勉強会は、順調に進んでます

8月から始まった連続講座。
「インナーチャイルドの癒しのすすめ 初級6回講座」と「サポートするためのプラーナ 10回講座」の2つの講座。
原稿を書き進めながらなので、どうなるかと思ったけど、順調に進んでます。

CIMG4805 (1)

特に「サポートするためのプラーナ 10回講座」は、隔週なので、原稿がなかなか追いつかない。しかも、広大な内容になってしまいました。
でも、前から勉強したかったし、いつか伝えなければ…と思っていた内容だけに、やっていて、とてもおもしろい!
参加されている皆さんは…どうでしょう、ちょっときついと感じたかな?
少し内容に触れます。

※始めは、心理学的な視点から、「機能不全家族の特徴」からスタートです。まず自分の生まれ育った環境に対する理解、自分の特徴や性格と思っていたものが、実は、機能不全家族で育った人の典型的な特徴と一致していることもあります。
私がそうなんですけどね。
依存や共依存についての内容です。

※いろん立場から「苦しみの原因」について。
その昔、人の苦しみとそこから抜け出し、どうしたら幸せなれるのかを悩み追求した、お釈迦様の教えから「苦しみの原因」を。
トランスパーソナル心理学の分野から「現在の日本にある透明な空虚感」について。
霊性的な視点から「霊格別苦しみの原因」についての内容です。

※意外と理解していない感情について。EQ(こころの知能指数)からの内容を。あ、アンガーマネジメントの内容も少し入れようと思って忘れてしまったことに今気が付きました。これは、また考えます。

※「バウンダリー」という、自分と人との距離の持ち方どうしてもセラピストや、人の世話をしようとする人、人から頼られる人は、この距離感がつかめず、人の影響を受けすぎ、振り回されてしまう傾向にあります。

※そして、誰かをサポートするときに欠かせないのが、人との会話です。
共感力やコミュニケーション力についてです。
受講者からは、「共感していると思っていたが、まったく違っていた」というお言葉を数人からいただきました。共感ということを正しく理解している人は少ないと思います。でもこの共感がうまくできないと、自分の中のインナーチャイルドを癒すことができません。
またせっかく、その方のために気持ちを伝えたいと思っていても、思ったように伝わらないと誤解を招き、真逆に受け止められかねません。伝え方は、けっこう大切です。

※客観的見方についてですが、自分では客観的にみているつもりでも、自分の判断が入って聞いていることがほとんどです。
フロムの『愛するということ』の中の「ナルシズムの克服」については、参考になります。

※そして、それらの技術を身に付けるのに大切なこと。
「規律」「集中」「忍耐」「最高の関心」…これらの一つがかけても、身に付け習得することはできません。
まずは、取り組む姿勢を身に付けることが大切です。

※しかし、なかなか身につかないのは、自分の中の無意識の中にある手強い意識が、やらないようにいろいろと仕掛けているからです。(詳しくは受講者のみ)

※自分の中の苦しみの原因を解決するためには、自分自身のルーツを知ることも大切です。
そのためには、基本的な子供の成長段階を理解し、それに対し、親はどのように対応してきたか…を理解することが大切です。
自分や、サポートしたい相手の、インナーチャイルドを理解するために、欠かせない知識です。
また依存症の方には、「エイディプスコンプレックス」について知っていると、いいと思います。

※これは絶対に知っておいてほしいという、キュープラーロスの5段階モデル。
死を宣告されたときばかりでなく、トラウマの克服や、心が成長し痛みを乗り越えるときにも、同じ経過をたどります。

※苦しみを克服するために、必ず身に付けなければならない「自立」。しかし、自立について正しく理解して人はほとんどいないのではないでしょうか?「自立」するときに、ほとんどの人は、「経済的自立」を目指します。
もちろん大切なことではあるけれど、それは「自立」の重要なことではありません。
経済的に自立できない状況の人は「精神的にも自立できないか」というと、そうではないと思うのです。

※インナーチャイルドを癒すために、まず、アダルトチルドレンを克服しなければならない方も多いです。
ジョン・ブラッド・ジョーの「インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法」を参照しました。
他にもいい本がたくさんあります、それは「インナーチャイルドの癒し6回講座」に譲ります。

※魂の成長、霊性の段階について。霊性は階層に分かれていて、成長とともに段階を経ていきます。ホームページにもあるので、興味のある方はこちらへ⇒生き方コンシェルジュ くるりん「霊格について」

※この世的価値観と霊性的価値観について
生き方コンシェルジュ くるりん「プラーナと霊性について」

※神智学から、仕組みについて簡単な説明。
神智学は、医学、心理学、科学を超えたさらに深い智識になります。理解するのに骨が折れます。理解したと思うと、実は違うのかもしれません。でも、現実に私たちのことなので、理解できなくても知っておくことも大切だと思って入れました。
霊的な世界も含むのですが、様々な宗教の枠を超えた真理の智慧になります。本に書いてあることは、すべてではないし、表現できないこともあります。でも基本の基本は、まずは言葉や文字で理解するしかないと思います。その程度の内容です。
それから、幽霊が怖いという方も多かったし、変に興味や恐怖をもっている人も多いので、死後の世界の話と、生きている私たちとの関係も入れてみました。

以上、5回目までの内容です。
次回から、さらに深まり、そして実践的な内容になります。
「病気の原因」についてや、「生きる目的」とか…。
霊性の勉強をしている方のみに伝えていける内容になっていきます。

今回、勉強会で話していて、「死後の生活」についての内容は、生きているうちに学んだ方がいいな…とも思いました。
なので、これは単発で、私もさらに理解を深めて勉強会をやりたいな…と考えています。

今まで私自身、理解が難しく、下手に誤解されても、とか、立場の違いから反感を買うのでは…と躊躇していた内容も入れてみました。やってみると、目から鱗の内容が多く、「やっぱ、ちょっと、頑張って生きなきゃな」「もっと生きている実感をしたいな」と思ったりしました。
受講生の方は、今までの常識が崩れ、天と地がひっくり返ったように思っているのではないでしょうか?
それでも、毎回楽しみに来ていただいています。遠くからでも、大雨にも、風にも負けず、1週間おきに来ていただいています。本当にありがたいです。

私もそうですが、いくつになっても新しいことを学ぶというのは、楽しいのではないでしょうか?

知らなかったことを知る…というのは、苦しい作業でもあり、だからこそ、充実感もあり…。

また一緒に学んでいきましょう。



くるりんへのお問合せ
メール
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー