優しくないって…冷たいの?

最近同じようなことが続けてあり、「あれ?」って思ったので書いてみます。
たぶん自然に同じように思っている人って多いのではないかな~。

「私って冷たい人間なの。優しくないの」とか、「○○さんって優しいから、…はできないんじゃない?」的なことを言ったら「それって私が冷たいってこと?」と言われたりしたんですが…
なんか違和感が…
「優しい」の反対語って…冷たいだった?しかも私は、優しくないから冷たいって思っていないし…?
冷たいの反対語はあたたかいとかあついだよね。

と思って、ネットで調べてしました。
ググってみると…
「優しい」の反対語⇒厳しい・こわい・恐ろしい・つれない・すげない・むごい・はげしい・きつい
でしたが、どこにも「冷たい」はありませんでした。

では「冷たい」の反対語⇒ぬるい・親切・あたたかい・あつい・温い・情け深い
でした。
そうするとこの場合、「優しい」=親切とかあたたかいとか、情け深いということと同じように受け止めているのでしょう。
そうなると、優しくないということを言われると、親切でない、暖かくない、情け深くないと言われたように感じてしまうのですね。
でも、前後の会話からの流れでは、そのようにはならないし、また、優しくないとどうして思うか具体的に聞くと、確かに、優しくないけど、情け深くなくはないし、その人からは冷たい印象は持たないです。
少なくとも、「優しい」をいい意味でとらえている人が多いんですね。
私も以前はよく考えず言葉のイメージだけで、「優しい=いい人」「優しくない=冷たい人・ひどい人」ととらえていたかも。

まぁ、私の場合は、気が弱いとか、意気地がない、優柔不断、自分がなく周りの意見に流されるひと、インチャが強くていい人…と、真正面から言えないときに、濁すような意味で使うことが多いです。
優しいさは、時には「小さな親切大きなお世話」になりますし、人を真綿で絞めるような場合によっては、相手を加害者にするようなこともあります。いい人だから、文句が言えない、でも傷つくよなぁ…的な。よくある、「あなたのためなのよ」「あなたのためにやったの」とか「あなたのために考えたことなの」とか…。
でも、情け深い人や、あたたかい人は、その人が気が利くようなことをするわけでもなく、安心させてくれるような気が利くようなことをいうわけではないけど、いるだけでほっとする…というイメージですが、どうでしょうか?

だから、人に対して優しいことが言えない、優しくできないって考えて、「私冷たいの」って言っていること自体、冷たくないことを表しているような気がします。もし、「人から優しいって評価が欲しい」って思ってのことであれば確かに「自分のことしか考えない冷たい人」と言えるかもしれませんが、相手といい関係を築きたい、相手の役に立ちたい…という思いで、そう思えないと思うのであれば、それは十分に「情け深い」と思います。でも、その方法がわからいだけではないでしょうか?

逆に、優しいと思われたい…と思って行動すると、自己中心的なところからのこうどうだから、どうしても自分の価値観の中で判断してしまいます。同じ価値観の人意外には、なかなか相手には伝わらないでしょう。しかも自分と全く同じ価値観の人はいないのでほとんど理解されず「迷惑」で終わってしまうかもしれません。

おっと、そんなことを今回はいいたいのではなく…

言葉に対するイメージは実は人それぞれ違います。でもなんとなくわかった気になったり、わかりあえた気になってしまいますが、実は、自分の価値観のフィルターを通して理解しているので、わかった気になっていても、わかっていません。
人との会話の中で、ほとんどが自分の価値観や判断が入り、お互いストレートに伝わっていない…ということに気が付くと相手の言うことにとらわれたり、振り回されたりしないんですけどね。
いろんな方が、この自分の価値観や判断のフィルターで勝手に傷ついていますが、大体の場合、私もそうですが、相手が私を傷つけたって思ってしまいます。でもよくよく冷静に聞いてみると、そうは言っていないよってこと思ったよりも多いですよ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

これを読むと確かに優しいの反対語は冷たいではないのかも。優しいが気の弱い、優柔不断、情が深いととらえれば、本来自分達が普通に言っているやさしいから少し考え方が変わるかも。優しいが誉め言葉だけでは内容な気もする。
だからと言って=冷たいとはならないことも分かる。
言葉って、相手を読まなければならない難しい事なんだなぁ。

コメントありがとうございます。

そうですね、言葉はいかようにも取れるので難しいです。だからいろいろ研究してます。
もともと言葉は、他人と意思疎通するためのコミュニケーションの手段かと思います。相手に通じなければ、また相手がなにを言いたいのか理解できなければ、会話は成り立たないのでは…。
自分一人で生きているのであれば、もしくは、ごく一部の良く知っている限られた人の中でしか生きないのであれば、言葉はいらないんでしょうけどね。
人との関係が一番難しいと思います。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー