドをそのままにしておくと、慢性的な重大な病気にまで至ることもあります。糖尿病や、痛風などの、生活習慣病といわれるものだったり、心臓病や、高血圧であったり。

a0133724_0142360.jpg


特に乳幼児からの抑圧したエネルギーは、実はとても影響が大きく、私たちの人生に影響を及ぼしていきます。
しかし、普通は思い出すことはできません。
そういった抑圧した感情は、今の出来事で確実に反応しています。
今、あなたが何に対して、どう感じるかは、あなたの過去の積み重ねで決まります。
なので、今の感情を丁寧に見ていくことが、過去を癒すことになります。
しかし、感情を抑圧するクセが付いていると、そうもいきませんね。

でも体調には表れてきます。
その体調から、ホメオパシーを使ってアプローチしていくことで、今の感情をちゃんと感じられるようになることが多いです。
そして、ホメオパシーを日常的に使っていくことで、自分の感情に気づきやすくなっていきます。
ちゃんと、感じて表現したり、発散したり、自分で共感していくことで、少しづつ自分の中にある負のエネルギーが減っていきます。
体調も早く戻りやすくなりますし、また体調を崩すことも少なくなっていきます。

あまり怒りがわかなくなったら…

前回の続きで書いてみたいと思います。
大抵の方は、同じことがあっても、あまり怒りがわかなくなったら、それで、良しとする人が多いように感じます。
でも実は、軽くなってあまり感じられなくなっただけで、解決はしていません。

なので、大きなことが起きたり、睡眠不足だったり、理性のコントロールが効かなくなると、また怒りを感じたりします。
根本的な解決には至っていなかったので、しょうがないです。
幼少期からくすぶり続けていた怒りのエネルギーは、多少減ったかもしれませんが、無くなってはいないのです。
くすぶっている怒りは、プラーナに溶け込んで、知らないうちに私たちの体調や考え方、人生に悪影響を与えています。
ここで手を緩めないのが、くるりん流。
せっかく、自分の奥深くで認識されることもなく、くすぶっていた怒り…
やっと表面に現れ、具現化したのだから、ここから一気に癒していきたいもの。

そんなに怒りを感じられなくなったからって、見つめないまま終わらせてしまっては、勿体ない。
とても良い、高級食材をいただいたのに、ちょっと味見だけして、おいしいところを捨ててしまうようなもの。

怒りが湧いてきた出来事に対して、自分はどう受け止めて、どう感じたのか…
それは、どこからきたのか…
じっくりインナーチャイルドと会話をしていくと、芋蔓式に、同じような出来事が幼少期からあったことを思い出してきます。
そうしたら、その時の気持ちをちゃんと受け取ていきましょう。

そして、どうして、そのことに怒りが湧くのか…
その根本的な原因を探っていきましょう。
インナーチャイルドは、自分自身の一部とはいえ、お子ちゃまな存在です。
大人の頭で、「そんなことは考えないだろう」と思っていると、間違えてしまいます。
自分の中の子供と、ちゃんとコミュニケーションをとることが大切です。

しかし、私たちは、意識せずに小さい時からのやり方で、インナーチャイルドに接してしまいます。
小さい時からのやり方は、身近な大人たちの会話から学んできました。
お父さんとお母さんの会話、お母さんと近所の人との会話、家族の会話…

お父さんやお母さんとのコミュニケーションで傷ついたのに、自分も同じ方法で、インナーチャイルドに話しかけても、答えてはくれないでしょう。

反抗期の子供

親と同じやり方では癒されません。
一度、自分のコミュニケーションについて、考えてみることは大切ではないでしょうか。

私たちは、インナーチャイルドが、傷ついた原因を、自分の中に探し当てた時に、本当の癒しが起きます。
自分の中にある価値観、「そうあるべき」「そうあってはいけない」に気が付けたときに、そのスイッチは無くなるのです。
そして、ちゃんと真剣に自分と向き合わなければ、その価値観に気づくことはできないのです。



コミュニケーションって、なんだ?

~♥ コミュニケーションについて、共に学びませんか? ♥~

人の悩みは結局、人との関わりから起きるようだ。
ということは、人とのコミュニケーションがうまくいくと、
いろんなことを、解決できるということにもなる!

参加費 昼食付き各回7000円(一括2万円 岡谷クラスのみ)
時間 10時半~14時半(お昼時間を含む)

会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 
    岡谷クラス…諏訪湖ハイツ
     長野県岡谷市長地権現町4-11

東大和日曜クラス  2回目5月28日 3回目6月17日
東大和火曜クラス  2回目5月30日 3回目6月20日
岡谷 木曜クラス   1回目 5月18日 2回目6月15日
          3回目7月13日


お問合せ&お申込み
くるりん 事務局

インナーチャイルドとホメオパシー

最近、ホメオパシーについて、アップしたら、リクエストをいただきました。

「レメディはインチャを癒してくれますか? 怒りが出たらスタッフサグリアを摂りますが、私の怒りのエネルギーはそれで無くなる訳ではないですよね。 インチャとか感情に対するレメディの摂り方をもっと知りたいです。」

ありがとうございます。今回は、インナーチャイルドとホメオパシーについて、私が思うことを書いてみたいと思います。
もしかしたら、違う感触をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまでも、私個人が感じていることです。

ホメオパシーは、癒して無くす…という感じとはちょっと違うように思います。
癒しやすくしてくれると思います。
確かに、怒りがでたらスタッフサグリアをとると、気持ちが楽になることもあります。
それでも怒りのエネルギーは、無くなりません。

何かがあって、怒りが湧く…。
今あったことに対しては、スタッフサグリアが楽にしてくれることもあると思います。
でも、そもそもなぜその出来事に怒りが湧いたのでしょうか?
もし、100%の人が、その出来事で怒りが湧くのであれば、その怒りの原因はその出来事にあると思います。
そうではなく、同じ出来事でも、怒りが湧かない人もいるのであれば、その怒りの引き金は、自分の中にある可能性が高いです。

自分の中に怒りの元があり、今あった出来事は、そのスイッチでしかありません。
怒りの元は、いろいろありますが、幼少期のトラウマや、厳しくしつけられて、我慢させられたことが、怒りの元であれば、その怒りのエネルギーは、自分の怒りが治まっても、自分の中でくすぶり続けています。
なので、また違う出来事で、怒りが湧くのです。同じことの繰り返しですね。

ホメオパシーのレメディーをとると、もし、その怒りがマックスで激しいものであれば、治まることが多いです。
しかし、そうでない場合、逆に沸々と怒りが沸き上がり、抑えきれないほどになったり、イライラしやすくなったり、場合によっては、身体の不調として現れることが多いです。それが「好転反応」と呼ばれるものです。

そうすると、いろいろとレメディーをとってしまう方が多いのですが、ここはもう反応が起きているのですから、とるのをやめます。
自分の中でくすぶっていた、怒りのエネルギーが表面化してきたのです。
そうすると、自分は何に対して、どのように感じて、どんな怒りの感情を持っているのか、言葉で表現しやすくなります。
それが癒しの一歩になります。
言葉によって「具現化する」というのは、とても大切なことだと、私は感じています。

「私はこういう怒りを持っていた」と、いままで感じることのなかった、自分の中で静かにくすぶっていた怒りに対して、形をつけてあげるというか、名前をつけるのです。
形のないものを無くすことはできませんが、形あるものを無くすことはできます。
形が見えれば、対処することができるのです。
つまり、自分で認識して初めて、癒すことができるようになるのです。
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー