「諦める」ということ

頑張ってなんでも手に入れようとしてきた、往生際の悪い昭和の人間からみると、最近の若者の傾向は、はじめから諦めているような感じがします。
「悟りの世代」とも言われ、出世すること、極端な話、仕事をすること自体も「欲だ」と考え、働かない事、何もしないことを美徳とみるような傾向にあるのかな…とも感じられます。

お金さえあればの~んびりしたい
何もせずにいられるのなら、特に美味しいものを食べたいと思わない
出来る範囲で働いて、出来る範囲で遊ぶ…無理無茶はしない

一見スマートな生き方にも思えます。
わたしからみると、なんか物足りなさを感じますが、本人が満足なのだからそれでよいのでしょう。
夢を見ることや、頑張ってなにかを得ようとすることを、はじめから諦めている風にも見えます。

最近では、結婚はおろか、恋愛にも興味がない若者も多いと聞きます。
では仕事は…といえば、特になにかやりたいことがあるわけでもない。
遊びはといえば、そこそこいろいろやるけど、すごく打ち込むほどでもない。

それが満足であればいいのです。
なのに、「退屈」をすごく嫌がる傾向もあり、なんか無性にイライラしていたりします。
実際に、親の世代をみていると、頑張った先が幸せかというと、いろいろ犠牲を払って頑張ってもこれくらいかとか、
今の親の世代であれば、まだ頑張って年を取った先に、年金で割と楽に暮らせるとかあるけど、若者の世代はそれも当てにできない。ならば今頑張るより、楽して楽しいことを今やったほうが得じゃないか…って考えるのも仕方がないと思います。
そういう時代なのだから、仕方がないと言えば仕方がない…。

さてこの「諦める」ですが、意味を調べてみると…

  もう希望や見込みがないと思ってやめる。断念する。(goo辞書)

他も見て見ましたが、大体が断念する…というような意味でした。
しかし、この「諦める」は、熟語になるとちょっと意味合いが変わってきます。
例えば「諦観(ていかん)」

 本質をはっきりと見きわめること。(goo辞書)

「てい」で辞書を引くと

 1 明らかにする。「諦視」
 2 締めくくり。まとめ。「要諦」
 3 あきらめる。「諦観・諦念」
 〈タイ〉仏教で、悟り。真理。「三諦・真諦 (しんたい) ・俗諦・妙諦」

となります。「諦」は仏教用語で使われる言葉でもあります。
それを書いてある良いサイトがありました。
 「諦める」一郷 正道(いちごう まさみち)(教授・仏教学)


そう考えると、同じ「諦める」でも、いろんな諦め方があるようですね。
私は、どうせ諦めるなら、やってダメだったと納得して諦める生き方をしてみたいもんだ…と思います。
まぁ、いままでは、ちょっと考えて、ダメそうだと感じたら、はじめから諦めてしまうような生き方をしてきたので…。
あれ?今の若者と変わんないじゃん!
あははは…ま、そんなもんでしょう。道理がわかれば、生き方が変わることってありますからね。



くるりんの個人レッスン

日常的にあるストレスにより、自分の思い込みに気づく作業からやっていきます。
毎回進み具合により、宿題があります。
 
料金 75分 7,000円
    高校生以上が対象です。(未成年の方は保護者の同意が必要です。)
 
毎週~隔週1回のペースでお越しください。
 
インナーチャイルドの癒やしは、今ままで自分を苦しめてきた、生き方、考え方の癖に気がつき、行動パターン、思考パターンを変えていく作業です。
地道で辛抱のいる作業です。
長く続けていくことが、自分の人生を充実感をもって生きて行くための早道です。
 
問題はないけれど、さらに生き方をステップアップしたい方、セラピストの方、霊性を向上させたいという方にも有効です。
 
ご家族のことで解決したいことがある場合も、あなた自身の霊性の向上によって解決できることもあります。

お問合せ⇒くるりん事務局
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー