インナーチャイルドの癒しの勉強会、今回は『機能不全家族』

最近、テレビや新聞、雑誌などで話題になっている、親子関係。
「毒母」とか「毒父」とか…。
だれも、別に我が子を傷つけようと思って育てているわけではない。
むしろ、子供のためと思って、良いことだと信じていることをしているだけだと思う。
しかし、中には、いけないとわかっていても、小さいい子を怒鳴ったり、殴ったりすることを、どうしても理性で止められない人もいる。
かわいいと思っている我が子が、抱っことせがまれると、人の肌が触れる感触を気持ち悪いと思う親がいる。
子供に甘えられることに、耐えられない人もいるのだ。
何人か子供がいるのに、この子だけかわいいと思えないとか、自分の子を愛しいと思えないとか、そんな気持ちで悩んでいる人もいる。

それは、様々な原因があるけれど、その一つが機能不全家族の継承だ。
(霊格の問題もあるが、それは「サポートするためのプラーナ」の勉強会でのみ説明)

自分が生まれ育った家庭が、機能不全家族と認めることは、なかなかできない。ひどい虐待があった場合でさえ、「自分の親は、それほどひどくはない」と思いこみ、現実を受け入れられない方が多い。

親は、本当は愛情に満ちた人間なのだ、でも、自分がいけないのだ…と、ほとんどの方が思い込んでいる。

客観的な現実を認めるのは、なかなか辛いことだけど、現実を受け入れずして、いかに自分の傷をいやすことができるのであろうか?
自分を客観的に見つめ、満たされていないところ、親から教えてもらえなかったこと、間違えた常識的なこと、時代錯誤の道徳など…自分を生きにくくしている、様々なことの原因を知らなければ、いかにして人生の流れを変えていくことができるのだろうか?

ただし、原因がわかっても、それを「あなたが悪い。なんとかしろ」と親を責めることは、まだたやすい。
その現実を乗り越え、さらにつらい現実を自分の人生の糧とし、自分自身の人生を築き上げていくには、いつまでも責めていてもなにも始まらない。辛さが増すだけだ。それなら、知らない方がまだましな場合だってある。

現実をしり、その傷に気が付き、癒すのは、自分自身でしかない。
そうでなければ、誰かに助けてもらう人生になってしまい、傷が癒えたとして、自分の人生にはならないだろう。

この勉強会は、インナーチャイルドを癒すような、様々な療法やメソッドの中でも、かなり厳しい内容になるので、勉強会で全体像を学び、個人レッスンで、自分のこととして具体的にすすめていかないと、勉強会の内容が、しんどいと思うかもしれない。
次回からは、具体的方法、「分析」という手法に入っていく。

参加している方は、どんどん気持ちの奥がしんどくなってくるだろうが、最後まで頑張って参加してもらいたい。

以下、インナーチャイルドの癒しの勉強会の内容を記載する。




1回目
 心と体と魂の三位一体という考え方・プラーナについて・ストレスが体に及ぼす影響・苦しみの原因をいろんな分野から解説・霊性の段階…霊格について・自分を知ろう

2回目
 どんなときにストレスになるか?・そのときどんな感情になるか?・感情はどこからくるのか・インナーチャイルドと霊性の関係・インナーチャイルドの癒しは何のために行うか・真の大人の条件・自分の観察日記をつける・呼吸法やヨーガを日課にする

3回目
 自分の中の抵抗勢力(ホメオスタシス)・機能不全家族について・子供の発達段階・インナーチャイルドの種類とスイッチ・データ集めをしよう

今後の予定
4回目
 感情についての説明(EQから引用)・バーストラウマ(出産時心的外傷)の及ぼす影響・子育てに理想的な夫婦のあり方(機能している家族)
 
5回目
 インナーチャイルドの癒しと昇華の流れ…安全な分析という方法・インナーチャイルドの求めるものを見つける・それがどこから来たのかを探る・自分のルーツを知る

6回目
 自分で自分を癒すということ・イメージ療法で癒す・この世的価値観から霊性的価値観へのシフト・行動療法で現状維持しているパターンを変える(ホメオスタシスからの脱却)・ポジティブに対する誤解(そのポジティブ思考はネガティブかもしれない)・囚われからの解放…本当の自分の生き方、魂の流れに戻す
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー