自分を縛るもの

私が自然療法家として長年数多くのクライアントさんと接してきて感じたことがあります。

「健康になる=病気にならない+病気を治す」という構図では本当の幸せは得られないなって思ったんです。

病気があることは、わずらわしいけど、幸せの妨げにはならないんじゃないかって。


私は、どんな状況の方、どんな人生を歩んできた方も、心爽やかに、幸せになることができるって信じてます。

人は、どんな境遇で生まれてきても、結局は自分が幸せになるために生まれてきているって信じられます。


「病気だから、こんな状況だから、私は不幸」と考えて、幸せになれないのは、あなたの縛りなんです。


私は、いろんなことで苦しんでいる方をみてきて、幸せになれないのは、状況のせいではなく、その状況から自分は抜け出せず、幸せにはなれないって、信じてしまっていて、幸せの道があっても、見えていないってことに気がつきました。


自分で自分を縛っていることに気がついていない。

がんじがらめだって思っているけど、自分の手の届くところに結び目があることに気がついていない。

自分を縛る紐が緩んできたときに、自分できつく結びなおしていることに気がついていない。


だから、幸せになれないんだって思います。

病気で苦しくても、辛くても、手がなくても、足がなくても、起きられなくても、幸せを感じもいいと思います。


もし、自分を傷つける人がいたら、それがたとえ親でも、文句を言って、状況を改善する方法があります。


いろんな人の手を借りればいいんです。

いろんな制度を使えばいいんです。

自立とは、一人でなんでもやるということとは、ちょっと違います。

本当は道はあるんです。

そうやって、悪循環の輪から逃れている人はたくさんいます。


でも、あなたに見えていないだけです。

怖いから、見ないようにしているだけです。

もう、あなたは小さい子供ではありません。

自分に必要な助けをまわりの人に伝えることができます。

保護者ではない他人に、助けてもらうことができます。


自分で縛っていることに気がつけないから、自分一人ではその縛りを外すことが難しいかもしれません。

その結び目の場所、外し方をアドバイスしてもらえれば、自分で外すことができるでしょう。


自分の中に癒えていない部分が多いときは、二者選択の道しか見えていません。

YESでないなら、NO。

でも、自分の中が癒えてきて、冷静にみてみると、YESとNOの間にたくさんの小道が見えてきます。

道はひとつではありません。

絶対的な間違い、絶対的な正しことっていうのは、ありません。

ほとんどすべてのことに、プラス面とマイナス面があります。


あなたがどうしたいか…です。

まだ、読まれていないのであれば、まずは過去の記事をごらんください。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー