インナーチャイルドと身体の不調

くるりんの勉強会に来ている方は、散々「身体の不調の原因のほとんどがインナーチャイルド」だと聞かされているので、頭では「そうだよな」と認識している方が多いと思います。
でも、実際に体感するというか、経験として感じている方はどれだけいるだろうか…。

今日レッスンに来た方は、もともとアレルギーがあり、すぐに皮膚がかぶれたり、息苦しくなったりする方です。
アルバイトに行き始めてから、喉に違和感があり、息苦しさが出るようになりました。
先月のレッスンで、詳しい症状を聞いた私から
「一口にアレルギーと言っても、いろんな理由が考えられるが、どうも、今の症状は自分を責めているようだね。もっと自分を許すことをやってみようか」
と言われたことがずっと頭から離れなかったそうです。
それで出来ない自分を責めるクセがあるけれども、落ち込むことをやめ、責めたくなったら「いいんだよ」と、自分の内面に声をかけるように変えてみたとのことです。
そして、今のできない自分を許していくのと同時に、「できない自分はダメだ」というインナーチャイルドの対処も平行して取り組んでみたそうです。(インナーチャイルドの対処は、レッスンに来ている方のみ伝えています)

もちろん病院にも行きました。幸いアレルギーではないということで、「喉の症状は、精神的なものが多い」とお医者さんに言われたようで、一層その2つの取り組みに力を入れたそうです。

そうしたら、数日で喉の違和感などの症状はなくなったそうです。
最近の、インナーチャイルドについてのブログの中で、イヤな感情を「高級食材」と書いてあったがその通りだったと、その方はおっしゃっていました。
「感情を感じたら、一歩引いて自分の内面を見つめてみることは、とても大切なことなんだな…と思いました。」ともおっしゃっていました。

それでもいまでも気を抜くと、責めクセがでてしまうので、もう、出来ない自分を感じても、落ち込むことはせず、引き続き取り組んでいくことを決意されました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー