「自己カウンセリングとアサーションのすすめ」を教材に

「コミュニケーションってなんだ?」の火曜日クラスの教材は、「自己カウンセリングとアサーションのすすめ」です。
アサーションとは、自己表現のひとつで、ある意味日曜クラスのコールドリーディングと真逆になります。
同じ設問から初めて、来る方によってこれだけ方向性が変わるのかと、…新鮮な驚きです。
しかし、共通することがあります。
それは自分の気持ちとの向き合い方。
自分を知ろうとしなくては、人の話を聴くことも、自分のことを表現することもできません。
こんど岡谷クラスでのテーマ、共感もそうです。
まずは、自分自身に共感できなくては、人に対して共感はできません。

アサーションでは、自分とうまく付き合うということを何度も書かれています。
自己評価の癖に気が付き、今ここのありのままの自分を受け入れ、今の自分を大切にする。
大切にするってのは、そのままでもういいのだと何もしない事や、甘やかすことではないので、なかなか難しいかも…。

自分と付き合うための第1歩として、「今・ここ」の自分の気持ちに気が付くこと…。
あれ?坐禅みたいだ…と感じました。

禅とは「今・ここ・自分」を見つめ続けること。
…今月も8日に坐禅会があるから、「今・ここ・自分」を見つめてこよう。

そこから、自分のものの考え方や見方をしること。
感情、感じ方、もの見方考え方に、良いも悪いもない…というのが正直に見つめるときのポイント。
でも、最近の傾向では、分別がありすぎて、善悪か、正解か間違っているか…ばかりに話が偏る傾向があるなって思う。
2でも3でも、割り切れないのが人の気持ちなのだ。
自分の気持ちと向き合うとき、人と深く向き合うとき、分別なかでは割り切れないものがある。
それが、禅でいう、「無分別智」。
一般的な「分別のない人」とはまた違う。
何を言っているのだろう…と思う方は、ぜひ禅寺で坐ってもらいたいな、って思います。
自宅で行う瞑想とか、マインドフルネスともまた異なります。
同じところを通るかもしれないけど、その先があるというのが、坐禅ではないかと思うのです。

あれ?話が違う方向に行ってしまいました。
まったく分別の無いことで、申し訳ない…。

ます、コミュニケーションの第1歩は、自分が何に対して、何を感じ、どう考え、どう行動するか…を自分で、ちゃんと把握するとことからではないでしょうか?
その観察というものが根底にあるというのが、コールドリーディングと、アサーションとの共通点ではないかと思うのです。
そして、行動が、聴くことが主体なのか、伝えることが主体なのか…の差で、人と深く関わろうとするとことも共通なのではないかと思うのです。
ほんとに大切なものを知って、大切にするための方法を学び、身に付けていくこと…実は、とても大切なことではないかと思うのです。


東大和火曜クラス  3回目6月20日

参加費 昼食付き各回7000円
時間 10時半~14時半(お昼時間を含む)

会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 

お問合せ&お申込み
くるりん 事務局




臨済宗妙心寺派 久保寺
坐禅会 毎月8日 PM7時~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー