一人でも多くの方に知ってほしいから…

032.jpg

まだ、東日本大震災の傷がまだ癒えぬうちに…また起きた地震。
いくら技術や科学が発達しても、人間の無力さというものを感じてしまいます。

自然豊かな日本は、自然災害も多い国。
昔からその中で共存してきました。
どんな時にも乗り越えることの出来るメンタルを育む叡智もまた発展してきました。
強くしなやかな生き方を一人でも多くの方に知ってもらいたいですし、後世に残していけたらと…。

今だからこそ一人でも多くの人に聴いて欲しい講座があります。
講師は、古神道の修行の大先輩2名…石渡先生岩田先生
主催は、ぱどまの会。

以下、ぱどまの会のブログから抜粋します。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

『不意に飛び込んできた驚きと恐怖によって、心だけ5年前にタイムワープしてしまったのでしょうか。エネルギーも消費してしまいました。
そんな時に、心の乱れを無理に否定せずに受け入れながら
「看脚下」「脚下照顧」「而今」を心がけてみると、わりと直ぐに、ほどほどな感じまでエネルギーが回復してきました。不思議。でも事実です。

4月29日30日に開催する「ぱどまの会・ラクラク生き方講座」では
心のスペシャリストの先生方が、このような禅や仏教の叡智を解説しながら楽に生きる方法をご伝授下さいます。

きっと、今こそ必要な講座だと思います。』

(詳しくはぱどまの会のブログにてご確認ください。)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

思い起こせば5年前、ぱどまの会の主催で、リレー式の講座を行っていた時期に、東日本大震災が起きました。
東北に住んでいる家族や親戚、友人たちの安否が確認できていない中で日々飛び込んでくるニュースに、心を砕き、心折れそうになりました。それは、ぱどまさんたちも同じでした。
私は講座を中止するのだと思ってました。でも、ぱどまの会は違いました。

今こそ、家族や知人など、近しい人たちとの愛について、再認識する時期ではないだろうか…
今だからこそ、そして、被災地から離れて安否を気遣っているからこそ、必要な講座ではないだろうか…

本当にその通りだと思いました。
その時に思ったんです、ぽどまの会って、本当に素敵だなって。

最後になりますが、被災地での状態が落ち着き、1日も早く日常が戻られますように…。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー