「自己愛人間」って?

昨日アップした、『自分を知る勉強会に参加してきました』にちょっと関連するネタを…。

私の周りで、生きにくさを抱えつつ、全ての原因を周りのせいにして、長年苦しんでいる方たちに対して、私のつたない頭で考えつく、いろんなことをしてみたり、説明を試みたりしてみたけど、ちっとも自分から抜け出そうとしない人たちがいて、ここしばらく頭を抱えていました。

伝わらないこと、どんなにそれが大切か説明してもやらないことを、

「なんで私の言うことをちっとも聞かないのか?」

「なんでやらないのか?」

「そのことは今説明したばかりではないか?」

と、私も相手のせいにして、怒ったり

「どうせ私の言うことなんか聞いてくれないのよね」

「私の力ではどうしようもないんだ」

悲しんだり、落ち込んだり

結構内面を忙しくさせていました。

ブログに書いた勉強会に参加して、納得できることも多くありました。
全く思考回路が違う場合、伝えたことと真逆に伝わることもあるのだ…ということがわかりましたし、見ている視点の違いから、言われたことを想像できなかったり、理解出来なかったりするのでは…と思いました。

なので、私の能力の無さでも、相手の努力の無さでもないんだ…と思いいたりました。

私自信、まったくタイプの違う両親や親せきに囲まれていたため、私の行動が理解されず、親子共に苦しんできたのだな…というのも見えてきました。

しかし、具体的にどうしたら…
という時に、図書館で手にとった本が意外と良かったです。

結局、自分のことしか考えない人たち: 自己愛人間とどうつきあえばいいのか

結局、自分のことしか考えない人たち

本の趣旨は、自己愛人間から守ること、付き合い方なんですが、読み進むうちに、これは自分にも当てはまるはず!
と、思いいたりました。

パーソナル障害までいかないけど、その傾向を持っている自己愛人間。
そんな親や、親の姉妹、祖父母に育てられていて、私がその傾向が無いはずがありません。
自覚がないけど、親よりはマシだけど、私にだって自己愛的傾向はあるはずです!

そして今の日本で、自己実現とか、個性を生かすとかが、社会の風潮になっているので、自己愛人間の傾向を持っていない人を探すほうが難しいでしょう。
結局、『自己愛人間とどう付き合えばいいのか』は、『自分とどう付き合えばいいのか』ということも含まれていると思います。


題名からするともっと軽い、お気楽な内容かと思っていましたが、思った以上に、専門的で、しかも、いろんな事例に基づいて書いてあるので、とてもわかりやすいです。
へたな心理学の本を読むよりも、詳しく書いてあると感じました。
しかも、具体的でわかりやすいです。

まだ、途中までしか読んでいませんが、どうしてそうなっちゃったのか、自分の子供をどうしたら、自己愛人間にしない子育てができるのか…

読み終わるのが楽しみです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー