久々の穂高

山から下りた後は、穂高に1泊しました。
まだ、くるりんが「ホメオパシープチ」のときに、仕事で来ていたところです。
2009年から2014年まで、2~3か月に1度、多い時は毎月来ていました。

今回は、半年前にオープンしたばかりという、「ゲストハウス燈」に宿泊。
きれいで、気さくなオーナーさんと、常連さんの方と、楽しいひと時を過ごしました。
西友スーパーの目の前なので、食事とかにも困りません。
ちなみに、おみやげ物屋さんが定休日だったので、ここでお土産を買いました。
野沢菜…ワサビ漬け…地元の味です。

20476602_503644909977591_8833778220540021918_n.jpg

それからオーナーさんに、2~3時間で、気軽に登れる里山情報も聞きました。
そのうちまた、くるりんでなにか企画をしていきたいと思います。
この宿のFBのアルバムを見てみると、冬は丸こたつがある模様。冬も訪れてみたいな…。

今回は、仕事でお世話になった神社へのご挨拶とお礼。数年お世話になったのに、近くにきて素通りもありません。
私が、新しい土地で仕事をさせていただくときに、近くの氏神様にお参りに行くことが習慣になったのは、ジブリ映画「となりのトトロ」を見てからです。
山に入るときも、私たち人間は、よそ者なのですから、ちゃんと挨拶をしていますよ。我が物顔では、いけません。

さてまずは、駅前のカフェ「ひつじ屋」さんで、レンタル自転車を借ります。ピンクのかわいいママチャリを借りました。
今回は、何度か行ったことのあるコースなので、周辺地図だけいただいて出かけましたが、いろいろ親切に教えてくれますよ。
また、店内は小物や本が展示&販売をしています。
ゆったりとした時間をここで過ごすのもいいものです。

次は、穂高神社前の100円ショップ「セリア」で、虫よけシールなどをお買い物。
このお店も、広くてかわいいのがたくさんあって、油断していると、時間がどんどん過ぎてしまいます。
今回は、必要なものだけ買って、ちゃっちゃと出ます。

穂高神社へ参拝。
さすがに嶺宮には行けませんが、いつか行ってみようかな…。穂高神社主催での、嶺宮登拝もあるようですね。
奥宮もまだ行ったことがないので、またそのうちに行ってみたいですね。明神池…なんか魅惑的です。

その後はちょっと、サイクリング。川沿いのサイクリングロードを走ります。
以前、通りすがりに、鳥居を見かけ立ち寄った日吉神社。とても気持ちがいいなぁと。
今回も行ってみます。

なんと、今回の宿泊した「燈」のオーナーが以前住んでいた近くで、毎日仕事前に、参拝していた神社…ということだそうです。
なんともいえないご縁を感じます。

その後は、もう少し進んで、「田淵行男記念館」に行きます。
ナチュラリストの先駆けとなる方で、山の写真や、昆虫のスケッチは、一見の価値ありです。
また、愛用していたカメラなども展示されているので、カメラ好きの方にもおすすめです。

記録DVDなど、初めてその生き方に触れましたが、ただ地道にコツコツと、生きた方なのだなと感じました。
彼のように生きられたら、幸せだろうな…と思いました。

とゆっくりとしていたら、もう戻らないといけない時間です。
途中で立ち寄った、地元の大型スーパーでお弁当を買って食べ、戻ります。
お蕎麦屋さんでも…と思ったら、どのお店も定休日でした…!残念。
自転車を返し、「ひつじ屋」さんで淹れたてのアイスコーヒーをいただきました。相変わらずおいしい。
今度は、いつ来れるのだろうな…。

さて、高速バスまで、30分ほどあります。
まだ1度も入ったことのない、穂高神社の「御舟会館」の展示物を見学していきます。
さて、久々の穂高の街を堪能しました。
お天気は良く、すっかり日焼けをしましたが、北アルプスの山々は、雲に隠れ、その姿を見ることはできませんでした。
う~ん、残念。

穂高の町は、松本やほかの街並みとも違う、「日本の原風景」ともいえる、なんとも言えない懐かしさがあります。
「田淵行男記念館」の山の上からみた穂高の町の風景写真をみて感じたのですが、熊本に行った時の風景に似ているのです。
熊本に住んだことのある人は、とてもいい処だと必ずおっしゃいます。自然と共に生きているように感じられました。
穂高にも、そんな感じが感じられます。
終の棲家として、住みたいと思う方が多いのも、うなずけます。
またかえってきたい場所…、そんな雰囲気のある場所です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー