お盆によせて個人的なこと

生き方コンシェルジュくるりんです。
今日は、個人的なことを書きますし、ちょっと長くなるので興味のない方は、飛ばしてくださいね。

今朝、いつものように何気なくネットをみていたら、ふと目に留まった広告がありました。

「シニアtalent大募集―役者の世界に定年はありません」

私の母方の祖母は若いころ、女優になりたくて、宝塚歌劇団に入りたかったけど、親に反対されて諦めたそうです。
もし、今の時代生きていたら、子育て終わってから、シニアタレントになることもできたのかもしれないなぁ…などと思いました。
そして、祖父はもともと学生時代は寿司屋に下宿していたようで、一通りの台所仕事はできたようです。昔なので、台所に男は立つなという時代でしたら、家事があまりできなかった祖母に任せるしかなかったでしょうが、もし今の時代なら…。
料理男子になっていて、お弁当も自分で作って行ったに違いありません。
また祖母が撮影とかで、いそいそ出かけるときも、自分の食事は自分でまかない、妻が帰宅したときの食事も、「任せろ!」ってなっていたかもしれません。
時代が少しばかり早くて、喧嘩の絶えない2人でしたが…。
「○○でなければならない」というその時代の価値観の中で、どんなに窮屈に生きていたことでしょう。

掃除も台所仕事も、段どりも上手い祖父に比べて、お嬢様育ちで家事などやったこともないうえ、片付けが出来ず、理解も遅く、不器用で、祖父が何度教えても、上手く出来なかったでしょう。しかも、祖母にとって家事は、女中のやることで、自分がやるべきことと思っていなかったでしょうから、そんな2人に喧嘩が絶えなかったのも頷けます。

私の両親は共働きでしたので、昼間はこの2人の元で育ちました。
ちょっとしたことですぐに言い争いになるし、お互いの主張をそれぞれ私にぶつけ、審判を求められていましたが、4~5歳の私には、どっちの言い分も「なんだかなぁ~」という感じです。「私に言われても…」
だからずっと仲が悪いと思っていました。お互いに嫌い合っていると思っていました。
祖母は祖父のことをずっと憎んでいると思っていました。

「そうではないかもしれない」

インチャの勉強をしてずいぶん経ちますが、やっとそう思えるようになってきました。
今、2人の育った環境、喧嘩の状況を見つめなおしてみると、子供時代の抑圧してきた怒りをぶつけあっていたように思えるのです。
厳しく育った2人は、親や長男長女の言うことは、絶対だし、逆らうことはできなかったでしょう。
まして、違う意見を言ったり反発したり、怒りを表現したり…、
祖父は初めて祖母の前で、怒りや自慢を出せるようになり、祖母は祖父に怒りや文句を言えるようになったのでは…そんな信頼関係を長年かけて築いてきたのかもしれない…。
いろんなご夫婦を診て来て、そう思えるようになってきました。

実はその怒りの矛先は、本当は自分の両親で、夫や妻は、その投影にしか過ぎなかったのでしょう。
インナーチャイルド…という考え方すらない時代です。その怒りの矛先は、目の前にいる一番大切な人(妻や子)に向け、暴走します。

子どものチャンネル争いのような小競り合いを常にして、祖父が怒鳴って終わらせようとし、祖母はむくれてなにも言わずに出ていき、近くに住む娘たちの家に行っては、愚痴を言って夕飯時には帰ってくる…そんな毎日を祖母が急死するまで続きました。

祖母はただ幼かったのだと思います。思い通りにならないとすぐにむくれてしまう。でも、困っている人のことはほっとけなくて、つい頼られると情にほだされてしまう。なんども騙されそうになり、ほっとけないタイプです。
そんな祖母をもともと面倒見のいい祖父は、どんどん情が湧いてきたと思います。祖母がおしゃれをして出かけるときは、祖父はご機嫌だったと、母から聞いたことがあります。

人は、中年期⇒老年期と、取り残してきた課題(テーマ)に取り組まなければならない状況になります。

さて祖母は、心臓の悪かった祖父が先に亡くなったら第2の人生、もっと自由に生きると、いつも言っていたようです。
しかし残念なことに、「今の状況を受け入れ、満足する」…という課題に取り組まなかった祖母は、不満をぶつけながら祖父より先に急死しました。
寂しがり屋で、子供たちも孫たちもみんなが自分の周りにいて、にぎやかなのが好きだった祖父は、心臓が悪く2回大きな手術をしています。いつ死んでもおかしくない状況でした。なので、祖母に看取られながら亡くなると信じていました。
祖父は、努力してもできないことがあるということを受け入れ、許す…という課題に取り組まなかったために、祖母に先立たれ、寝たきりになり、楽しみな、お酒・たばこ・コーヒーも制限され、孤独の中で亡くなりました。

もし2人が、くるりんがやっているようなインチャの癒しを知っていたら、どんな夫婦になっていたでしょう。
自分の内面を見つめ、対話し、幼少期の怒りや悲しみを癒し、自分にはない、相手のダメという思うようなところから、新たな視点を学び、良いと思うところを尊敬し、お互いを尊重し合い、慈しみ、愛することができたかもしれません。
そして、自分の非を認め、謝ることができたでしょう。お互いに感謝もできたでしょう。いろんなことをもっと協力しあえたかもしれません。
少なくとも、もっと穏やかで、温かい気持ちで、晩年を過ごせたのではないか…と、なんかもったいない気がします。

喧嘩するほど仲がいいとか、夫婦喧嘩は犬も食わないとか言いますが、そこにいる子供はたまったもんではありません。
少なくとも私がそうでした。

祖父母が取り組めなかった課題は、そのまま消滅するわけでありません。
世代を超え、母、そして私、私の子ども…と受け継がれていき、代を経ることに、問題は大きくなっていきます。
できるだけ私の世代で癒し、負の遺産は引き継がれないようにしていきたいな…と思っています。
どうかあの世では仲良く…

長文にお付き合いいただきまして、ありがとうございます。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー