バーストラウマ

自分がおなかにいる時や出産のときのトラウマをバーストラウマといいますが、前に「赤ちゃんの気持ち」という内容のブログを書きました。


この、バーストラウマの傷の深い方は、自己卑下とか、自己否定とか、逆にプライドが高かったりして、その傷を癒すことはなかなか難しいです。

インナーチャイルドを癒す手法はいろいろありますし、いろんな療法や心理学的なクンセリングやセルフカウンセリングとか、いろいろありますが、なにをやってもいまいちうまくいかない、他の人のように良くならない…という方に、このバーストラウマの傷のとても深い方がいらっしゃいます。


そういった方にこそ、さわやかライフセラピーをおすすめしたいのですが、このレッスンは、「自分の意思で良いほうに進む」ということを大切にしていますので、傷が深ければ深いほど、遠ざかってしまう方が多いようです。


とても残念に思うこともあるのですが、私はその方の意思を尊重します。

常々思うのは、人間には、「自由」が与えられているのだなっていうことです。

良くなることも、悪くなることも、現状維持も、それぞれが決めています。

本人の顕在意識での自覚はなくても、実は自分が決め進んでいます。


肉体をもつ人間には、ホメオスターシス(恒常性)という安全装置のようなものがあります。

安全のために現状維持をする本能のようなシステムです。

それは精神面にも心のブレーキとしてありますので、今がどんな状況であろうとも現状維持をしようとします。

だから、その仕組みを知らずにまたは、無視してどんなに努力しても、良いほうには動いていきません。

むしろ悪くなるほうが簡単です。

今より良くなろうとしたら、今より幸せになりたかったら、今より充実したかったら、強い意志を持って安全装置を緩める方向に努力することが大切になってきます。


そのやり方は人により違いますし、また、その人の進み方をみて微調整していくこく必要があります。

なので、毎週~隔週1回定期的に一定期間、レッスンに通っていただくことが大切です。

途中まだ、自分の内面を見つめることがつらいと感じるうちは、間隔は開いてしまいがちです。

そうすると、ホメオスターシス(恒常性)という安全装置、心のブレーキが思いっきり働きますので、一瞬良くなったと思ってもあっという間にもとに戻ってしまいます。

そういう状態であればむしろ、ホメオパシーで体のサポートをしていったほうがいい状態を保ちやすいです。


どのような取り組み方をするかは、ご相談しながらでも大丈夫です。

 今よりもよくなりたい

 今よりも幸せになりたい

 今よりも充実したい

あなたが、「今より胃も良くなる」「今よりも幸せになる」「今よりも充実する」覚悟ができましたら、ご連絡ください。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー