詐欺師の手法「コールドリーディング」を教材に

「コミュニケーションってなんだ?」の東大和、日曜クラスの教材は、詐欺師の手法とも言われる「コールドリーディング」。
受講者は嫌悪感、拒絶感で、しかもレビューがあまりよくなく、躊躇してしまい、買わないまま参加…という方もいました。
それを勧めた私への信頼感のなさもあるでしょう。
日ごろの我が身も反省するのでした。

なんたって、詐欺師の手法ですから…詐欺師の手法を使うことは、なんかいけないことをしているような感覚に襲われたりもします。
悪いことをこれからするような感覚にもなるでしょう。
でも本を読んでいくとわかるのですが、別に、相手をだましなさいと言っているわけではないのですね。
楽しい会話ができる人、言葉のキャッチボールができる人などは、実は自然と使っている方法で、楽しく会話した先に、なにかだまし取ろうという意図があるわけではありません。
でも、やろうと思えば、だますことくらい、そこまでできるくらい、効果のある対話術であることは確かです。

手法は同じでも、そこに悪意があるのか、好意があるのか、…気持ちが大切なのではないかと私は思うのです。

大切な人と、楽しく会話を楽しみたい、もっと相手のことを深くしりたい…と、思ってはいませんか?
職場で、ぎすぎすした雰囲気ではなく、和気あいあいとした中で、そこまでいかなくても、フラットな気持ちで仕事が出来たら…
家族の中で、黙々と居心地が悪い感じで食事をするのではなく、楽しい会話での団らんが出来たら…
会話がいつも一問一答になってしまう、そうではなく、お互いの心に触れるような会話がしたい…
パーティーなどで、いろんな人と会話がはずんだらいいなぁ…

そんな思いを思っている方であれば、とても有効です。
しかし、勉強会で使ってみて、改めて読み込んでみると…簡単なようで難しいことがわかります。

なぜなら、質問と思わせず、相手から話してもらう手法なので、「わたし」の出る幕が無いのです。
自分が話題の中心でいたい、私の話を聞いて欲しい…という方や、そういう場面には合わないのです。

しかし、ここは、霊性的価値観の原則…
「欲しいを手放すと手に入る」の原理が働きます。

自分の「聞いて欲しい」「わかって欲しい」と手放して(横に置いといて)、相手への理解を深めたいということに集中して話をしていると、相手からの信用を得られるようになります。そうなると、自分で努力をしなくても、相手は、私のいうことに、耳を傾け、また理解したいと思うようになってくることが多いでしょう。
しかし、「聞いて欲しいから、コールドリーディングで相手の話を聞く」ということになると、自分の欲しいもののために技法を使うので、確かに、詐欺師と同じことになる場合もあるでしょう。
しかし、相手のことを知ろうともせず、気持ちや立場をわかろうともせず、ただ自分が一方的に正しいと思うことだけを伝えようとするよりは、ましかもしれません。

私もよくやってしまうのですが、相手のためと思って、アドバイスしたつもりで、知らずに相手を傷つけてしまうことがあります。
まずは相手の気持ちを聞くことがたいせつなのですが、それがなかなか難しい。
話して欲しいと言って話せるものではないし、自分でもよくわかっていないこともあります。
聞く技術というのは、身に付けておいて悪いことではないし、しかも、相手が気持ちよく話してくれて、喜んでいるのであれば、しかも幸せな時間を共有できるのであれば、とてもいいことのように感じます。

また家族であれば、365日24時間、相手を肯定的な気持ちだけでいられることはないでしょう。
気持ちが子供や夫(妻)に向いていないときでも、身に付けた技法があれば、八つ当たりみたいな会話にならずにすみます。
機嫌が悪いまま、子供に当たっていいことでもありません。
また、人によっては、普通にしていると不機嫌に取られて、知らずに家族に気を使わせていることもあります。
そんなときに技法は役に立ちます。

私がコールドリーディングが改めていいな…と思ったのは、正解が無い、だから失敗が無い、否定が無い…ということです。
私のように長子(長男長女)だと、しらずにいい子が身についています。
いい子は、正解をいつも探し、失敗をしないようにし、自己否定や他人非難をする厳しい目をもっています。そして生きにくくなっています。大切な人と、本当の意味で親密な関係を築けません。相手の個性を良さととらえるより、これは正しいかどうかを気にするからです。…私の話です。

まだ読んだことのない方はぜひご一読を。
一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門~人に好かれる!信頼される!禁断の話術&心理術「ホワイト・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK)

ちなみに、この本を購入しなかった受講者は、勉強会終了後、さっそく購入を決めたようです。
見た目で判断できないのは、人も本も一緒かもしれませんね。

さて、次回はいよいよ3回目で最終回ですが、日曜クラスなのに、土曜日になりますので、ご注意ください。

6月17日(土) 10時半~14時半(お昼時間を含む)

参加費 昼食付き各回7000円 
会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 

3回目だけ参加されたい方は、教材を読んである程度使ってみてくださいね。
参加された方、ぜひ感想をお寄せください。
公開しても良いよって方はコメントで、公開して欲しくない方は、メールにて…

お申込み&ご感想
くるりん事務局

岡谷市クラス「コミュニケーションってなんだ?」次回は…

more...

看取りと送るということの、お話し

ご夫婦でくるりんにいらっしゃっている方で、両親を家で介護し、最近お父さんを家で看取った方がいらっしゃいます。
痴呆症が進み、身体も弱ってきて、施設に入れることを周りから勧められるようになり、いろいろ調べて何が自分たちの家族にとっていいのかを考えたそうです。
ほぼ施設に入れることを決めかけたとき、たまたまあった講座に参加し、家で看取るという選択があることを知ったそうです。
お医者さんでも、ホスピスをやられている現場の方でも、自然な死の瞬間をご存じの方が少なく、そういった勉強をする場が本当に無いそうです。睡眠薬で眠ったままの状態で、様態が急変することもなく、いつの間にか亡くなっていた…ということも多く、在宅で看取るときの、家族に見守られて…ということがなかなかかなわないことの方が多いようです。

そんななか、そのご家族は、人の紹介で、在宅ホスピス医の内藤いづみ先生にお願いすることができ、管や機械につながれることもなく、自然な形で息を引き取る瞬間に立ち会えた…とおしゃっていました。事前にビデオで勉強もしていたので、「そろそろだな」という様子がわかり、そこに家族が居合わせることができたということです。

家で看取ることは、本当に大変だったけど、最後の親との時間はとてもいい時間だったということでした。
親の最後を入院させないということは、思ったより大変で、看護する家族はもちろん、他の兄弟や親戚の理解も必要で、しかも、サポートしてくれる専門医に、出会えるかどうかも重要です。

亡くなった後も今は病院から、火葬場に直送することも多く、その後の残された家族の乗り越え方が違うようです。
本当に大変だったけど、最後の時間を落ち着いた形で看取ることができたということで、後悔はなく、ただ故人との思い出に浸ることができるようです。自分たちが残された生をいかに生きるかということにも、つなげやすいように感じます。
しっかりと目の前の「死」と向き合うことは、自分がどう生き、どう死にたいか…につながり、とても大切なことだな…と思いました。

そんなことを思っていたら、今度は、坐禅会の後、住職からお葬式の話がでました。
坐禅会は、長野県岡谷市の久保寺で、毎月8日に行われています。
CIMG5776.jpg

今回住職は、お通夜があり、そこから帰ってきてのお話でした。
「最近は、なんでそんなに早く済ませてしまいたがるんだろう?家族葬に、直送に、密葬…。
手短に、簡単に済まそうとするけど、その人が生きた最後のお別れのとき。
そんなに早く焼いてしまわなくてもいいに…。」

どちらかというと、早く送ってあげなければ、いけない…というイメージがあるのですが、どうも、効率を考えてのようです。
5日とか1週間とか、ともにいてあげて、お顔をじっくりとみて、故人を偲ぶ。
世話になったと、いろんな人が合いに来る。
最後にお顔だけは見たかったと言われても、焼いてしまったら後の祭りです。

送ることを頼まれた和尚さんも、ただお葬式に行ってお経を読むだけではないそうです。
本来は、生きているうちに、仏門に入りますといういろんな手続きを経て、戒名をいただきものだそうです。
それをお亡くなりになってから行うそうで、しかも戒名を考えるときは、いろんな教えの中から、その方の生前を思い浮かべ、その方に合った字を選ぶので、そんなに簡単ではないそうです。
「少なくとも、自分はそうしています」
とご住職はおっしゃっていました。
なので、急に明日の午後とか言われても、間に合わせますが、とても困るそうです。
しかもちょっと寂しい感じがします。

密葬というも、もともとは、大きな本葬があっての、その前に身近な方で行うのが密葬で、本葬ありき…だそうです。
何十年も生きた証…ということで、たくさんの方に偲んでいただくのが、本来の形なのでは。
そうはいっても、経済的時間的事情があるのは仕方がないこと、せめてそのことを、まずはご住職に相談していただければ、それに合わせてなんとでもできると言うことです。
もう焼いてしまいました…と、事後報告で対応するのが、一番せつないそうです。

そう考えると、お墓があるお寺のご住職と、なんかの折に話をしておくことは重要なのではないかな…と感じました。
そのお寺のご住職は「送る」ということをどう考えて、どういう対応をしているのか…。
死んでからでは遅いです。生きているうちに、この方に送られたいか…を見定めておくことは重要なのでは…。

ということで、「死」ということについて、とても良いお話を続けていただくことができました。
「死」を知り考えることは、残された人生は人それぞれ違いますが、改めて、これからどう生きるか…ということを考えていくことにもなるのではないかと思います。

インナーチャイルドと身体の不調

くるりんの勉強会に来ている方は、散々「身体の不調の原因のほとんどがインナーチャイルド」だと聞かされているので、頭では「そうだよな」と認識している方が多いと思います。
でも、実際に体感するというか、経験として感じている方はどれだけいるだろうか…。

今日レッスンに来た方は、もともとアレルギーがあり、すぐに皮膚がかぶれたり、息苦しくなったりする方です。
アルバイトに行き始めてから、喉に違和感があり、息苦しさが出るようになりました。
先月のレッスンで、詳しい症状を聞いた私から
「一口にアレルギーと言っても、いろんな理由が考えられるが、どうも、今の症状は自分を責めているようだね。もっと自分を許すことをやってみようか」
と言われたことがずっと頭から離れなかったそうです。
それで出来ない自分を責めるクセがあるけれども、落ち込むことをやめ、責めたくなったら「いいんだよ」と、自分の内面に声をかけるように変えてみたとのことです。
そして、今のできない自分を許していくのと同時に、「できない自分はダメだ」というインナーチャイルドの対処も平行して取り組んでみたそうです。(インナーチャイルドの対処は、レッスンに来ている方のみ伝えています)

もちろん病院にも行きました。幸いアレルギーではないということで、「喉の症状は、精神的なものが多い」とお医者さんに言われたようで、一層その2つの取り組みに力を入れたそうです。

そうしたら、数日で喉の違和感などの症状はなくなったそうです。
最近の、インナーチャイルドについてのブログの中で、イヤな感情を「高級食材」と書いてあったがその通りだったと、その方はおっしゃっていました。
「感情を感じたら、一歩引いて自分の内面を見つめてみることは、とても大切なことなんだな…と思いました。」ともおっしゃっていました。

それでもいまでも気を抜くと、責めクセがでてしまうので、もう、出来ない自分を感じても、落ち込むことはせず、引き続き取り組んでいくことを決意されました。

インナーチャイルドとカルマ

カルマと書くと、ちょっと仰々しくなるかもしれないけど、イメージしやすいかと思い使用しました。
なのでこれから書く内容は、本来の意味とはちょっと違うのかもしれません。

身体は寿命があるけれども、魂は何度も生まれかわって成長を続けています(成長を続けているはず…ですが…)。
人にも、得手不得手があり、全てを完璧にできる人がいないように、その魂にも得手不得手があります。
得意分野を伸ばすというのもあるけれども、それには限度があります。
そして、不得意分野はやらなくていいかというと、そういうわけにも行きません。

例えば計算が得意だからといって、計算ばかりやっていても、数学の点数はよくなりません。
文章を理解する力や、漢字を読めて意味を知っていることも必要です。
だから国語も勉強しないと、数学は伸びません。

魂の成長もそれと同じです。
得意なことばかりはやっていられません。
不得意分野に挑戦する時期もあります。

そうすると、それに必要なDNAと環境(両親などの保育環境)を選ぶでしょう。
しかし、もともと不得意なので、ストレスになるし、うまくできません。
とてもつらい幼少期を過ごすでしょう。

そして、もともと過去の生でも不得意でしたから、そこに対するコンプレックスがあり、それで失敗した経験(トラウマ)もあります。
しかし、はじめからうまく身に付けることなどできず、同じ失敗を繰り返し、トラウマを増やししていきます。
そんな状況はなるべく避けたいですよね。
それで得意分野を使い、うまく乗り切ろうとします。得意分野で補おうをその力を使い続けます。
そうすると、不得意分野はちっともできるようにはならず、なまじっかうまくいくと、「これでいいのだ」と余計に頑なになります。

「それはその人のためにならない」となると、病気になったり、大きな挫折があったり…、得意分野で乗り切るというごまかしは、使えないようになります。
元々、偏った能力しか使っていないので、無理がかかるということでもあります。
いろんな能力をバランス良く使えると、無理がなく、負担も分散できていいのです。

身体の不調や、悪い状況が起きることで、今までのやり方を見直したり、やり方を変えていくことで、本来のその人のやるべきことに向き合えるチャンスがきます。

でも大抵の方は、
「自分はこんなに頑張っているのに、なぜこのような不幸に見舞われるのだ」
「いったい私は何をしたというのか」
と、不満に思ったり、運命を呪ったりするでしょう。

インナーチャイルドは魂の不得意分野でもあります。
それを乗りこえることで、さらに大きく前進できるチャンスでもあります。
いろんなことを、楽にこなせるようになるきっかけにもなります。
まさに、「ピンチはチャンス」

しかし、それでも大抵の方は、ピンチをさらなるピンチにしてしまい、乗り越えることをせず、同じような生を繰り返していくのでしょう。
そして、カルマの輪からは抜け出せず、苦しみの中で不平不満を言いながら、あの世へと旅立ちます。
それでも何度も何度もチャンスは来ます。だから大丈夫。
私が自分をあきらめたとしても、運命のほうは私をあきらめないようです。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー