パステルシャインアートに夫婦で参加して

毎月1回、くるりんでは神奈川在住のアートセラピストのちえぞう先生がいらっしゃって、パステルシャインアートをやっています。毎回、山梨県や都内からなど、遠くからもお見えになっています。

そこに参加されている方のレッスンの日だったのですが、先月初めてご夫婦で参加された時の話をお伺いしました。
奥様は、すでに3回目でしたが、ご主人は人前で「絵を描く」ということに抵抗があり、いままで参加することはありませんでした。それがなにかのきっかけで、ご主人も参加することになったのです。

ご主人は、まさに35年ぶりに絵を描いたということ、初めての参加ということもあり、かなり勇気のいったことでしょう。
でも参加してみて、思ったよりも楽しかったことにびっくりされていました。そして、日頃いかに自分を表現していないかを実感したそうです。まさにカルチャーショックです!
奥様はご主人の知らない一面を発見し、もうなんでもわかったつもりになっていたけど、そうでもないのだとわかり夫婦のあり方を改めて考えさせられたそうです。もっとより理解を深めたいという思いになったとのこと、うらやましい限りです。

さて、奥様はイメージすることのむずかしさを実感されたそうです。
言葉にしても、絵にしても、ちゃんと理解していないと、感じただけでは表現できないのだなとおっしゃっていました。
いままで感じたままを言葉にして話をしていたけど、仕事場では伝わらないとずっと言われていて、自分なりにわかりやすく話をするようにしていたようですが、それほど改善はみられていなかったそうです。
それがパステルシャインアートに参加してみて、職場で言われていたことがどういう意味か、わかっていたようで実はわかっていなかったことを体感できたようです。
パステルを描くときに、イメージするように言われるけど、3回くらいまでは、ぼんやりしていてイメージできなかったそうです。日頃見ているようで、いかに見ていないか…鳥と言われても意外と書けないんだなと気がつき、ちゃんとみる、ちゃんと理解して要点を話す、ということの大切さがわかったとのことです。

話し方を意識するようにした結果、職場でも、「なにを言いたいのか前よりもずいぶんとわかりやすくなってきた」と褒められたとのことです。どのように話すかも人間関係では大切なんだと、私も改めて考えさせられました。

一人で参加するのもいいけど、親子とかご夫婦とかカップルでの参加もいいものだな…感じさせられたお話でした。

さて、毎月1度行っておりますが、気になる方はちえぞう先生にお問い合わせください。
ブログをぜひご覧いただき一度ご参加くださいね。

 パステルシャインアート【結】 ちえぞう日記

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー