「人間は考える葦である」

Blaise_pascal.jpg

「人間は考える葦である」
という有名な言葉は、フランスの哲学者の言葉です。
曖昧に説明するよりは、わかりやすく書いてあるサイトがたくさんあるので、詳しくは、ネットで調べてみてください。

人は弱い存在であるけれど、弱いからこそ知恵がついたのだと思います。
学校の勉強と違って、生きていくうえで生まれる様々な疑問や迷いに、明確な答えがないことのほうが多いです。
より良い答えはあったとしても、正解はないのです。
答えのわからないまま自分で考えて、決断していかなければなりません。

最近は、マニュアル化された答えがネットを調べるといろいろ出ていきます。
まるで、人生に正解があるように…。
みんながいいと思うものがいいというものに、自分の好みを合わせていければトラブルは避けられるでしょう。

確実なことを求めるため、占いに自分で決めるべき決断を委ねる人もいます。
大きな失敗を避けられることもありますが、うまくいかなかった場合、自分で選んだ実感がないので、占いとか占い師のせいにしてしまえます。

どのような形で決めたのであれ、結局決めたのは自分です。
その結果は、自分で決断しても、占いで決めたにしても、その結果は自分にかえってきます。
決められず行動しなければ、「行動しない」ことへの結果がかえってきます。

人は迷う部分が多いと思いますが、人生を選択できるのは人間だけです。
ほかの動植物は、その一生がだいたい決まっています。
選択肢はかなり狭いです。

健康になるも、不健康になるも
金持ちになるも、貧乏になるも
幸せになるも、不幸に身を置くも
勉強するも、勉強しないも

自分で選ぶことができます。というか、知らないうちに選んでいます。
自由度が大きい分、苦しみも大きくなるかもしれません。

自分で考え、決断し、その結果、うまくいったりいかなかったりしながら、人は成長していきます。
学び、学習していくことができます。
動物も学習していきます。でもその学びは、生きていくためのものです。
人間は、それ以上に、内面を拡大させていくような、ある意味、生きていくには関係のない内面的成長ができます。
感動や幸福感や、生甲斐とか…、自分らしさや、どういきるべきかとか…。
生きる以上の喜びや意味を見出すべく努力する人たちもいます。

人の成長が感じられたとき、自分の成長が感じられた時、安心感や満足感を求めるよりも、大きな喜びに包まれます。
この内面的成長こそ、ほかの動植物にはみられない、人の特性なのではないかと思います。

------『「出来ない」と、本当にダメなのか?』へ続く
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

気持ちが高揚しちゃってます!

ちゃんと書き込めていたらいいんですが大丈夫でしょうか?はじめての書き込みなので少し心配です(汗)

あの…プラーナテラピーくるりんさんの言葉にすごく引き込まれました、私は伝える作業が下手なもので心底羨ましいです!
自然と好きだなと思いました。

本屋さんでたまたま手にとった本がヒットだった時のような感じというのか(上手く言えずすみません)
いまは幸運から見放されてしまっているかのように、泥沼にハマり込んで抜け出せない感じが続いてしまっていて…。

だけどそんな今だからここに来れたのかもしれないで
す。
もし、もし良かったら私の悩み少し聞いてもらえないですか?

コメントありがとうございます

勇気をもって書き込んでいただきましてありがとうございます。
そうですね…

悩んでいる方へ寄り添うのが私の仕事です。
よろしければ下記のホームページをご覧ください。
http://kururin.wix.com/p-kururin

ご不明な点は、事務局までメールしてください。
http://kururin.wix.com/p-kururin#!visit-us/c24vq

よろしければ、ご予約してください。
詳しいことはこちらのページになります。
http://kururin.wix.com/p-kururin#!-3/ca1y

水あめ♪様、お待ちしております。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー