冷え性の方のためのホメオパシー


チビ

本当に寒くなってきました。家で飼っている猫のチビは、元気よく外に出ようとするのですが、あまりの空気の冷たさに、窓のところからUターンして、戻ってきてしまいます。そして、「遊んで、遊んで」と催促してきます。

さて、冬と言えば風邪の季節ですね。ホメオパシーの風邪のレメディーといえば…
乾燥した寒い日が続いているときの風邪には、Acon.(アコナイト)、雨や雪が降って寒い日に風邪をひいたときは、Rhus-t.(ラストックス)が代表的なホメオパシーのレメディーです。
おなかにくる風邪には、Ars.(アーセニカム)、おなかが冷えて痛いときは、Merc.(マーキュリー)あたりでしょうか。

私事にはなりますが北国育ちのせいか、もともと寒さには強いですし、寒いときはかなりの厚着をしますので、寒いことはあまちストレスではありません。それでも、二の腕が冷えるのが嫌で、ベストはあまり着ませんでした。
それがレメディーのほか、体と心のメンテナンスをするようになったら、いつの間にか、ダウンのベストが着れるようになっていました。今では割と薄着でも平気になってきました。

でも、もともとが冷え性の方にとっては、冬の寒さはこたえるのではないかと思います。
ひどい方は足が冷えて寝れない…なんてことを聞くこともあります。

そこで、もともと体が冷えている方の代表的なレメディーをピックアップしてみましょう。

★Acon.
★Ars-aib.
★Bart-c.
★Bell.
★Calc.
★Carb-v.
★Caust.
★Cic.
★Coff.
★Cupr.
★Ferr-p.
★Hep-s.
★Kali-b.
★Kali-c.
★Mag-p.
★Merc.
★Merc-s.
★Nit-ac.
★Nux-m.
★Nux-v.
★Phos.
★Rhus-t.
★Staph.
★Vetat-a.

まだまだあるのですが、こうしてみると、感情を強く抑圧しているようなものばかりです。
ぐっとこらえることは美徳かもしれませんが、自分の体のためにはならないようです。
もちろん、こらえなくてはいけないこともありますが、うまく発散すること、気持ちの切り替えを心がけること、自分の体や内面と向き合う時間を作ることが冷え性の一番の薬かもしれませんね。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー