身体と心に向き合う、ホメオパシー

ここのところ、いろんな勉強会の案内やらで、ホメオパシーの記事をあまり書いていませんでした。
今月の情報誌ぱどに掲載したこともあり、ちょっと書いてみようと思います。

ホメオパシーは、例えば私たちが病気になったときに、身体だけの原因でなったとは考えません。
心の状態や、生き方、考え方の癖などが、身体の病気に関わっていると、考えています。

今では、ストレスが病気に結びつくことは、多くの方が知っていることだと思います。
また、ストレスが直接の原因ではないにしても、大きなストレスがあると免疫力は低下し、菌やウィルスなどの抵抗力が弱くなり、風邪やインフルエンザ、虫歯、水虫などの感染症にかかりやすくなったり、怪我や傷の修復力が弱くなり、治りにくくなったりすることも、ご理解いただけるでしょう。
ホメオパシーでは250年以上前からそういった考え方をしています。

出産の状況により、風邪の引きやすい天候があったり、精神的トラウマで怪我や傷が治りにくくなったり、忙しくすることで向き合うべき問題と向き合わないことと、腰痛や関節痛が関係あったり…
ノーと言えず、いろんな仕事を引き受けることで、無理を重ねる傾向があるとか…
責任感が強すぎて、人に任せることができずに、いろんな問題を一人で抱え込んでしまう傾向があるとか…
予定表が埋まっていないと、不安になり、疲れるのをわかっていて、いろいろ予定を入れてしまうとか…
自分のことが好きになれずに、いつも責めてばかりいるとか…

心と身体は密接に関係しています。また、魂の求める生き方から離れすぎることでも、病気になることも考慮に入れます。
だから、病気である身体を観察し、どういうときにどんな症状がでるかという傾向を知ることが、隠された自分の心理状態を知ることにもなります。

ホメオパシーでは、病気を通して、身体と向き合うことが、心の癖に気が付くことでもあります。
生き方や、考え方の癖を変えていかないと、病気は良くならないか、また繰り返します。または、もっと深刻な病気になります。

例えば、肩こりがあったり、腰痛があったりしたときに、あなたはどうしますか?
良くなったとしましょう。
そうした、もう肩こりや腰痛に悩まされないですか?
大体の人は、1か月に数回、治療に通っているのではないでしょうか?

私は、小さいころから片頭痛もちでした。
数か月に1度、ひどい頭痛に襲われ、1日中なにも出来ずに、思考もできず、寝ているしかない日があります。
その時は、寝て治していました。しかし、また数か月後に起きるので、治ってはいないのです。
しかし、今では、そんなことも思い出されないくらい、頭痛になることはありません。

花粉症もそうです。10数年前までは、目玉を取り出して洗いたいくらいで、本当にこの時期は思考力も無く、うっとうしく、本当に大変でした。
今でも多少症状は出ますが、杉林の山道を歩いています。
マスクくらいはしますが、症状が酷くて歩けなくなる…という事態は、もうありません。

症状を薬で押さえて、症状が出なくなることは、治るとはいいません。
根本的な原因をなくさずに、本当の意味で治ることはあるのでしょうか?
一時的に良くなることは、もちろんあります。
本当の意味で健康になるために、心と身体とじっくりと向き合ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー