病気の段階…霊性的なものがかかわっている病気

どういったものが霊性的な病気なのか…というのは、ここでは詳しくは述べませんが、どういったときに霊性的なものががかかわっているかと、判断しているかというと…

まず、いろいろ試しているにも関わらず、状態が改善しないとき。
薬、自然食品、占い、厄除け的なもの、霊媒師…
一時期は良くなるけど、時間がたつとまた症状がでてくるもの。
良くなっても、繰り返しなるもの。

躁うつ病、アトピー、食物アレルギー、ぜんそく、不定愁訴、統合失調症や解離障害などの重度の精神病、生まれつきの病気、遺伝的な病気、不治の病などにも、そういった霊性的なものがかかわってくるものがあります。

たとえば、なんらかのセラピーなどで、体は良くなっても、そのころから、家族の関係や夫婦の仲が悪くなっていったり、事故や盗難など、悪いことが続いたり、仕事がうまくいかなくなったり…ということが起きてくると、そのセラピーで魂レベルで、傷つけられている場合があります。
その治療にかかわった霊能力者やセラピストも大きなカルマを背負ってしまうことになりますので、とても気をつけなければいけないケースです。
なので、すぐに病気の症状をなくしてしまうことが必ずしも、いい結果につながらない場合があります。

プラーナテラピーまでたどり着く方の場合、そういったケースが多々あります。
中には、強い薬を手放せなくなり、自活して生きることが難しくなってしまう場合もあります。
それが、20代や30代の若い方だったり、小さいお子さんがいる働き盛りの40代の男性だったりした場合、ご家族中が不幸のどん底に落とされたようになってしまいます。
その場合、ご家族で取り組んで、全体的に霊格をあげていくことで、解決できます。
霊格については、また後日書きたいと思いますので、ここでは詳細を述べません。

それからもう一つ、気や霊能力を使う治療の場合、よく遠隔治療を行うことがあります。とくに遠方だったり、重病で外出できないときは、重宝されるでしょう。波長が体の調整に適切なレベルの気功やレイキとか霊能力では、かなり有効だと思われます。
くるりんでは取り扱っておりませんが、電子ホメオパシーという分野でも遠隔治療が可能です。

しかし、プラーナを扱う療法の場合、ほとんどの場合遠隔は行いません。
かなり微細で広範囲に影響するプラーナで遠隔を行うのは、受ける方も行う方も、命にかかわるくらいかなりの危険を伴うからです。力のある人ほど、そのような無茶はしないものです。遠方だろうが、重病だろうが、来ていただくのが基本です。どうしてもいらっしゃれない場合は、出張という形をとることもあります。

くるりんでの電話相談やスカイプ相談では、心理療法レベルのことを行っています。
しかし、結局、会を重ねるうちに、直接会って面談するほうが良いと実感していただいて、遠方からもきていただけるようになる方が多いです。

霊性的なことがかかわっている病気の場合、すぐに状態を改善することはできませんので、まずは、電話やスカイプで十分でしょう。一気に良くしていこうとするのではなく、段階を経てご自身が、改善に向けて努力していく姿勢が、もっとも重要だと思います。

以上です。ご質問、お問い合わせは下記へ…

005.gif




くるりんへのお問い合わせ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー