10年後、20年後…どうなっていたいですか?

今年の夏は本当に暑いです。なにもしないまま、ぐったりと1日が終わってしまいます。
しかし、果物はおいしく実りました。
山梨に住んでいる方から、お店では手に入らない完熟のプラムを食べきれないほどたくさんいただきました。
しかも、甘くてさっぱりしていておいしいのです。
これは、食べきれないのはもったいない!ということで、プラムシロップと、プラム酵素ジュースに挑戦してみました。
夏の暑さが幸いして、酵素ジュースは、早く発酵しました。
めちゃくちゃおいしいです!

あと、傷ものの桃もいただきました。これは、コンポートにしてみました。
煮汁を冷やして冷水でわって飲んでみたら…ピーツネクターだ~!これもおいしい!
ということで、暑さを乗り切る甘いジュースがたくさんできました。
それから、あまったプラムは冷凍にしてみました。
半解凍で食べると、めっちゃ甘くておいしい!
暑いのが楽しみになってきました。

さて、くるりんも昨日までお盆休みでした。
実家の福島へ、お墓参りのために帰省しました。
この時期は普段会わない親戚やら、実家の家族に久しぶりに会うので、いろいろ気が付くことが多いです。

普段私の周りには、自分を成長させて行くために努力していいる方が多いので、時間がたつといろいろその人にも、周りとの関係にも、多少なりとも変化があります。本人から見たらあまり意識せずにおなじことの繰り返しに見えていますが、傍から見ていると以前と全く違うことがわかります。

しかし、多くの人は日々一生懸命に生きてはいるのですが、同じことで悩み、同じことで傷つき、同じことで文句を言っています。
日常や、人との関係性が変わらず安定しているのですが、悩み苦しみも固定されてしまっています。

大きな試練に出合ったときに、成長する人と、何年もひきずっている人がいます。
大きな成功をおさめた人は「あの試練が無ければ今の私はなかった」といいます。
でも大きな試練に出会って「あれさえなければ、今の私は、こんなんではなかった。もっと成功していたのに」と言う人も多いです。

長い人生の中で誰しも、喜びも苦しみも悲しみも憤慨することも必ず起こります。
でもなぜ、大きな試練の中で、それをバネにして成長する人と、人生が台無しになる人といるのでしょう?
なぜおなじようなことが起きても、感謝さえ述べる人もいれば、文句しか言わない人がいるのでしょう?

大きな試練があった時に、多くの人は 
「なんでこうなってしまったの?」
「誰のせいでこうなってしまったの?」
「どうしてこうなってしまったの?」
と、自問します。

大きな試練があった時に、それを糧に成長する人は
「どうしたらいいのだろう?」
「なにが出来るだろう?」
「どう捉えたらいいのだろう?」
と、自問します。

その後の答えや、行動や思考が変わるな…と、あなたは想像できますか?
望んでいないこと、自分にとって不都合な状況になること、理不尽なことは、誰にでも起きます。
でも、その後の思考や行動によって、未来を創ることができます。
過去の積み重ねで今があり、今をどうするかで未来が変わってきます。

初めは、「どうして」と周りを責める人より、「どうしたら」と自問する人のほうが損をしていると感じられることもあります。
でも、5年、10年、20年と重ねるうちにその差は歴然としてきます。
どうなっていくか…

想像してみてください。
あなたは、どちらの生き方をしたいですか?



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー