追記:そのほかの共依存の方の特徴

これは、書籍に載っていたものをそのまま抜粋していますが、捕捉として参考までに書いてみます。
前回書いた内容も含まれますが、共依存の方の特徴は、以下のようなことがあげられます。



・自分のことを後回しにして、人の世話をし、「自分がいなければ、ダメなんだ」と思いこんでいる。

・なだめたり、怒ったり、アドバイスしたり、おせっかいをしたりして、相手を変えようと必死になる。

・信頼することができないような人に無意識のうちにひかれてしまう。ハラハラドキドキしていないと空虚な感じがする。

・自分に自信がなく、1人でいると不安になって誰でもいいから一緒にいてほしいと思う。

・相手の問題で頭がいっぱいになり、そのほかのことはどうでも良くなり、友達から離れ、孤立してしまう。地域社会、自然などへの関心が薄く、自分と相手だけの狭い世界になる。

・問題が起きていても、あまりたいしたことないように思い込んだり、表面的に問題がないようにごまかしたりする。

・何かを頼まれると、「ノー」と言えず、「イエス」と言ってしまう。相手や他人の話が中心になり、自分を主体にする話ができない。

・相手の問題におせっかいにも入り込んでしまったり、落ち込んでいるのを見ると、自分も滅入ってしまったり、気分を変えようとする。相手の心的・性的・身体的な侵入を許してしまい、傷つく。

・いろんな感情の表現ができない。また、体に感じている不快感を無視して、無理な関係を続けてしまう。

・怒りの処理がわからず、突然爆発したり、みんなが避けるようなキレるタイプの人といつも一緒にいたり、弱いものに八つ当たりしたりする。陰で相手の悪口を言う。

・反射的にすぐに行動したり、せかせかと動き回って余計な心配をする。必要のない我慢はするが、じっくりプランをたてたり、静かに待つことができない。

・人に欠点を指摘されると、すぐに鵜呑みにしてしまう。問題があると、自分が悪いからだと思い込み、自分が努力すれば変わるだろうと必死になる。ほっとくと、罪悪感になる。

・小さい出来事にも大騒ぎする。白黒はっきりしすぎたり、自分が正しく相手が間違っているか、全部自分のせいだと思い込み、バランスが悪い。

・関係が悪くなったときに、少しでも改善されると、激しい憤りや悲しみを感じていたことなどを忘れて、相手の良い点だけが思い出される。苦い経験がら学ぶことができず、同じ問題を繰り返す。

・相手を救おうとしてうまくいかず、相手を責める。そして、あなたのせいでみじめになったと、被害者意識にとりつかれ、弱々しく感じる。

・相手が怒らないように、相手に合わせ、波風が立たないようにする。少しでも迷惑がかからないように異常な努力をし、和を保つ努力をまわりにも強制する。

・相手との関係にのめりこみ、胸がドキドキして相手から離れられなくなる、その人無しではいられなくことを愛情だと思い込んでいる。そのような恋愛ばかり求める。

・先生や上司、警察官、役人、怒鳴る男性などの前にでると、ビクビクして、声も出なくなる。そのような人からの批判や認められないことを恐れる。

・理想論や道徳論にとらわれ、「相手はきっと~するだろう」「こうなるはずだ」というファンタジーや、世間体やまわりの常識のせいにする。「みんながやっているから」「社会ではこうだから」

・相手の顔色をうかがって、空気を読んで、先回りして、次にどうしたらいいのかと心配するのに、忙しく、現状を理解していなかったり、今を楽しむことができない。

・出てくる感情や思考を否定したり、疑ったり、無視する。必要のないのに、ついうそを言って相手をかばったり、その場を取り繕って、真実をかくす。

・相手に幸せにしてもらいたいと思っている。人生の目的がはっきりせず、自分を大切にできなかったり、自己肯定感がなく、自己主張できない。



いかがだったでしょうか?
いくつご自身に当てはまりましたか?
「そういうところも少しはあるなぁ…」というくらいなら、共依存というほどのことではないのかもしれませんが、しっかりと当てはまる、自分の性格そのものだ…と感じたら、それは健全な関係ではないかもしれませんね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
インナーチャイルドの癒しのレッスンをしています。自分の考え方の癖に気がつき、目線を高くすると、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いてはいません。世間体とか周りの人たりはみんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きていいのです。その後に本来の自分の本当の姿が見えてきます。そうすると自分自身の足で自分自身の人生を歩き出すことができます。
その人特有の考え方の癖もインナーチャイルドなんです。
まだ作成途中ではありますが、ホームページを作ってみました。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー