アウトドアな、この時期に役に立つホメオパシー

今日は雨の予報でしたが、予定通り高山三山の惣岳山にハイキングに行ってきました。
日曜日でしたが、思ったより人は少なく、大雨にもならず、暑からず、寒からず、いい感じでした。
まだ2~3回目の方が半分だったのですが、皆さん頑張っていました。途中で引き返したいと思った方もいましたが、山頂まで行かずに引き返すと、大変さだけが残ります。なんとか頑張って山頂まで行った時の達成感、感動、そしてなにより自信がついてきます。

また、山に慣れている方は、それぞれが自然とサポートに入ってくださいましたので、無事に全員山頂までいき、無事下山することができました。

限界以上に頑張った日の翌日から、しばらく筋肉痛に悩まされるでしょう。
そんなときに必要なホメオパシーのレメディーは、アーニカです。
また、ずっと急坂を下っていたので、腰やひざにも負担がきます。ラストックスも忘れないでとりたいです。
寝る前にヨーガで体をほぐし、レメディーをとってから寝ると、次の日が全然違います。

降りのときには、ぬかるんでいるところが滑りやすく、私も3回滑って転んでしまいましたが、怪我に欠かせないのは、スパジリックCクリームです。レメディーでは、アーニカ、カレンジュラ、ハイペリカムがいいです。

虫などに刺された時のためにエイピスとリーダムも持っていたいです。

高山病にはアコナイト、ケブラコ、カーボベジがいいですので、高山に登るときは持っていたいですね。

日焼け止めは塗っておきたいですが、万が一日焼けしてひりひりするときは、カンサリスをとり、スパジリックCクリームを塗りましょう。

ホメオパシーをうまく使って、アウトドアを楽しんでほしいな…って思います。


 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー