「プラーナ」について…その1

2014年が明けました。
今年の元旦の初詣はちょっと遠出して千葉県の香取神宮に初詣に行ってきました。
ここはこれからくるりんとしてインナーチャイルドの癒しを広めていくためにお世話になる千葉県松戸市千駄堀の氏神様である香取神社ゆかりの神宮です。
香取神宮の広い境内はたくさんの人が来ていて参拝のために並んでいる人でごった返していました。
出店もたくさん出ていて、お祭りのような華やかさです。
そんな人のざわついた空気の中で、最後の鳥居を超えたあたりで急に空気が変わったのがわかりました。
それまで、人ごみで空気が重たく感じていたのですが、とても清々しい空気に変わり空気がとても軽くなるのがわかりました。
とても清々しい心地いい空気です。ざわついた心から自然と厳かな静かな心へと変わります。
そして、いつまでも心地いい空気の中にいたいなと思いました。

それから4日には、師に連れ立って修行仲間とともに毎年訪れている富士吉田浅間神社に参拝してきました。
いつも浅間神社の境内に入ると身体の中の気が通り滞りが取れるような感じがして、とても心地いいです。
そして帰宅後、くるりんの本拠地である東京都東大和市の氏神様である大和八幡神社に行ってきました。
地元の神社のためか安心感のある場所です。たまに天気のいい日は、境内で考え事をしたりゆっくりした時間を過ごします。
ここで神社にまつわる話をしたいところではありますが、他のサイトでもご覧いただけますので、今回は「プラーナ」について書いてみたいと思います。

私が初詣で感じよたように、格式のある神社とか人里離れた山の上とか自然の中とか…そんなところで、「清々しい」とか「軽くなる」とか「気持ちのいい感じ」とか…つまり「心地いい」と感じることがありませんか?
逆に「ここなんか嫌だな」とか「重たい感じ」とか「ひんやりして気持ち悪い」とか…つまり「心地悪い」感じがして、早くそこから離れたいと感じたことはないですか?

>>続く
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー