赤ちゃんの気持ち…その3

またまた、続きです。

お母さんが孤立すると、不安や不満、誰にもわかってもらえない悲しみでいっぱいになります。

赤ちゃんと楽しんで向き合う心のゆとりなんてありません。

でも、日々わからないことの連続でひたすら対応していくしかありません。

とくに、仕事でキャリアを積んできたお母さんなら、「いままでどんな困難も障害も乗り越えてきたのに…」と、強い挫折感と敗北感を味わうかもしれません。


さて、子供はどんな時でも、どの年代でも、お母さんの笑顔が好きです。

幸せそうな、楽しそうなお母さんの顔が好きです。

小さいほどそうでしょう。


でも、自分を見るおかあさんの顔がいつもさびしそうだったり、不安そうだったり、イライラしていたりしたら…。

そして、自分も不快感を感じていたら…。

赤ちゃん自身が怒りや悲しみや不安を感じるでしょう。

それに、お母さんに嫌われたら、赤ちゃんは生き延びることはできません。

お母さんが怒りを自分に向けたり、無関心だったりしたことがあったら、強く恐れを感じるでしょう。


その思いは、トラウマとなり、インナーチャイルドを形成し、たとえ自分の記憶になかったとしても、人生のいたるところで、とくに大切な場面で、自分の人生の足を引っ張ります。


たとえば、自分に理想的なパートナーと出会い、その人からも愛情を示してくれているとします。

お互いに、一生の伴侶だって思う次期がきたとします。

そんな人生の決断の大切なときに、ちょっとした事で相手を疑ったり、人生これでいいのかとブルーな気分になったり、ちょっとしたことで怒りをぶつけてしまい、溝ができ、修正ができなくなる…。

なんてことは、なかったですか?


大切な人を傷つけてしまったり、恩のある人に感謝できなかったり…。

自分を傷つけるような人ばかり好きになったり…

満たされない思いで酒や買い物に依存して、どうにもならないところまで行ってしまったり…。

「この人だ」って思って結婚したのに、いつの間にか夫婦の関係が冷めている…。


その思いがどこからきているのか、自分は何が満たされずになにを求めているのか…。

自分のことは意外とわからないものです。

でも、内面への探求はこれからの人生を豊かに実りあるものにするために不可欠です。


いま、なにか満たされない気持ちを持っているのであれば、まずは、インナーチャイルドの勉強会6回講座に参加して一緒に探求してみませんか?



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。



「インナーチャイルドの勉強会6回講座」


学校 会場 東京都立川市羽衣町1-3-4

      トヨタドライビングスクール東京 別館1F


時計 日時 日曜日 15時~17時

11月13日 12月11日 1月15日 2月12日 3月11日 4月8日

  ニコニコまだ、余裕あり。でも直前だと一杯になっちゃうかも。


がま口財布 受講料 6回で 18,000円 です。

   各会場受付にて 毎月3,000円 をお支払いくださいね。


 音譜 お申し込み


  暮らしのホメオパシープチ 村上まで

  ラブレターPCメルアド putihome@mail.goo.ne.jp

  携帯 090-3805-5962 (9時半~17時)  



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

1. なんにも言えねー!

あわわわわ。
先生、この1・2・3のお話は・・・心にグサグサきます。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

私のことだ!!っておもっちゃったけど、きっと現代人には多いのでしょうね。

内面の探求!!これは人生のテーマなんでしょうね。
勉強会、かなり楽しみで・・・早くもワクワクしてます♪

2. そうですね

まるで、自分のことのよう…って感じているかたは多いと思います。勉強会はさらに深い内容で、もっと具体的に生活に生かせる内容になっていますよ。('-^*)/
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー