生き方を変えるということが、いかに大変か

火曜クラス3回目終了しました。
今回の教材は「自己カウンセリングとアサーションのすすめ」でした。
一番難しい内容で、結局半分くらいしかすすみませんでした。
決して、難しいことを書いてあるのではありません。
とてもわかりやすい言葉で、理解しやすいことを書いてあります。
しかしだからこそ、それを実行することの難しさをひしひしと感じるのです。

前々回に書いた、「生き方を変えるということが、いかに大変か」ということにも繋がりますが…。
奇跡は確かにあります!

やり方を変えることは割りとできるかもしれません。
・人のことを優先していた人が、自分のわがまま(と思い込んでいた事)を優先するようにしてみる
・自分本位のやり方から、人に合わせてみる
・イラっときたことを我慢していたことを、表現してみる
・すぐに怒りを表現していたのを、ちょっと我慢して言わないで見る
などです。

それもやってみるとわかるのですが、思ったほど簡単には行きません。
1日2日ならできるかもしれませんが、半年1年それも毎日となるとそうもいきません。

やり方を変えるだけでも大変です。生き方を変えるということは、生きる基準とか、尺度とか、方向性とか、もっと根本的な価値観を変えるということでもあります。そうそうたやすくはいかないでしょう。

今日の勉強会に参加された方は実感されたと思いますが、「自分とのコミュニケーション」がうまくいっていないということは、自分がなにを大切にして、どのような意識で生きているのか…、そこに気が付いていないということにもなります。
気が付いてもいないものを変えることはできません。
そうなると、まずは、自分を知ること、そのための自分とのコミュニケーションが大切になってきます。
どこまで行っても結局、「自分とのコミュニケーション」…というのが今日の学びでした。

自分のインナーチャイルドを知ることも、「自分とのコミュニケーション」が基本になりますし、癒すことも、「自分とのコミュニケーション」によってです。
また、どんな自分になりたいのか、どういう生き方をしたいのか、というもの、「自分とのコミュニケーション」からわかってくるのです。
自分のことは、思いのほか知らないのだな…というのが、今日の実感です。

自分という一番やっかいな相手とうまく付き合うことができるようになったら、きっとたくさんの人ともっと良い付き合いができるようになるのではないか…。そしてもっと、人との関わりが楽しく、楽になっていくように感じます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー