勉強会の案内

前々回、前回の記事で、満員電車での出来事から、同じ場面にいて同じ体験をしていても人によって見え方が違うとことを書きました。

親子であれ、夫婦であれ、親友であれ、見えているものが違っています。
思い出話をしたときにされぞれが違うように言ったり、覚えている箇所が違っていたりという体験はなさっていると思います。事実と私たちが思っている大半が不確実なんです。
よく口約束で言った言わないってもめるのも、そこからきていてどちらかが正しいのではなく、どもらも正しいことが大半です。同じことを見たり聞いたりしても、人は自分の都合がいいように解釈したり、自分の価値観で理解したりしています。そして、記憶にとどめます。だから見えている景色が違うのです。

ということで、言った言わないの水掛け論になり、解決できないか、解決してもしこりを残すことになるのです。

自分が事実だと信じていることが不確実だとしたら、一体なにを信じればいいのでしょうか?
それはその出来事や言葉に対して、「自分がどう受け止めて(どう理解して)、そのように感じたか、自分はどのような感情を抱いたか」ということだけは正しいことです。
人がなにを感じるか…それには正しいも間違いもありません。その時に自分がどう受け止めどう感じたかは動かしようもない事実です。なので、物事を解決するときにそこに着目していきます。

その時の出来事や言葉に対し、どっちが正しいか…という目線は「犯人探し」というのですが、争いや憎しみを生むだけで、なにも解決しません。しかもとても疲れます。
どっちが正しいかということを追求することをあきらめたほうが、その問題を解決に導くでしょう。

インナーチャイルドの癒しの勉強を初めてから、こじれていた親子関係や夫婦関係や友人関係を修復する糸口が見つかった、コミュニケーションがとれるようになった、どうしたら良い関係を築いていけるかが見えてきた…という体験談を多数いただいています。
「もうだめだ!」と思っていたところにも、解決の糸口が見えてくるのが、くるりんの「インナーチャイルドの癒し」です。

***いよいよ明日開催 勉強会のお知らせ***

『インナーチャイルドの癒し』へのご招待

病気や生き方で行き詰っている方
目標に向かって頑張っている方
打たれ弱い方


ぜひご参加ください。

「インナーチャイルドの癒し」ってなに?「プラーナテラピーでは、いったい何をするのか?」について簡単にお話いたします。

今までなにをやっても良くならなかった方、物足りないと感じている方、ぜひお試しください。
新たな道しるべがみつかるかもしれませんよ。

下記の勉強会はすでに終了しております。
日時 : 2014年 1月19日(日)
     10:30~12:00
場所 : 東京都東大和市南街6-11-2
参加費: 2000円


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー