一途に想う…ということ①

よく女性が持ちやすい感情で、「好きな人には自分だけを見ていてほしい。自分以外の人は見ないでほしい。」とか、「他の女性と食事に行かれるのも嫌だ」とかいう人って多いと思います。

もちろん自分も何を友達よりもほかの何よりも彼氏を優先し、絶対に他の人は見向きもしないという、尽くすタイプの人。



家庭においては、自分の事はさておいて、家族優先にする、夫が夜中に帰ってきても、ちゃんとおきて、夕飯を出す…という人。



一途に想う、想い続ける女性って、歌詞とかドラマとか小説とかにもなって、純愛とか…

なんか美しいイメージがあるんじゃないかと思いますがどうですか?

(昭和の時代の価値観かもしれませんが…)



彼氏やご主人に対しても、「あなたしかみていないから、だから、あなたも私だけをみていて欲しい」って思う。

そういうタイプの女性って、自分は愛されているのか、私だけを見ていてくれているのかって、いつも不安に思ってしまう。

例えば、メールを送っても、返事がなかなか来ない。

…まぁ、普通に考えれば、昼間仕事をしているような時間に、なかなかメールを見たり返信したりってできないと思う。後にしようと思って忘れてしまうこともある。

でも、そんなちょっとしたことも不安に思ってしまう。

もう家に帰ってもいいころなのに、電話が通じないとか、休みの日に会えないって言われたりとか、そんなことでも不安に思ってしまう。

いつもいつも常に不安に思う。でも、いつも彼の事を考えている自分ってのも、なかなかいいな…なんて思う。



…、結構私も思い当たることがあります。

まぁ、今はそうとは言えないかもしれませんが、以前は、相手を一途に想って、尽くすタイプの女性でしたよ。

「来てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでます~~カラオケ」(津軽海峡冬景色)

ってのが、理解できちゃったりして。

そんな自分に酔いしれちゃったりして…けっこういいなぁ、なんて思う。

今は、そういうのって流行らないのかな…?



そんな女性の話をインナーチャイルドの視点から書いてみたいと思います。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

1. こんにちは

恋愛依存な人の話でしょうか。
わたしも思いあたります。

それから、つまらないことですが、
津軽海峡冬景色じゃなくて、
北の宿からですよん

続きを楽しみにしてま~す

2. そうでした

>今日は雨さん
北の宿からでした。津軽海峡冬景色はカラオケで必ず歌う曲でーす。(^_^;)
ありがとうございますm(_ _)m
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー