乱れた感情の書き出しができない人におすすめの本

前回までは、乱れた感情の書き出しができた人に、次にどうしたらいいか…

ということを書きました。

しかし、なかなかこのハードルが高いんですね。


まぁ、いままでやっていなかったことをやるのって、なかなか大変。

エンジンが温まるまでちょっと時間もかかるし、スタートをしたばかりって一番馬力が必要。


だから、できないならできないことをまず、認めちゃって…でも、あきらめないで…ありの一歩でもいいから、とにかくやりだせば、どんどん、加速してくるから、気がつくとできちゃっているってことがあると思います。

あっ、もちろん、「自分はやりたくない」って方は、また別なんですけど、やってみたい、よしやろうと思っているけど、できないって方は、それなりの理由があります。


で、そんな方にお勧めの本。

「わかってしまうのに、やってしまう人の心理学ーインナー・ブラットとの対話」ポーリン・ウォリン著(紀伊國屋書店)



爽やかライフセラピーのプチ談話室-インナーブラット

まぁ、私も自分にいろんな理由をつけて、書き出しはやるずに済ませよう…という傾向があります。


「こんなことをやっててもしょうがないじゃん」

「もっといい方法があるはずだ」

「こんな無駄なことをやらせるなんで、バカにされているようだ。」

「今日は忙しいし、1日くらいやらなくてもいいじゃないか。明日からやろう」…と、毎日思ってます。

「今は、こんな無駄なことより、この仕事が優先だ」


等々…ほんと、お恥ずかしいくらい、自分の中でインナー・ブラット炸裂で、いいように振り回されています…

(//・_・//)


それから、私のお気に入りの著者石井裕之氏の本

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー」(フォレスト出版)


 
爽やかライフセラピーのプチ談話室-心のブレーキ 注)中身はアマゾンさんで見てね。

新しいことを始めようとか、今より良くなろうとしようとするときに、ある程度まではいいけど、まるでダイエットのリバウンドのように元に戻ってしまうってことがあります。

そして、悪しき習慣が手放せない…。

体でホメオスタシス(恒常性)って、生物において、その内部環境を一定の状態に保つ働きがあるんですけど、それが、心にもあるんです。

だから、なかなか始めらないってのは、普通のことだし、いいほうに変化しようとするときに、変わるのが怖いって思うのって正常なんです。

じゃぁ、どうしよう…ということのヒントが書いてあります。


あと、ちょっとタイトルとは関係ないけど、インナー・ブラットが出てきたから、ついでに、インナー・マザーについても…。

自分の中の悲しんでいる母親のイメージ。母を悲しませてはいけない、心配かけてはいけない…

そんな思いが、知らずに、自分の人生を苦しめていたりします。

この本は薄いんだけど、とっても深い本です。…ほんと。


『マッド・ハッターズ・ティー・パーティー』メリッサ・アスリム著(ホメオパシー出版)

 
爽やかライフセラピーのプチ談話室-マッドハッターズ
ということで、秋の夜長。読書の秋。


できないには、できないなりの理由があります。

まずは、そこから探ってみましょう。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー