あまり怒りがわかなくなったら…

前回の続きで書いてみたいと思います。
大抵の方は、同じことがあっても、あまり怒りがわかなくなったら、それで、良しとする人が多いように感じます。
でも実は、軽くなってあまり感じられなくなっただけで、解決はしていません。

なので、大きなことが起きたり、睡眠不足だったり、理性のコントロールが効かなくなると、また怒りを感じたりします。
根本的な解決には至っていなかったので、しょうがないです。
幼少期からくすぶり続けていた怒りのエネルギーは、多少減ったかもしれませんが、無くなってはいないのです。
くすぶっている怒りは、プラーナに溶け込んで、知らないうちに私たちの体調や考え方、人生に悪影響を与えています。
ここで手を緩めないのが、くるりん流。
せっかく、自分の奥深くで認識されることもなく、くすぶっていた怒り…
やっと表面に現れ、具現化したのだから、ここから一気に癒していきたいもの。

そんなに怒りを感じられなくなったからって、見つめないまま終わらせてしまっては、勿体ない。
とても良い、高級食材をいただいたのに、ちょっと味見だけして、おいしいところを捨ててしまうようなもの。

怒りが湧いてきた出来事に対して、自分はどう受け止めて、どう感じたのか…
それは、どこからきたのか…
じっくりインナーチャイルドと会話をしていくと、芋蔓式に、同じような出来事が幼少期からあったことを思い出してきます。
そうしたら、その時の気持ちをちゃんと受け取ていきましょう。

そして、どうして、そのことに怒りが湧くのか…
その根本的な原因を探っていきましょう。
インナーチャイルドは、自分自身の一部とはいえ、お子ちゃまな存在です。
大人の頭で、「そんなことは考えないだろう」と思っていると、間違えてしまいます。
自分の中の子供と、ちゃんとコミュニケーションをとることが大切です。

しかし、私たちは、意識せずに小さい時からのやり方で、インナーチャイルドに接してしまいます。
小さい時からのやり方は、身近な大人たちの会話から学んできました。
お父さんとお母さんの会話、お母さんと近所の人との会話、家族の会話…

お父さんやお母さんとのコミュニケーションで傷ついたのに、自分も同じ方法で、インナーチャイルドに話しかけても、答えてはくれないでしょう。

反抗期の子供

親と同じやり方では癒されません。
一度、自分のコミュニケーションについて、考えてみることは大切ではないでしょうか。

私たちは、インナーチャイルドが、傷ついた原因を、自分の中に探し当てた時に、本当の癒しが起きます。
自分の中にある価値観、「そうあるべき」「そうあってはいけない」に気が付けたときに、そのスイッチは無くなるのです。
そして、ちゃんと真剣に自分と向き合わなければ、その価値観に気づくことはできないのです。



コミュニケーションって、なんだ?

~♥ コミュニケーションについて、共に学びませんか? ♥~

人の悩みは結局、人との関わりから起きるようだ。
ということは、人とのコミュニケーションがうまくいくと、
いろんなことを、解決できるということにもなる!

参加費 昼食付き各回7000円(一括2万円 岡谷クラスのみ)
時間 10時半~14時半(お昼時間を含む)

会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 
    岡谷クラス…諏訪湖ハイツ
     長野県岡谷市長地権現町4-11

東大和日曜クラス  2回目5月28日 3回目6月17日
東大和火曜クラス  2回目5月30日 3回目6月20日
岡谷 木曜クラス   1回目 5月18日 2回目6月15日
          3回目7月13日


お問合せ&お申込み
くるりん 事務局

インナーチャイルドとホメオパシー

最近、ホメオパシーについて、アップしたら、リクエストをいただきました。

「レメディはインチャを癒してくれますか? 怒りが出たらスタッフサグリアを摂りますが、私の怒りのエネルギーはそれで無くなる訳ではないですよね。 インチャとか感情に対するレメディの摂り方をもっと知りたいです。」

ありがとうございます。今回は、インナーチャイルドとホメオパシーについて、私が思うことを書いてみたいと思います。
もしかしたら、違う感触をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまでも、私個人が感じていることです。

ホメオパシーは、癒して無くす…という感じとはちょっと違うように思います。
癒しやすくしてくれると思います。
確かに、怒りがでたらスタッフサグリアをとると、気持ちが楽になることもあります。
それでも怒りのエネルギーは、無くなりません。

何かがあって、怒りが湧く…。
今あったことに対しては、スタッフサグリアが楽にしてくれることもあると思います。
でも、そもそもなぜその出来事に怒りが湧いたのでしょうか?
もし、100%の人が、その出来事で怒りが湧くのであれば、その怒りの原因はその出来事にあると思います。
そうではなく、同じ出来事でも、怒りが湧かない人もいるのであれば、その怒りの引き金は、自分の中にある可能性が高いです。

自分の中に怒りの元があり、今あった出来事は、そのスイッチでしかありません。
怒りの元は、いろいろありますが、幼少期のトラウマや、厳しくしつけられて、我慢させられたことが、怒りの元であれば、その怒りのエネルギーは、自分の怒りが治まっても、自分の中でくすぶり続けています。
なので、また違う出来事で、怒りが湧くのです。同じことの繰り返しですね。

ホメオパシーのレメディーをとると、もし、その怒りがマックスで激しいものであれば、治まることが多いです。
しかし、そうでない場合、逆に沸々と怒りが沸き上がり、抑えきれないほどになったり、イライラしやすくなったり、場合によっては、身体の不調として現れることが多いです。それが「好転反応」と呼ばれるものです。

そうすると、いろいろとレメディーをとってしまう方が多いのですが、ここはもう反応が起きているのですから、とるのをやめます。
自分の中でくすぶっていた、怒りのエネルギーが表面化してきたのです。
そうすると、自分は何に対して、どのように感じて、どんな怒りの感情を持っているのか、言葉で表現しやすくなります。
それが癒しの一歩になります。
言葉によって「具現化する」というのは、とても大切なことだと、私は感じています。

「私はこういう怒りを持っていた」と、いままで感じることのなかった、自分の中で静かにくすぶっていた怒りに対して、形をつけてあげるというか、名前をつけるのです。
形のないものを無くすことはできませんが、形あるものを無くすことはできます。
形が見えれば、対処することができるのです。
つまり、自分で認識して初めて、癒すことができるようになるのです。

ホメオパシーで身体と向き合う

1280px-Basel_2012-10-06_Batch_Part_3_(20).jpg

ホメオパシーを使いたいとおっしゃる方からの、一番困る質問は…
「風邪ひいて喉いたいんだけど、なにとったらいいの?」
「頭痛いんだけど、レメディーはなに?」
「同級生が転校して、子供がショックを受けているんだけど、イグネシアですよね?」
という感じのことです。
病名や状況だけでは、また、感じていることだけでは、レメディーは選べないのです。

例えば、その方が風邪をひいたとして、
「いつから体調が悪いですが?朝起きた時からですか?昨夜からですか?」
「天気や、気温はどうでしたか?」
「なにか特別なことはなかったですか?」

などの質問をします。
でも、ほとんどの方は、知らない、分からない、気が付いたらかなり具合が悪くなっていた…、とおっしゃいます。
そうするとレメディーは選べないのです。
ホメオパシーでは、症状だけではレメディーは選べないのです。
どのような環境でそれが起きたのか…それが大切になります。

体調が悪くてなんのレメディーを使おうかと、本を開くと思います。
そうすると、大抵の方は、はじめから読んで、自分と特徴が当てはまると…
「あ、これこれ」といって選びます。
でも、他のページを読むと、それも自分の症状に当てはまっているように感じます。
どれもこれも当てはまっているようで、結局なにを使えばいいのかわからなくなってしまいます。

はじめにレメディーを選ぶときは、そこではないのです。
「場所」「悪化」「好転」という3つの項目をみて、それに3個以上当てはまるものをチョイスします。
そして、とってみて、20分ほど経過をみてみて、「あ、いいな」と感じたら、そのレメディーはあたりです。
この3つの項目に当てはまるかどうか…いつも、自分の身体が感じていることに意識を向けないとわかりません。
身体の声を聴かないと、ホメオパシーのレメディーは選べないのです。
なので、ホメオパシーを使うと言うことは、自然と身体と向き合うことにもなります。

選んだレメディーが自分に合っているな…と感じたら、そのレメディーの精神面の特徴を読んでみます。
こんどは、心と向き合う番です。

さて思い当たることがあるでしょうか?
それは自分でも気が付かなかったことですか?
それとも、うすうす感じていたことですか?
自分の内面からの声に耳を傾けます。

このようにホメオパシーは、身体と心に向き合う療法なのです。

身体と心に向き合う、ホメオパシー

ここのところ、いろんな勉強会の案内やらで、ホメオパシーの記事をあまり書いていませんでした。
今月の情報誌ぱどに掲載したこともあり、ちょっと書いてみようと思います。

ホメオパシーは、例えば私たちが病気になったときに、身体だけの原因でなったとは考えません。
心の状態や、生き方、考え方の癖などが、身体の病気に関わっていると、考えています。

今では、ストレスが病気に結びつくことは、多くの方が知っていることだと思います。
また、ストレスが直接の原因ではないにしても、大きなストレスがあると免疫力は低下し、菌やウィルスなどの抵抗力が弱くなり、風邪やインフルエンザ、虫歯、水虫などの感染症にかかりやすくなったり、怪我や傷の修復力が弱くなり、治りにくくなったりすることも、ご理解いただけるでしょう。
ホメオパシーでは250年以上前からそういった考え方をしています。

出産の状況により、風邪の引きやすい天候があったり、精神的トラウマで怪我や傷が治りにくくなったり、忙しくすることで向き合うべき問題と向き合わないことと、腰痛や関節痛が関係あったり…
ノーと言えず、いろんな仕事を引き受けることで、無理を重ねる傾向があるとか…
責任感が強すぎて、人に任せることができずに、いろんな問題を一人で抱え込んでしまう傾向があるとか…
予定表が埋まっていないと、不安になり、疲れるのをわかっていて、いろいろ予定を入れてしまうとか…
自分のことが好きになれずに、いつも責めてばかりいるとか…

心と身体は密接に関係しています。また、魂の求める生き方から離れすぎることでも、病気になることも考慮に入れます。
だから、病気である身体を観察し、どういうときにどんな症状がでるかという傾向を知ることが、隠された自分の心理状態を知ることにもなります。

ホメオパシーでは、病気を通して、身体と向き合うことが、心の癖に気が付くことでもあります。
生き方や、考え方の癖を変えていかないと、病気は良くならないか、また繰り返します。または、もっと深刻な病気になります。

例えば、肩こりがあったり、腰痛があったりしたときに、あなたはどうしますか?
良くなったとしましょう。
そうした、もう肩こりや腰痛に悩まされないですか?
大体の人は、1か月に数回、治療に通っているのではないでしょうか?

私は、小さいころから片頭痛もちでした。
数か月に1度、ひどい頭痛に襲われ、1日中なにも出来ずに、思考もできず、寝ているしかない日があります。
その時は、寝て治していました。しかし、また数か月後に起きるので、治ってはいないのです。
しかし、今では、そんなことも思い出されないくらい、頭痛になることはありません。

花粉症もそうです。10数年前までは、目玉を取り出して洗いたいくらいで、本当にこの時期は思考力も無く、うっとうしく、本当に大変でした。
今でも多少症状は出ますが、杉林の山道を歩いています。
マスクくらいはしますが、症状が酷くて歩けなくなる…という事態は、もうありません。

症状を薬で押さえて、症状が出なくなることは、治るとはいいません。
根本的な原因をなくさずに、本当の意味で治ることはあるのでしょうか?
一時的に良くなることは、もちろんあります。
本当の意味で健康になるために、心と身体とじっくりと向き合ってみてはいかがでしょうか。

「コミュニケーションって、なんだ?」東大和クラス

3回講座の勉強会「コミュニケーションって、なんだ?」の東大和クラスが日曜・火曜ともに終了しました。

質問を投げかけて、参加者のトークで進めていく新たな試みをしてみました。
昔から3人寄れば文殊の知恵と言われているように、複数人で話しているうちに、自分でも意外な考えが出て来たります。
まるで化学反応のように、思いもよらぬ方へ、話が進み、とても興味深い展開になりました。
わたしも、学ぶところが多かったです。
なんとなく思っていたことの確認とかもありました。

同じ質問を投げかけているのに、参加者が違うと本当に違う結論に達します。
5月からは、長野県岡谷クラスも始まりますし、どうなるか楽しみです。
参加希望の方は、まだ大丈夫です。お申込みください。

2回目ですが、話の流れから、日曜クラスは「コールドリーディング」、火曜クラスは「アサーション」を参考に進めていきます。
1回目参加していないけど、興味がある方も受け付けます。

下記の本を参考にしていきます。可能な方はご用意ください。
日曜クラスの教材「一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門~人に好かれる!信頼される!禁断の話術&心理術「ホワイト・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK) 石井 裕之著

火曜クラスの教材「自己カウンセリングとアサーションのすすめ 」平木 典子著

講座がある日までに、読んでいただくと、なおいいと思います。
また、火曜クラスは宿題がでていますので、2回目からの参加ご希望の方は、お問合せください。



コミュニケーションって、なんだ?

~♥ コミュニケーションについて、共に学びませんか? ♥~
人の悩みは結局、人との関わりから起きるようだ。
ということは、人とのコミュニケーションがうまくいくと、
いろんなことを、解決できるということにもなる!

参加費 昼食付き各回7000円(一括2万円 岡谷クラスのみ)
時間 10時半~14時半(お昼時間を含む)

会場 東大和クラス…くるりん
     東京都東大和市南街6-11-2 
    岡谷クラス…諏訪湖ハイツ
     長野県岡谷市長地権現町4-11

東大和日曜クラス  2回目5月28日 3回目6月17日
東大和火曜クラス  2回目5月30日 3回目6月20日
岡谷 木曜クラス   1回目 5月18日 2回目6月15日 3回目7月13日


お問合せ&お申込み
くるりん 事務局



04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

くるりん 村上

Author:くるりん 村上
日本人が元々もっている内照するような感覚を日常に取り入れてみると、自分を客観視することができ、自分の考え方の癖に気がつき、見えてこなかった真実に気がついてきます。私たちのほとんどは、自分の人生を自分の足で歩いていないのです。世間体とか周りの人たちとか、みんな…という誰かの価値観の中で生きています。でも本来私たちは愛の存在であり、愛に包まれています。だから、私たちはもっと自由に自分らしく生きても、いいのです。
くるりんでいうところのインナーチャイルドとは?
ホームページはこちら。
http://kururin.wix.com/p-kururin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
初心者向けのFXセミナー