インナーチャイルドの勉強会6回講座の受講生より

師走になり、とてもあわただしい日が続いています。

そんな中、長野諏訪と東大和で行われた、「インナーチャイルドの勉強会6回講座 」の受講者1期生の忘年会が行われました。それは両方とも、受講者からの提案で、6ヶ月間勉強会を通じて知り合った方々とさらに親交を深めたいといういう思いから実現したことでした。


いろんな話がでましたが、心に残ったころを記載したいと思います。


「勉強会で先生が言われた、誰からも愛されなくてもいいというのは、衝撃的でした。それまで、人から愛されなければいけないと思っていたので、その言葉を聞いて、ろても楽になりました。自分を自分が愛していればそれでいいんですね。」

同じように言われた方はもう一人いましたが、2人ともこの6カ月感で見違えるように肌がきれいに若々しくなりました。一人はアトピーがひどくいつも首にハンカチをおしゃれにまいていましたが、最近は首を出すファッションも楽しめるようになったようです。

もう一人は、誰かの友達が来たのかと思ったくらい表情もきれいで、肌艶もみずみずしく変化してました。もともときれいな方なので、モデルさんかと思うくらいに華やかなオーラを発するようになりました。


大人の余裕がでてきたという方もいました。


「子供が生まれてから、夫とギクシャクしていたのが、新婚当時の仲のよさが戻ってきた」

という方が数名。これは本当にうらやましい。

夫婦仲が改善することで、お母さんに余裕が生まれ、お子さんにも優しく接することができるようになったということです。


また、夫に我慢しないでいえるようになったことで、無駄なストレスにならずに、心に余裕が生まれたという方もいました。


「1回目の講義のときは、もう無理かと思ったけど、仲間がいて支えられた」

「一人では続けるのは無理だった。お仲間がいて心強かった」

という方もいました。


自分が乗り越えられない、辛すぎる、認めたくない…ということで蓋をして、抑圧をしていたところを、自ら蓋をあけ、見つめ認めて行くところから始めるので、やはり、初めの1~2回目はつらいと感じつ方がいらっしゃるようです。厳しく励ますことも大切だけど、もう少し、優しく進めることも必要かなと反省しました。

でもやはり、自分が完ぺきでないと知っているだけに、自分の内面を見つめる作業はたしかにいやですよね。

なので、6か月同じメンバーで進めていくということに意義があるのかな…って思います。

もちろん個人レッスンで、自分のことに落とし込めていくことも必要ですけどね。


「一人では、気がつかなかった。当然だと思ってしまう。」

そうなんです。いままで当然、常識と思っていたことに、自分を辛くしている価値観(インナーチャイルド)が隠れていることが多いんです。一人での独習はなかなか難しいですね。


「このインナーチャイルドの癒しをたくさんの人に知ってほしいと思う。知る前と知った後では、全然違います。」


また、個人レッスンを受けた方からは、

「一人ではとても辛くて向き合えないことに向き合ってみようと思った。レッスンはとても楽しかった」


「インナーチャイルドが癒えてくるとともに、冷え症がなくなってきた」

「偏頭痛があるが、怒りがあるときに頭痛が起きることがわかった。自分の怒りに対応することで、頭痛がなくなってきた」

「子供にいつもイライラして怒鳴っていたが、あまりイライラしなくなった」

「人に気軽に話しかけることができなかったのだが、相手から軽く話しかけられるようになった」

「満員電車で、なにかと怒鳴られることが多かったが、自分の怒りと向き合い癒すことで、そういうことがなくなった。」

「十数年ぶりに夫婦生活ができるようになり、妻がやさしくなった」

「仕事でのプレッシャーが減り、大きな仕事を任されるようになり、昇進した。」

等々…

体の改善もみられるかたも多数いらっしゃいました。


また、1月からのクラスもはじまります。

より自分らしく生きることは、ポジティブに生きるということ。

免疫も強化され、ストレスも減ることで、内臓への負担も減ることで、アンチエイジングになるようです。


6か月という期間で、本当に肌艶も髪質も良くなり、若々しく変化していく方がほとんどです。

そして、なにより笑顔が輝くように美しくなるので、魅力的になっていきます。


より自分らしく、輝いくために、来年はインナーチャイルドの癒しを本気で初めてみませんか。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー