治らない人から治る人へ…

前回は、治る人と治らない人の違いについて書きました。

その違いは、意識の違いとか、物事の受け止め方の違いとかありますが、言葉の違いもあるようです。


治らない人は、自らメビウスの輪とか、クラインの壺にはまり込み、言葉の癖から出られない仕組みを作ってしまいます。治る人は、螺旋を描きながら、良い方向に向かう言葉の習慣を持っています。

ということは、治らない人は、自分の言葉の癖に気が付き、良い方向に向かう言葉の習慣を身につけることいより、物事が良い方向に向き、治る人になることができるということになると思います。


治らない人は、「こんな状況で自分はこんなに辛いんだ、こんなに大変なんだ」と周りに訴えます。

その言葉に対し、それを聞いた人は、「そうですか」とか「辛いですね」とか相槌を打つしありません。

慰めとか、良く頑張ったとか、それは悪かったとか、自分以外の人に何かを求める言葉です

とても依存的に聞こえますし、また、依存的な人、つまり子供っぽい人と受け止められます。


またそのような人は、「あの時気をつけていれば」とか、「疲れていたからやめておけばよかった」とか、「あの人がああ言わなければ」とか、もう起きてしまった変えようのない過去のことを「たられば」でいつまでも考えています。

現状を受け止めていません。もうこの現実は変えられない、仕方がないんだということを受け入れられていません。

「こうだったら」「こうであれば」と考えることで、現実が変わり少しでも楽になれればいいのですが、どんなに頑張っても過去のことです。どうしようもなく、考えれば考えるほど、自分がつらくなります


そんな辛そうな状況をみかねて、アドバイスをしても、もともと自分のこととして受け止められず、周りになにかを求める言葉の癖を持っているので、「だって、こうだから無理だ」とさらに愚痴を言ったり、「そんなこというなんてひどいじゃないか」とじぶんが非難されたと感じて悪く受け取ったり、言い訳を言ったりや被害者的なものの見方になっていきます。


まぁ、もともと依存的な言葉は、自分は弱い立場だという被害者意識から出てくる言葉です。

だからもともと、良かれと思って言ったりやったりしたことを、悪く受け止める考え方の癖があるから、感謝どころか、文句になります。

そうしたら、親身になってくれる人はどんどんまわりからいなくなってしまうでしょう。


「こんなに辛い状況なの、こんなに頑張っているの、だから私を愛して」

そんな思い(意識)から出ている依存的な言葉は、結局自分を一人にしてしまいます。


この依存的な意識を変えていければいいのですが、依存的な人は依存的であるが故に、自分の意識を変えようということろになかなか向かうことができません。

まぁ、この意識を変える…というのが、私のところでやっている「インナーチャイルドの癒しのレッスン=さわやかライフセラピー」なんですが…。


そこで、依存的な言葉の癖をいしきして変えていくことで、状況が変えていく…というアプローチのほうが、より現実的でしょう。


「もういやだ、この現実を変えたい」と思っていることをそのまま書き出しましょう。


たとえば、「なによA子ったら、いつもより早い時間に来て。せっかく彼と2人きりになれるチャンスだったのに」と思ったとします。まずそのまま書き出します。


この言葉の癖のままだと、彼と2人きりになれなかったのは、A子がいつもより早くきたせいということになります。

なので、狙っていたチャンスをA子がつぶしたので、A子は私に恨まれても当然だ…という思いこみに正当性を与えてしまいます。大義名分というやつです。

でも、A子にとっては、そんなことは知ったこっちゃないし、だいたい私が彼と2人きりになれるチャンスを狙っていたことなど知らないし、自分のせいにされても、逆恨みもはなはだしいでしょう。

でも、この言葉の癖で考えたり話したりしているうちは、それが正当であるように思えます。そして、これから先、彼との関係に必ずA子が出てくるので、彼との関係の進展は難しくなり、A子への思いだけが募ってくるでしょう。どんどんA子の存在が大きくなります。

A子に対し仕返しをしたとしても、それは正義であると思うでしょう。

言葉にはそのような魔力があると思います。

でも、この言葉の癖は、誰のことも幸せにはしません。

むしろ自分も周りの人も苦しくなるし、人に対し嫌な気分にさせるでしょう。


ではどのような言葉を使ったらいいのでしょうか。

書き出した文章に「私は」という自分を主語にした文章に書き直してみてください。


「私は、彼と2人きりになれなかった原因はA子のせいであると考えて、彼女に対して怒りを感じた。また、私は彼と2人きりになれなかったので、がっかりした。」とか「私は彼と2人きりのチャンスを逃したことが悔しかった」という言葉になるかと思います。


そうすると、私の怒りは、私がA子のせいにしているという自分の思いからきている…ということになるので、ここでやっと自分の問題として取り組めます。

そして、自分の願いは彼と2人きりになり、仲良くなりたいということに気がつくでしょう。

そうしたら、彼と仲良くなるにはどうしたらいいか…という具体的な計画になっていきます。

そういうときにだれかにアドバイスをしてもらうと、自分は具体策を練っていたので、ありがたいなと素直に意見として聞くことができるでしょう。

A子のこともここで完結しているので、今後なにも影響はないでしょう。

また、同じ状況になりそうなときに、「彼と二人きりになりたいから、ちょっと遅れてきねて」と事前にお願いして協力してもらうことを思いつくかもしれません。


これが良い方向にいく言葉の習慣です。


意識が変わってくれば、自然と言葉が違ってくるのですが、なかなか取り組めずにくるしいこともありますよね。だから、まずは癖を直してみるということろから初めてみてもいいと思います。形から入るってやつですね。

もちろん癖になっていることだから、初めからすぐに良い習慣が身に着かないでしょう。でも、コツコツとやり続けると必ず変わってきます。

なんか、辛い状況に陥って出口が見えないな…って思ったら、まずは、書き出しをしてみて、その次に「私は…」という主語で文章を作り直してみてください。

それだけでも、物事が解決してくるでしょう。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー