年に1度の健康診断

昨日は、健康診断に行ってきました。
私がお世話になっている診療所は、数値だけで薬を出すような、診断をしないドクターなんです。
むやみと薬を出さないせいか、近所にある診療所より、空いているのです。それでもかなり待ちますが。
やはり、たくさん薬をだす病院の方が流行るようです。

子供が中学生のころ、インフルエンザが流行っているときも、学校で高熱をだし、「受診してださい」と、帰されたのですが、「高熱だからってインフルエンザとは限らないんだけどな」とちょっとうんざりする感じで、「このくらい寝ていればなおるから」と、薬も特になく、診察代も無しで診てくれました。

日ごろから、自然療法をやっている方は、どうしても、病院を嫌がる傾向にあると思います。
たしかに、イヤな目にあったとか、薬でこりごりな思いをした経験から、そうなっている場合もあります。
でも、探せば自分にあうドクターは、きっといると思うのです。

たしかに一昔前なら、自然療法をやっているというだけで、ドクターから非難されたり、診ないと脅されたり。
また、提示する治療を断ると、重病で入院していても、出されてしまったりした方も中にはいました。
そんな話を聞いて、人道的にどうなんだ…って感じてました。
でも、今はずいぶんと様子が違うように思います。
自然療法も使っていても、治療や検査をそれだけで断ることは、無くなっているようです。
担当医に相談すれば、いいと思いますし、いいと思う自然食品を使っていても、よほどのことが無い限り、とくにとがめられることも無いでしょう。
病院もとてもオープンになってきたように感じます。患者主体というか…。

これは私個人の考えですが…どんな療法であれ、検査だけは、医療機関でないとできないのではないか…と思います。
正しい体の状況は、医療機関の検査しかできないのではないかと感じています。
自然療法や、エネルギーを扱う療法での診断では、医療機関ではわからないエネルギーの状態はわかるかもしれないけど、ほとんど機能を失っている臓器の状態など、肉体レベルのことは、医療機関の検査が1番確実だと私は、思っています。

実際私も、健康診断を受けに近くの診療所に行くのだけど、病気が見つかったら、どうするかは、また別の問題です。
そこは、その人なりの生き方…といういうか、生き様に、なるのではないでしょうか。
私は、治療を自然療法でやるかもしれませんが、それでも、状態を診てくれる医療機関を探すと思います。
日ごろからそういう意識で探しています。健康診断はその医療機関を健康なうちに、下見をできる機会でもあります。

ちなみに私は、4年前、数十年ぶりに健康診断を受け、要治療の高血圧と、要治療の肝機能、要治療のコレステロール値でした。
即治療が必要なくらいの数値で、ここでこのまま治療をすることも出来るが…とドクターに前置きをされ、「その前に」と、運動と週1回の休肝日を設けることを、ドクターから提案されました。

私はまず、生活習慣を変えることにしました。
ほぼ毎日のウォーキング、周1回の断食、ついでに休肝日…

そして、3年前は、ボーダーラインを少しでたところまで、正常値に近づき、2年前は、完全に正常値になりました。
今年は、毎日やっていたウォーキングも休肝日も、断食の日もすっかりさぼって、メタボ気味になしましたが…。
正常値でセーフでした。

もしどうしても治療が必要な病気が見つかったら、必要なときは、病院の検査を受けてくれと躊躇なくいえるような、謙虚な自然療法家を探すと思います。
少なくとも私は、「この療法は、絶対です」「自分に任せれば大丈夫」「奇跡的に良くなった方がいます」というような治療家やドクターは避けるかなぁ…

どのような選択であれ、自分の身体ですから、病院も自然療法も、いいとこ取りで、自分のライフスタイルにあった方法を模索していきたいものです。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー