「死ぬ瞬間」と死後の生

とても良い本だとわかっているのに、私自身、とても必要な内容だとわかっているのに、どうしても開けない本がある。
本棚に置いてあるその本に、何度も手を伸ばすが、他の本を手にしてしまう。
そうやって何年も本棚に眠ったままの本。
マイケル・J・フォックスの「ラッキーマン」もそうだった。
はじめにの部分を呼んで、すでに辛くなってしまって、本棚に5年眠っていた。
読み終わったときに、しみじみと、あの時の私では、読めなかったな、無理だったな…と改めて思う。

E・キューブラー・ロスの「死の瞬間」もそうだ。
師匠のホームページで知って、中古の本屋さんで見つけて購入したはいいが…
何度も手を伸ばすが、本当に読めたのは、3年たってからだった。
あぁ、あのときに必要な内容が書いてあったじゃん、って思う。
そして、何冊か読んでみた。

別れが苦手だったわたしにとって、「死別」というのは、もっとも受け入れがたいものだった。
それがちょっとした知り合いで合っても、遺族の方の気持ちを思うと、なにも声をかけられず目をそらすしかなかった。

そして、最近知ったのが、『「死ぬ瞬間」と死後の生』という本。
読んでみたら、生きる人のための本だ。
こういうことを知ったうえで、生きることを考えようよ…という感じの内容。

死をダイレクトに考えたり、受け止めたりする内容は、本当に読み進むのが辛かったりするけど、この本は、とても入りやすい内容だと感じた。
しかも、生きる上で、ぜひ知っておいた方がいい内容。
年齢を重ね、棺桶に片足を突っ込んだなって思って、初めて、「さて…」と考える方が多いと思うけど、死というものを、年齢に関係なく、ちゃんと一度は考えて欲しいと思う。

若いければ若いほど、死が遠くに感じてしまい、永遠に生きれるように感じる。
そうしたら、大切なことをつい先延ばしにしてしまう。
目の前の快楽を追い求める、虚しい年を重ねてしまうだろう。

もし、死んだら消えてしまうだけ…と考えたら、耐えたり、辛抱する意味が理解できなくなってしまう。
わたしだったら、身体のことも考えず、好きなように、夜更かしして、ろくに食べもせずお酒を好きなだけのんで、たばこを吸って、その場その場を楽しもうとしてしまうだろうな。

じっくりと、味わいながら生きるためにも、「死」と「死後の生」のことを知っておいたほうが、死ぬ瞬間の後悔が少ないように思う。
死んだ後まで、「あぁしておけばよかった」「あぁしなければよかった」などど、後悔ばかりしたくない。
生きているうちだけで十分だって思う。
そのためにも、一度、死というものにじっくりと向き合いたいなって思う。

ところが、「死」とか「死後の世界」となると、取り扱かっているのは、結局、宗教ってなことになる。
私が、一番苦手としていた分野だ。
だけどくるりんでやっていることが、「死」や「死後の世界」も扱う以上、どうしても宗教色が強くなるのは、仕方のないこと。
元々は、哲学の世界では、宗教的な内容も含まれていたらしいし、科学と宗教との境は、あいまいだったようだ。
しかしいろんな歴史の中で、専門分野がきっちりとしてきたらしい。

どの分野でも、人が健康で、幸せに生きるってことがテーマであれば、結局、宗教的な「死」や「死後の世界」も考えあわせないと、なんだか無理が生じたり、分野によって、矛盾がでてきたりするように感じる。
近々、死後の生について、話をしていきたいな…。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー