謹賀新年…今年の抱負

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

ことしは周りで、風邪が大流行。
わたしも、流行の波に乗り、年末に発熱。咳もとまらず…。
恒例の帰省はできませんでした。

昨年、子供も我が家を巣立ち、今年は、猫のちびとまったりと1人年越しをしました。
1人の年越し、お正月というと、寂しいとかわびしいとか、ネガティブな側面もありますが…
おせちを作らなくてもいい、大掃除も適当でいい、義理の父母にご挨拶にいかなくていい、夫の上司にお歳暮などの気遣いをしなくていい…等々、
縛られることが少なく、どのように過ごしてもいい自由があるのだということも実感。

好きな時間に起きて、好きに食べて、明るいうちからお酒飲んで…
なんともいえない解放感を味わいました。
それでも体調は本調子ではないので、正月三が日は、昨年のインチャノートなどをまとめておりました。
昨年1年だけでも、乗り越えた壁は多く、そして、その壁の自分史を振り返ってみると、この自由は、様々なインチャの縛りを乗り越えて昇華してきて手に入れた、努力の証だということをしみじみと感じました。

あぁ、頑張ってきたなわたし…。
今年も頑張ろうわたし…。

と、思いを新たにしたお正月でした。
そして、気が付くと、年末年始から、1週間ほど、誰とも顔を合わせていなくて、人と話をしていないことに気が付きました。
小さい時から、親戚が近くにいたので、人に囲まれて育ち、いつもみんなとつるんだり、何かをするのが好きで、逆に1人だと、心もとなく、じっとしていられなかった私が…。
なんとも1人の時を、しみじみと穏やかに、幸せを感じられるようになっている…。
人ってほんとに変われるんだなぁ~。

しかし今年の正月は天気がよかったのに、どこにも出かけられなかった私は、富士山も初日の出も見逃してしまいました。
それで、体調が良くなってきた4日の夕方、急に山頂星空をみたくなてって、高尾山に夕飯をもって行ってきました。
駅からのアクセスもよく、夕方登って、ごはんを食べ、それで終電前に、電車で帰ってこられるのがいいですね。
CIMG5638.jpg

CIMG5639.jpg

星空はわたしのカメラでは撮れませんでした。
月がとてもきれいでした。
夜景がまたきれいです。
さすがに寒くて、山頂には人がいませんでしたので、この景色は独り占めでした。
熱燗と、お汁粉と、ウィンナー…そして締めはマルタイラーメン。
アツアツがおいしかったです。
CIMG5644.jpg

CIMG5646.jpg

さぁ、気持ちを切り替えて、今年のことです。

昨年は「サポートするためのプラーナ」ということで、上級者向けの専門的な難しい内容の勉強会を10回講座で行いました。
新たに勉強することも多く、私自身の理解が深まりました。
そして方向性が見えてきました。

今年は、新たな勉強会をどんどんやっていきます。
始めの一歩の連続講座と、単発講座を考えています。
まだ構想の段階で、春頃の予定です。

例えば単発講座では…
 幸せになりたい人のプラーナ
 愛されるためのプラーナ
 浄化のためのプラーナ
とか…
連続講座では…
知っておくと安心な、初歩の心理学とか、発達心理学なども含め、生きやすくなるためのコミュニケーション術とか、身体からのメッセージの読み解き方とか…

そんなことを考えています。
巷では、
 これを身に付ければ幸せになれる
 これがあれば安心
 悪い状況を取り除く
 苦しみを無くす
 幸せを引き寄せる
 幸運に恵まれる
などの情報がたくさん飛び交っています。
また悪いことを避け、いいことだけあると幸せになれると思っている方も多いでしょう。
でも避けても避けても、逃げても逃げても、辛いこと、嫌なことは、押し寄せてきます。
そうそう逃げ切れるもんではありません。

人の幸せを追求したお釈迦様も言っています。
 
「知らないから苦しいのだ」と。

正しいことを正しく理解ができれば、いま苦しいと感じている状況を、悪いととらえることもなく、そうすると、幸せが見えてくるのだと。
そうなれば、…「人生そんなに悪いもんじゃない」って思えてきます。
現状を変えずに、自分の見方、物事のとらえ方を変える、そういう努力をすることで本当の幸せは見えてきます。

そんな生き方がしたい方へ、くるりんはお手伝いをさせていただきたいと考えております。
「私の処でもやってほしい」と思う方へ、出張講座のご相談も承ります。
くるりん事務局へご連絡ください。
本年もどうぞよろしくお願いします。

クリックしてください⇒くるりん事務局メール
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー