あけましておめでとうございます

2015年が始まりました。東京では元旦から雪が降りました。めったにないことです。

昨年はどんな1年だったでしょうか?
今年はどんな1年にしたいでしょうか?

くるりんは、1月2日の「書き初め写経会」から幕開けしました。
午前の部、午後の部ともに、初めて参加の方がいらっしゃっていたので、「写経とは」「写経の歴史」からお話させていただきました。道具の使い方もお話させていただきます。私も初心に帰ることができ、良かったです。
くるりんでは、「筆」を使うことことにこだわります。写経だけが目的であれば、ボールペンでも筆ペンでもいいのですが…。

筆を使うとき、硯そして、墨を磨る行為が必要になります。
墨汁を使ったこともあるのですが、墨の良さを知ってしまうと、墨汁に戻る気になれません。
筆の扱いも、墨を磨るときも、撫でるようにやさしく…ということがポイントになります。
ほんとに丁寧に扱わないと、道具を痛めてしまいますし、うまくいきません。
筆で文字を書くときは、力を入れて書くと、ベチョッとなってしまい、きれいな字がかけません。
力任せにできないところ、効率よくできないところに、現在人が忘れてしまった、日本人独特の繊細さがあると確信しています。

キーを打つことに慣れてしまっている世代の方のご参加が多いのですが、多くの方が、「筆を使うのは、小学校以来なので、難しいと思っていたが思ったより楽しい」「小さいとき文字を書くのが好きだったことを思い出した」などの感想をおっしゃっています。

「写経」まして「筆」と聞くと、ハードルが高い!と思われる方が多いようですが、むしろボールペンや筆ペンより、良いこと楽なことも多いという経験を、していただいております。

「案ずるより産むがやすし」

大変と思っていたとこも、実際にやってみると、意外と楽だし、そして、予想以上に楽しい…。
日常生活でも、いろんなところに応用できそうです。
本当に写経会から学べることは多いです。

さて、写経会をやることにより、仏教の教えに触れる機会が多くなりました。
とくに、禅の大家といわれる方々、道元禅師や白隠禅師にかんする本を読む機会が増え、禅の世界って本当に素晴らしいなぁって改めて思います。

今年の目標としては、くるりんで「座禅会」ができたら、もしくは、くるりんの生徒さんと、座禅会に参加できたら…。
座禅について、さらに学んでいきたいと考えております。
そしてご縁をつないでいけたら…と目論んでいます。

今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー